緊急事態宣言の中で周産期センターで働き始める人達。。。


スライド4

NICU、外の窓の景色は桜のピンクから緑色の木々に
変わりつつあります。


4月は新人さん達へのレクチャーを毎年担当していますが
今年は<3密対策>で同じレクチャーを何回か再演するという
ことで新人さん達を歓迎できたらと考えております。

 スライド1

緊急事態宣言のNICUの新人さん達を応援したい。。。

上記でNICU・新生児病棟配属の看護師さんへの講義の
模様や動画などを掲示しました。こちらも呼んでいただければ
講義で流した動画など見れます。

先週は
スライド1
産科・母性病棟に配属になった看護師さんや助産師さんに
向けてのレクチャーをしました。窓を開けてマスクしての
会議室。

NICU/新生児病棟の心スタッフに話した
内容からNICUの集中治療の紹介を少し減らして、
そのぶん、母性病棟の先輩スタッフが取材を受けた
の内容を加えてお話しさせていただきました。

お腹の中の赤ちゃんの命にNICU以上に向き合っている
助産師さん達の存在を新人さん達に伝えたかった自分でした。

スライド3
先週のコウノドリ傑作選2にも登場していた
今橋先生の言葉などを紹介させていたただきました。

スライド2
看護学生自体にコウノドリを見てくれていた新人さん達が
多いのを感じ、また、小松さんのファンはやはり多いことを
実感してコウノドリをきっかけに周産期医療に関心を持った
若手スタッフが年々増えている気がしていました。

の動画や
に書いてもらった内容を最後に話し、
コロナ対策の中で入職した皆様は例年以上に緊張や不安がある
かもしれないけど、応援します。そして、コロナの後はきっと、
日本も周産期医療も変わっていくと思う、、、リニューアルオープンした
NICUには今まで以上に産科の助産師さんと看護師さんがお母さんと
赤ちゃんの両方を大切にするという気持ちが不可欠で一緒に考えて
この新しいNICUのある周産期センターを担ってくださればという
メッセージを伝えてきました。


コウノドリ傑作選3 :「赤ちゃんは未来」 4月24日(金)22時に放送 (今橋先生のフォローアップ外来)

コウノドリの傑作選には新人さん達にポリシーの
ようなものを感じてもらえる気もします。
NICU・新生児病棟・母性病棟の新人さん達には
是非、一緒に見てもらえたら、感想を交換できたらと思えます。

スライド5
夜、NICUで心エコーをして1日を終えます。
日中は通常の診療に加えて、コロナウィルスの院内感染対策などの
備えの話しあいがいっぱいあり、エコーに集中できる時間は
無心になれる時間な気します。

そして、後輩世代の先生方の質問にゆっくり答えられる
時間な気がして心の癒しにもなります。<伝えられること>
を伝えておきたい気がする今です。

スライド6
4月から国内留学してくれている奈良からの青木先生と
産業医大の渡邊先生、二人ともフレッシュな前向きさと向学心で
春からチームに活力をくれています。心強い存在です。

二人に自分は、多分、コロナ以前と以後で日本も周産期医療も
状況が大きく変わり、新しい時代に入っていく気がする。
その新しい時代を生きる二人になる気がする。
コロナの時期に
国内留学・新生児医療研修を始めたことはきっと二人にとっても
意味があると思えるよと話した夜でした。

新メンバーを大切にすることはチームの希望になると
思います。医師・看護師・助産師、新しいメンバーを
みんなで応援していけたらと思えます。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.