ずっと一緒に。。。


top_image-1-1.jpg

News Link (tvkテレビ神奈川 5月14日(木) 21時30分)で

「小児医療と地域をつなぐ商社マン・面会制限の現場」の報道のご案内


にも登場予定のことちゃん。昨日、NICUご卒業でした。


1ヶ月前の夜は
上記の報道のように秋に開設した家族滞在型NICU,
カルガモルームでコロナ騒動の中でも限りある面会時間を大切に過ごされていた
ことちゃんご家族でした。

お母さんが母性病棟に入院中の間だけでも、コロナウィルス禍の
中でもなるべく母児を引き離さず、一緒にいる中でママさんのことは
母性病棟スタッフ、お子さんのことはNICUスタッフが一緒に診療している
想いを素晴らしく感じていました。病気があるから離れ離れでも仕方ない、
コロナウィルスが心配だから離れ離れでも仕方ないとは思わない。。。
できることを尽くそうとしていた周産期センターの多くのスタッフの
想いが結集して見守っていたことちゃんご家族だと思えます。

お母さん、隊員の後も、毎日面会に来ていた
ママさん、仕事帰りに毎晩、NICUによっていたパパさん。
家族で過ごす家に不安を超えた笑顔や楽しさが増えていくのを
毎晩感じていました。

スライド10
コロナ禍の中でもご家族で1日1日をNICUや新生児病棟で大切に
過ごされていました。ことちゃんやご家族の笑顔を見ていると
自分たちの役目をどんな時でも果たしていけたらと思える
勇気をいただく気がしていました。

スライド18
昨日のNICU、窓の外は緑が鮮やかになってきました。

スライド17
夏が近づくのを感じます。

スライド20
NICUは100%近い病床稼働率が続いている状況、

スライド21
毎日、入院・転院・転棟・退院と多くの赤ちゃん達とご家族の
出会いを旅立ちを見送っているのが続いています。

スライド3
新生児病棟は集中治療を終えつつある赤ちゃんの看護とともに
ご家族がお家で過ごすための育児を始める場所でもあります。
コロナ禍で面会制限担っているジレンマを感じながらも
できることを日々考えてくれています。

その新生児病棟から
スライド16
ことちゃん、卒業の日を迎えましたね。
ことちゃんがすごく嬉しそうな表情に感じていました。

面会制限が続くのなら、もっとことちゃんと一緒に過ごしたい
というママさんとパパさんの決心があるからこそに思えた
新生児病棟卒業の日でした。

ママさんとパパさんとカルガモルーム以来のまた、
ずっと一緒にいられてよかったねと心で声かけていました。

スライド4
2ヶ月の誕生日カードを持参してお家にお戻りになる
ことちゃん、担当医の勝又先生も嬉しそうでしたね。

スライド12
ことちゃん以外はマスクでしたが、マスクの下は皆、
笑顔だったと思えます。多くの大人達が見守っていた
ことちゃん。多くの大人に喜びや笑顔を届けたくれた
ことちゃんのお誕生なんだと改めて思えます。

明るくNICUと新生児病棟を卒業されていった
ことちゃんご家族。勤務でなかったメンバーにも伝えたいし
本日のニュースでもその様子がかかるかもしれません。

ことちゃんがお腹の中にいる時に産婦人科のスタッフ
の皆様と一緒に胎児診断のお話をさせていただきました。

お腹の中にいる赤ちゃんがどうなるかは誰もわからないけど、
同じような胎児診断を受けたお子さん達の経過や生活をしっかり
伝えた上でこの子をどう産んで、どう過ごしたいかをご家族で考えて
いただければとお話しした日を覚えています。

スライド13
NICUや新生児病棟を卒業を見送れることを
自分も心温かく感じていました。

スライド14
地域の支援してくださる看護師さん達にテレビカンファレンスで
連携カンファをしてくれた元NICU看護師さんで今は地域連携看護師さん
そして、外来を担当予定の勝又先生。

ことちゃんとママさんとパパさんをこども医療センターから
応援し続けているし、また、会える日を楽しみにしています。

NICU卒業、改めておめでとうございました。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
佳花ママ  

昨日のTVKを拝見しました。
アルコールを譲ってくださった商店として映ったのがなんと知人の実家でした!
ビックリして、思わず数年ぶりに知人に連絡をしてしまいました。
どこでどう繋がるのか、人のご縁はわからないものですね。

ことちゃんのパパさんママさんのコメントにこちらも涙してしまいました。
NICUご卒業おめでとうございます!不安もあるでしょうが、たくさんの人が応援しています。
素敵なお家での生活となりますように、陰ながらお祈りしています☆彡

  • 2020/05/15 (Fri) 23:06
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 佳花ママさん

To 佳花ママさん
アルコール手指消毒液など勝又先生に託してくださり皆で感謝しています。大切に
後輩ご家族のために使わせていただきます。ありがとうございます。TVKで登場して
くださっていたお店、お知り合いの商店なのですね。ご縁に感謝です。
お礼を重々共にお伝えくださればと思えます。町の中で自分たちの役目を頑張って
行こうという勇気をいただきました。いつかお礼を伝えに訪問したいです。

佳花ママさんにもテレビの感想、伝えてくださることを心強く感じます。
ありがとうございました。また、会える日を楽しみにしています。

  • 2020/05/18 (Mon) 20:19
  • REPLY