悲しみの先にある喜び。。。(コウノドリ シーズン2 第2話から3年後の未来)

コウノドリ傑作選

コウノドリNICU同窓会1
コウノドリ傑作選:「母を救え!無痛分娩と産後うつ」
で気づかされたこと、伝えたかったこと。。。

コウノドリ傑作選でシーズン2の第1話と第3話が
再放送されて、改めて感動しました。

この2つの物語の間の第2話も傑作だったと思えます。

第2話の放送当時のこのブログに寄せられた感想や
医療監修していての感想なども下記に書き残しています。
こども医療センターNICU看護師さん、そのまま
ペルソナNICUの看護師さんとして出演していた回です。

この第2話のご家族に生まれる保育器の中の
blog_import_5d4ab4c1c5e83_20200510194725c08.jpeg
超低出生体重児を演じていた
ももかちゃんでした。自分、何度か見ているこのシーン、
ももちゃんの髪の毛が光っているようで神々しくて
すごく可愛く登場していました。撮影当時、NICUで
頑張っていたももちゃんでした。


その後もNICUでご家族で頑張っていたももちゃん。
コウノドリのご家族の物語の続きが目の前にあるようでした。

で見送ったご家族に先週再会しました。ももちゃんを見送った日のこと
上記に書き残しております。


ももちゃん、2年前の今頃、天に還えられるのを
みんなで見送りました。夜、お亡くなりになられて
朝まで家族でNICUで過ごしてか家に帰りたいといって
くださったママさん、朝方、スタッフみんなで抱っこしながら
有終を讃えた2年前。


涙を流しながら笑顔で見送ったご家族のNICU卒業でした。


愛しいという感情を教えてくれた時間(2018年11月)

慰霊式での再会。その後、どうしているかなあとみんなで話すことがあった
ももちゃんご家族。


スライド01
コロナで不安になることもあるこの春に、ももかちゃん、お姉ちゃんになった
妹さんがお生まれになったという母性病棟からの連絡で沸いていたNICU・新生児病棟
でした。

ももかちゃんご家族の2度目のこども医療センター卒業の日、
みな、なんとなくそわそわ、おめでとうを伝えたい気持ちでした。

母性病棟退院の上でNICU・新生児病棟に
立ち寄ってくださったももかちゃんご家族。

スライド02
ももかちゃんを知る多くのスタッフが交代交代で
妹さんの誕生を祝いに代わる代わるNICUの外に
出てきましたね。

スライド03
ももかちゃんの妹さんのみかちゃん。かわいい女の子でした。

スライド04
コウノドリ第2話に出演していた看護師さんにも抱っこ
してもらっていましたね。
スライド05
ママさんのみんなに抱っこして欲しいという要望を嬉しく感じ、
代わる代わる順番に抱っこして、今は退職しているスタッフに
向けての写真なども撮っていましたね。

スライド07
ご寄付で設置できたNICU玄関のプロジェクトションマッピング
タイミングよくハッピーバースディーになっていましたね。

スライド06
そのハッピーバースディの前で笑顔の
NICUや新生児病棟、母性病棟のスタッフ、それぞれが
当時の悲しい想い出に温かさが帯びていっているのではないかと
思えました。

スライド15
NICUスタッフにも喪失感はあって、その喪失感を2年後に再度
同じ病院で出産をしようと思ってくれたからこその
悲しみだけでない未来を皆で感じていたかもしれんません。
スライド10
ご家族の皆様、それぞれにお祝いを伝えつつ、
スライド11
ももちゃんのママさんには、産むのがゴールでなく、みかちゃんの
お家での生活のスタート、無事に退院で安心かもしれないけど
家に帰ってしんどくなったらいつでも弱音吐きにきてください。。。


スライド12

この場所でももちゃんと一緒にみんなで
応援していますと伝えた自分でした。

スライド14
自分も抱っこさせてもらいながら、

「君のお姉ちゃんのこの場所で
生まれすごく頑張っていたんだよ。

今日の君のようにみんなに

お姉ちゃんも多くの人に
抱っこされながら病院を卒業したんだ。ママさんもパパさんも
ここですごく頑張っていたんだ。

生きていくのは悩むこともきっとあるけど、お姉ちゃんが
天から応援しているし、お姉ちゃんと共に頑張って生きていってね。
お誕生日、おめでとう」

と心で声かけさせてもらっていました。

スライド13
最後は担当医だった下風先生が抱っこしていましたね。
ご家族のことを気にかけ続けていたのを知る自分には
下風先生にも記憶が悲しみだけでなくなる、更新される
1日だったのかなと思えていました。


コウノドリシーズン2の主題歌の奇蹟が耳に聞こえるような
気がした退院の様子でした。

スライド16
働いていると悲しいことや辛い場面に直面することもある
NICUや新生児病棟、決して慣れることはなく、悲しみは胸に
積もっていくけど、働き続けていると悲しみの先にある
喜びも幸せもあることを実感する日もあります。それがあるからこそ
長く働き続けてくれているスタッフがいるこども医療センターであり、
ももかちゃんとみかちゃんのご家族の2度目の卒業をみんなで
見送れて幸せだったこの日でした。

ももかちゃんとみかちゃんのご家族の皆様、
こども医療センターでご出産してくださり、NICUに立ち寄ってくださり
ありがとうございました。また、お会いする日、ももちゃんのことを
一緒にみかちゃんに伝えられる日を楽しみにしています。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
まさき  
ももちゃんのお母さんへ

お久しぶりです。
みかちゃんのお誕生おめでとうございます。
元気いっぱいに生まれてくれて、心から嬉しく思っています。
退職してしまい抱っこはできませんでしたが、こうして写真をみることができて嬉しいです。
やはり姉妹ですね、ももちゃんと似ていてとっても可愛いです。
ももちゃんもお姉さんになったのですね。
みかちゃんが、これから歩んでいく人生がいつも温かい光で満ち溢れますように。。
ももちゃんのご家族のお幸せをずっと心からお祈りしています。

ももちゃんのお母さんにメッセージが届くことを祈って、こちらに書かせていただきました。

NICUサポートプロジェクト
豊島  
To まさきさん

To まさきさん、ももちゃんご家族も、NICUスタッフもまさきさんに写真伝えたいと皆が言っっていましたね。だから、シェアしてくださり、メッセージくださり嬉しいです。ももちゃんとみかちゃんの姉妹を今後とも応援していてくだされば心強いです。感謝。

  • 2020/06/04 (Thu) 19:00
  • REPLY