コロナ禍のNICUであっても。。。


スライド08
斎藤先生が振舞ってくれた故郷の
富山のます寿司。

スライド09
大好物になっている林先生達、皆嬉しそうでした。

スライド10
ソーシャルディスタンス取りながら食べている
4月からに新メンバーの北九州から来てくれた渡邊先生と
奈良から来てくれた青木先生。初めて食べたということ、
絶品さに感動していましたね。

歓迎会を含め、会食なしで1ヶ月以上経ちましたが
仕事の中で歓迎さを伝えていけたらと思えます。

スライド18
本日のNICU、新しい週のスタートでした。
朝の回診、たくさんの入院があった週末、
新しいメンバーに伝えられることをお伝えしながら
チームで今週の方針を考えていきます。

スライド04
5月病になることなく、5月もみんなで乗り越えて
いけたらと思えます。



スライド12
月曜日昼の恒例の川滝先生勉強会。本日は
大動脈縮窄症についての勉強会でした。

スライド06
胎児期から新生児期にかけて若手向けにレクチャーしてくれて
いました。

スライド11
コロナで仕方がないとせず、出来る勉強会をしっかりやって
いけたらと思えます。

スライド03
外来フロアであったなっちゃん。
赤ちゃんの時に外科の先生達と一緒に見守った
女の子です。
の表紙に感動した頃を思い出し、
多くの人たちの笑顔に囲まれながら、小学校入学の4月でした。

1日通学して休校になっているということですが
いい子にお家で健康に過ごしていると聞いて嬉しく感じました。

スライド15
ローソン前で出会ったのは
超低出生体重児だったれいおんくん。

誕生日:うまれたしあわせ(2017年7月) 

から3年後の未来が今ですね。



でNICUを卒業した500gで生まれたこうだいくん。

スライド17
2年後の未来が今ですね。コロナ禍の
ことを気遣ってくださり感謝でした。

スライド07
コロナ禍でもNICUや新生児病棟はいつも通りみんなで
頑張っています。

スライド05
新生児病棟のことちゃん。

スライド16
めぐちゃん。

スライド14
コロナ禍でもこのまま、面会禁止にはせずに
乗り越えていけたらと願う今です。NICUや新生児病棟は
治療をする場所だけではなく、赤ちゃんの成長をご家族と一緒に
見守りながらNICUの卒業の先の準備をご家族としていきたいと
改めて思える最近です。

スライド19
夕方は京都大学の友滝先生と
一緒に研究などの遠隔会議。

スライド21
友滝先生・野口先生・斎藤先生で
今後の診療や研究を相談している様子を頼もしく
拝見していました。

スライド22
夜は青木先生と一緒に心エコーをして回りました。
今、後輩の先生方に向けて、自分がこども医療センターで
先輩から学んで来たこと、自分で気づいたこと、後輩の
先生方に助言できたらという心エコーのことを文章や
動画でティーチングファイルを残せたらと思えています。
そのことを青木先生と語らった夜でした。

今週も1日1日大切にみんなで日々を過ごしていけたらと
思えます。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
いぶきママ  
はじめまして

はじめまして。三重県に住むいぶきママといいます。私の2歳の娘も、右の先天性横隔膜ヘルニアの最重症と診断されて、たくさんの先生や看護師さん、医療関係者のみなさんに支えていただき、産まれてきました。約3ヶ月NICUで過ごしました。先日、酸素を仮卒業して、今は酸素をつけずに様子を見ているところです。
アンリーシュさんのホームページから、こちらを訪れました。読ませていただき、こんなにたくさん先天性横隔膜ヘルニアの事をかいていただいてる先生がみえたんだ…と、胸がいっぱいになりました。出産の時、産まれてからの入院生活、不安で不安で仕方なかった自分の気持ちが満たされていくようなきもちになりました。ありがとうございます。
また、同じ疾患を持ちながら、フォローアップに通われているご家族さんの写真も、なぜかとても心強く感じました。
また時々のぞかせていただきます。娘の病気にこんなに寄り添っていただいていることが嬉しかったので、ついコメントさせていただきました。コロナで大変な日々ですが、先生もNICUの赤ちゃんたちも、穏やかな日々が過ごせるよう応援しています。

NICUサポートプロジェクト
豊島  
To いぶきママさん

To いぶきママさん、メッセージありがとうございます。診断名は必ずしも書いていないことも多いのですが、私たちの病院は先天性横隔膜ヘルニアのお子さんが年間10-15名のお誕生があるのでフォローアップ外来でもたくさんのお子さん達の成長や発達を外科と一緒に見守らせてもらっています。上記のブログの中にもお二人の横隔膜ヘルニアだったお子さん達がいます。場所は違えど同じような経験をされたご家族のNICU卒業の先の姿だと思います。いぶきちゃんのことを横浜からも応援しています。今後ともメッセージなどお寄せくだされば心強いです。ありがとうございました。

  • 2020/05/13 (Wed) 17:03
  • REPLY