大変なことがある時こそ、日々を大切に感じられるかも。。。

横浜港のクルーズ船から始まった気がする
新型コロナ禍、最後まで続きそうな横浜ですが
一旦の収束を信じていきましょう。

上記の報道のように多くの方の
応援の中でいつも通りの診療を目指しているNICU/新生児病棟です。

スライド01
夜のNICU。看護師さんと斎藤先生で嬉しそうに話しているのは

の前半の記事に登場していたるいくんご家族からの手紙や写真の
ことでした。

スライド03
お手紙の写真のるいくんの近況を二人で喜んでいましたね。

るいくんは
に斎藤先生が必死に抑えていた保育器の中にいた男の子です。

スライド02

看護師さんはるいくんが漢字などを含めてしっかり
宛名を自分で書いて手紙をくれたことに喜んでいましたね。

東日本大震災の頃を思い出しながら
励ましをもらった気がしました。

スライド04
実家のお母さんから清潔エプロンの寄付ですと届けて
くれた看護師さん。娘さんを思う母さまの気持ちを心寄せつつ
ご寄付に感謝の朝でした。もうしばらくと信じてみんなで
頑張っていけたらと思えます。

スライド10
外来で成長ぶりに感動したNICU卒業生のお子さん、
昨冬にお誕生のお子さんですね。

コロナの中でのNICUや新生児病棟に様々な思いや
励ましの言葉を伝えてくれてめげずに頑張っていこうと
いう勇気をお子さん共々勇気をいただいた気がします。
ありがとうございます。

地震とはまた違ったこの2ヶ月のNICU/
新生児病棟ですけど、自分たちは孤独ではないし、孤立していない
ことを実感しながらみんなで頑張っていけたらと思えます。

スライド06
日々、様々なことがあるNICU・新生児病棟の今週ですが、
スライド09
日々、誕生を祝いながら、赤ちゃんとご家族にとって
より良い時間とは何かをみんなで考え続けている気がします。

スライド05
NICUや新生児病棟、笑顔も多いかなと思える最近です。
雰囲気は明るい気がします。

スライド08
面会制限はあるけど、ご家族面会も多い、
日々を大切に敷いているご家族が多いようにも思えます。
東日本大震災の時もこういう雰囲気だった気がしてきました。

大変なことがあるからこそ、日々を大切に
しようという思いを改めて思い出させるのが人間かもしれません。

スライド07
夜のNICU、はるちゃんに絵本を読んで寝かしつけている
パパさんの姿が優しげでカッコよく感じた夜。

スライド2
今晩もそれぞれの1日をお疲れ様でした。

スライド1
本日も皆様、それぞれにお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張りましょう。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.