緊急事態宣言の中で共に過ごした人達。。。


本日、外来フロアで再会したのは
をお寄せくださったこうせいくんのご家族でした。

緊急事態宣言の入館対応で何度もあったこうせいくんの
ママさんとパパさん。入院していたこうせいくんに日々
面会にきていらっしゃっていましたね。日々、言葉を交わせて
自分が心励まされる気がしたこうせいくんのママさんや
パパさんでした。

こうせいくんが
退院してまた家族3人で写真を撮らせていただくのを
たのしみにしていますと伝えていましたが、その日が
きました。

スライド01
元気そうな姿に安堵し、そして、
こうせいくんのおしゃべりや笑顔に感動しました。

NICUから続く2年間のご家族の時間を讃えたいと
思えていました。担当医の勝又先生や看護師さん達に
伝えたいこうせいくんの成長とご家族の変わらなぬ
笑顔に思えました。

スライド05
今年は歓迎会も会食も全くせずに5月中旬を迎えています。
日々、入院があるNICUです。

スライド08
病院と自宅の行ったり来たりの生活、
お互いに心身の健康を保てたらと思えます。

スライド19
林先生、すごく喜んでくれていた
スライド17
富山大学の吉田教授からの素敵な差し入れ。
富山で今、人気のクッキーということです。

お互いに頑張りましょうというエールを
心温かく感じました。

スライド18
皆、感動的に美味しいと和んでいましたね。

しばしの休息と励ましをいただきました。
ありがとうございます。


スライド1
コロナウィルス対応のNICU・新生児病棟の中で
すっかり溶け込んでいる新メンバーの青木先生と渡邊先生。
日々、前向きに新生児科研修をしてくれていますね。

スライド10
見知らぬ土地で新型コロナ禍の中で新生児研修
緊張もしているだろうけど、日々を大切に研修してくれている
渡邊先生と青木先生の加入を心強く感じます。

仕事の合間で
スライド02
自分がネットで紹介した
blog_import_5d4acdc847d88_202005111412475ee.jpeg
パスワード:0412
動画を見てくれている渡邊先生。

感想、質問などをしてくれる渡邊先生、
オンライン授業で伝えらえること、フェイストゥフェイスだから
伝えられることがあると思いながら語らっていた夜でした。

スライド11
自分は本日も3次元エコーや
スライド12
断層エコーからのストレインエコーなどで赤ちゃん達の
心臓機能評価をしています。

なるべく、自動で測定できる、誰がやっても技術差、個人差が出ない
ような心臓機能評価を見つけていけたらと思えています。

スライド13
今年度は自分がやった心臓機能解析をNICU部門システムで
後輩世代の医師や看護師さん達と共有することを目指しています。
灰色部分は心エコー機器から自動で部門システムまで
共有できるデータ。これは自分が研修医時代は手書きや
エコー画像を台紙に貼るというような作業で作っていた
エコーレポートの自動化になります。自分が研修医時代に
この手間をいつかなんとか減らしたいという願望を20年
以上経って自動にできそうなことに技術者の皆様の
協力と技術革新に感謝です。
スライド14
緑色の部分は3次元エコーやストレインエコーのデータです。
自分の研修医時代は世の中に存在していなかったと思える
検査方法です。医療も技術も変わらないように思えても
日々、変わっていっているのだと思え、自分も変わって
いけたらと思えます。

新生児医療でどんなことがわかるか、
赤ちゃん達の診療にどう活用できるか?を後輩世代の
先生方と一緒に考えていきたい今年度です。

日々の診療をそのままデータとして部門システムに蓄積して
診療・研究・教育の質向上にしたいと思えています。

スライド04
毎日、あっという間に夜がくる気がします。

日々、いろんなことがある気がする今年度ですが
本日も皆様、それぞれにお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張りましょう。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.