コウノドリ傑作選3 :「赤ちゃんは未来」 4月24日(金)22時に放送 (今橋先生のフォローアップ外来)


綾野さんと星野さんの躍動感あふれる感じの
刑事ドラマ、拝見できるのを楽しみにしています。


最強バディに思えるお二人の新たな物語が
元気なくなりがちな日本に希望をくださるとも信じています。



それまでの間、コウノドリ傑作選ですが、
今週金曜日の予告編は以下です。

今週はシーズン1から2年後のシーズン2の第1話「赤ちゃんは未来」が放送です。

この試写会の日のことを以下に残しています。
自分は鳥取で開催の国際学会に参加中で不参加だったのですが
blog_import_5d4a6258307c4_202004210935180d2.jpeg

なおとくんを見つけてくれた四宮先生とサクラ先生に感謝

:コウノドリ完成披露試写会への想い(2017年10月)

ペルソナ医療センターの背後にこども医療センターのスタッフが
一緒に写っていますね。

2020030117082313cs_202004210932407ea.jpg
そして、会場にきていたじんくんを綾野剛さんと
星野源さんが見つけてくれて再会を喜んでくれていた
シーンにNICUスタッフ、皆感動したことを翌日伝えてくれました。
綾野さんと星野さんに感謝でした。

そして、
3年前のこの放送直前に発刊されていた
コウノドリ公式ガイドブックが書店に並んでいました。

その中で自分もインタビュー記事を掲載させていただきました。
以下、自分でも久し振りに読ませて当時の気持ちを思い出しました。

コウノドリは産科医が主役のドラマだけど、
毎回、時間は長くないけど登場するNICUや小児科のシーンに
産科医療に続く新生児医療や小児医療をしっかり伝えることが
ドラマのリアリティーにもなるかなと思いながら一緒に
取り組んでいました。

スライド1
自分のインタビューの直前が今橋先生役の大森南朋さんの
インタビューだったということでインタビューアーさんから
大森さんが答えていたことをお聞きししながらのインタビューでした。


「コウノドリ」を通じて、こども医療センターの
NICUにも繰り返し訪れていた大森さんとの出会いも
かけがえのないご縁に思えています。

初めてのNICU見学のときに
「集中治療室だけど、優しくて穏やかな空気感を伝えたい。。。」
という感想を伝えてくれだったことは自分にも
その後のNICUの目指したいビジョンをくれた言葉でした。

大森さんのインタビュー記事は以下です。


スライド1スライド2
スライド3
スライド4
上記の大森さんの言葉に、自分はそんなに心は広くないと
思いながら、そうあれるように生きていこうという気持ちをいただきました。

このインタビューの後、放送されたのが
コウノドリ(2017)の第1話でした。


サクラ先生、四ノ宮先生とともに今橋先生や白川先生の新生児科医
の連携シーンがふえるシーズン2を改めて多くの方と拝見できたらと思えています。

シーズン2からはNICUフォローアップ外来のセット
新たに作ってくださり、そこで今橋先生がNICU卒業生のご家族と
話し合う場面がありました。


第1話はシーズン1最終回ででNICUを卒業した18トリソミーの
なおとくんの2歳のフォローアップ外来のシーンが今橋先生の
ファーストシーンです。仁君の2年の成長がシーズン1から2への
月日の流れを全身で伝えてくれていた気がします。


なおとくん、ご家族、今橋先生の会話に感謝感動しながら
セットの片隅でじんくんのママさんとパパさんと
自分だからこそできる役をしっかりしているじんくんを
素晴らしく思いながら拝見していました。

その時のインタビュー記事が
放送当日の朝、掲載されました。以下です。
blog_import_5d4a88d05f2bc_20190903193613b9b.jpeg
コウノドリ傑作選3も多くの方と
拝見して感想を交換できたらと思えます。





「コウノドリ」でこのブログに行き着いた皆様には
下記にも心寄せて一読いただければ感謝です。
スライド03


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.