日曜Nスタ (4月26日17:30〜 TBS系):子供達を一緒に守ろうとする皆様に感謝 (神奈川県立こども医療センター)

スライド07
今週のNICUです。いつも通り、
様々な赤ちゃんの集中治療をみんなでしています。

スライド08
120名のNICU・新生児病棟のスタッフのみならず、
様々な診療科が協力してくれての新生児外科治療、多くのスタッフで
共に働いています。

コロナウィルスかも。。。という症状があれば
即自宅静養であり、体調などもお互いに気遣いながらNICUの
診療を維持しています。

スライド06
ただでさえ、不安なNICU入院にコロナウィルスの心配もある今の
時期に入院している赤ちゃんとそのご家族を、

スライド09
いつも以上に
みんなで応援していけたらと思えます。

スライド05
自分は昼休みの時間帯は入館口での対応係をしています。

治療を受けている子供達にご家族との面会禁止をなるべく
したくない、この場所で感染いつかもらわないかなと身の危険も
感じつつ、様々な部署でみんなで対応しています。

2月20日から兄姉面会の禁止、3月4日から2時間のみの家族面会
徐々に面会制限が厳しくせざるを得ない状況。

4月1日の総理の会見を見て、NICUの責任者として自分も
やるべきことをやらねばという覚悟を持ちました。

様々なお願いをさせていただきました。

今は<緊急事態>であり、
<平時>ではないんだと思えてです。

赤ちゃん・そのご家族・NICU・新生児病棟のスタッフ、
250名近い自分の周囲にいる人達の命を守る責任を持とうと思えて
上記のお願いをさせていただきました。


朝日新聞に続いて、
4月26日(日)のTBS系報道番組 日曜Nスタ (17:30-18:00)
赤荻 歩 キャスターが入館制限があるこども医療センターを院外から応援する
皆様を取材してくださり、報道してくださる予定です。

入館制限の厳戒態勢のこども医療センターですが、
赤荻キャスターを始めTBSの皆様、病院の外でこども医療センターを
応援してくださる人たちや患者家族の方々の気持ちを届けようとしてくれています。


スライド03


多くの患者家族、全国の様々な皆様、
のご支援で新生児科のサージカルマスク、N95のマスクも
ご寄付いただき、こども医療センターや他の県立病院機構で
コロナウィルスに向き合っている医療者とシェアして
使うことを目指しています。

行政からも支援も回復しつつあり、
スライド15
こども医療センターの事務系職員、感染制御室、PICUの
皆様とマスクの在庫や使用量を確認しながら、2ヶ月ぶりに
来週からは平常のマスクの使い方に一旦戻せそうという状況に
戻りました。NICUで残り10枚を金庫に入れて使っていた頃を
思い出すと多くの皆様のご支援に感謝です。

スライド1

NICUから10つの提案(案);職場をクラスター(感染者集団)にしないために。。。

NICUをクラスターすることなく、医療を継続していきたいと
思えます。

明日のNスタでは、
スライド07
自分達がこのブログで一番必要としているのは
アルコール手指消毒液という言葉に反応してくださった
横浜ダンボール/コントトラベルとその周囲の企業の皆様の
取材です。

NICUはコロナウィルスがなくても普段から免疫力の弱い
赤ちゃん達を感染症から守るためにアルコール手指消毒をみんなで
しっかりしている医療現場です。120名のスタッフで1日4-5リットルの
アルコール手指消毒液を使っている日常です。

4月の最初には残り2週間で在庫が切れるかもしれないという
状況になりました。患者家族の皆様がお家にある消毒液を
持ち寄ってくださりそれを活用してしのぎつつ、
スライド02
ご寄付で集まるアルコールの一斗缶1つから
スライド03
NICUの感染対策の中心の柴崎先生や
経営企画課・総務課の皆様が管理してくれて
薬剤部や感染制御室の皆様が50リットルのアルコール手指
消毒液を自分たちで調合し始めて使っている先週です。

スライド04
その様子をこちらで録画してTBSにお送りしました。

撮影クルーが入れない今、昔取材してもらった様子を思い出しながら
自分たちで動画を撮影してみました。

こういう取材を容認してくださったこども医療センターの
寛容な上層部の皆様にも感謝します。

寄付してくださった多くの方々に感謝をこめてお伝えできたらと
思えています。
スライド14
コロナウィルス以前からNICUに入院していたゆめちゃんご家族が
TBSのインタビューを院外で受けてくださいました。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定でご寄付いただいた
お金が購入できた新生児用の椅子シュクレNなどにもいつも感謝してくださる
ゆめちゃんご家族です。

上記の寄付も今は、感染対策などのことに必要なものを
新生児科独自で購入することに使っています。財政難で
あっても、今必要なものをスピード感を持って購入していけたらと
思い、ご寄付に感謝しております。

スライド13
ゆめちゃんご家族、
NICU患者家族として今の状況を語ってくださったそうで
自分もインタビューを拝見できるのを楽しみにしています。

スライド12
様々企業の皆様から感染対策の物品を寄付してもらい
ありがたく感じている今。

この3週間で84件の新生児科への物品の寄付があり、
マスク、エプロン、消毒液、
防護服代用品など様々なご寄付をいただき、NICUに配備しつつ
こども医療センターの他の部署にもシェアしています。

とりあえず、向こう2-3週間は物品がないから
医療ができないということなく、やろうとしていることを
実現できるこども医療センターになりました。

そういう感謝の気持ちも自分
述べさせてもらいました。

多くの方にNスタ日曜日、見ていただければと思えます。
御周囲にニュースのことをお伝えくださったり、感想をコメント欄にお寄せくだされば
感謝です。

スライド17
昨晩のNICU、2ヶ月ぶりに当面の
物品の心配がひとまずなくなった晩です。

どっと疲れた気がして、物品などの補給や配備を考えずに
医療できた、これまでが当たり前でなかったことを実感。

多くの方の寄付などでしのいでいるうちに
コロナウィルスが収束し、<平時>のような医療提供体制に
戻れる日が来ればと思う気持ちでした。

そして上記のような自分たちが本当は目指したい医療を目指せる
状況に戻れたらと思えています。

Nスタのご意見・ご感想、コメント欄にお寄せくだされば幸いです。
ニックネームを入れるだけで投稿できます。

そして、下記への指定寄付の応援なども引き続き大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.