不安を越えて、家族で過ごせる笑顔。。。

スライド17

緊急事態宣言で入館制限のこども医療センターNICUですが
新しい週が始まりました。週末から7名もの赤ちゃん達の
お誕生を祝いつつ、いつも通り、そぞれにできる診療を
始めています。


スライド16

コロナウィルス対応で制約は多いのですが

自分が想像した以上にこれまで通り仕事しているスタッフを
心強く思えました。


思えば、上記の記事で特集した新しいNICUに生まれ変わるために、
この2年間、大規模改築工事しながらNICU診療を
していた頃を思えば、その頃を乗り越えてくれたスタッフにとって
これくらいのことは昨年の今頃に比べたらまだまだへこたれない
強さと明るさを身につけてくれている気がしました。


NICUは後輩世代のスタッフにお任せして、コロナウィルス感染の
心配もある入館口の診察係は自分と大山先生で担当しています。

スライド02

先週も外来がない日は入館の問診チェック係を担当していました。

スライド2
先週までは入館担当で建ち続けている役目が終わった後、
自分へのご褒美のつもりでタリーズで甘いラテを買うのが日課でした。
今週からタリーズも休業となり、自分へのご褒美をどうしたものかと
考えております。

でも、入館口を担当しているからこそのNICU卒業生の
ご家族との再会に心励まされる気持ちにもなります。

改築工事の中で
2年前に370gでお生れになっためいちゃん。

2年後の未来が今です。
スライド1
ママさんと一緒にこども医療センターに来てくれている姿に
心励まされました。コロナでNICUに里帰り訪問できないけど
スタッフによろしくお伝えくださいという言葉を有り難く感じました。


スライド03

そして、背後から声をかけてくださったのは、

りょうちゃんのママさんです。総合診療科の先生達や
理学療法士さん達です。NICU卒業生のNICUのその先を
応援してくださる総合診療科や理学療法士さん達は
患者さんご家族にとって心強い存在なんだと思え
いつも感謝しています。

スライド04
キョトンと見つめるりょうちゃん。

スライド05
退院の日に向けてどう自家用車に安全に乗れるかを
総合診療科の先生やPTさんが考えてくれていました。

医療的ケアのあるお子さん達にとって、駐車場とこども医療センターの
入口までをどう子供達を穏やかに安全に移動するかは大切なことで
その確認をしてくれていましたね。

1年前のりょうちゃん。

改築工事のNICUでお誕生を皆で祝い、
スタッフ以上に長い時間を工事中のNICUで共に過ごしてくださいました。

1ヶ月前、マスクが枯渇しつつあるときに
1歳の誕生日を皆で祝った動画が以下に残っています。



マスクも、清潔エプロンも後わずかだけど、

Nピアノで誕生日を祝いたいNICU・新生児病棟(2020年3月5日)


希望をくれた気がするりょうちゃんの1歳の誕生日でした。
そして、コロナウィルスが迫るのを感じつつ、退院準備に向けて
小児科病棟にお引越しを皆で見送った日。



NICU金庫の中のマスクを〜りょうちゃんのNICU卒業の日〜(2020年3月8日)


このころはマスク、病棟で残り10枚になり、金庫に保管していましたね。
その割に明るさや喜びも忘れないNICU・新生児病棟スタッフに
自分が<希望>をもらった気がします。

小児科病棟で在宅医療の準備をしながら小児科病棟の
スタッフにも大変可愛がられていたことを聞くりょうちゃん。

スライド06
そして、先週末、めでたく退院の日を迎えました。

スライド07
NICU・新生児病棟、小児科病棟、多職種が駐車場に集まって
いました。

スライド08
いい子で車に乗り込むりょうちゃんを
皆であやしながら

スライド09
1年1ヶ月の時間を讃えてあっていた
スタッフとパパさんとママさんですね。

スライド1
りょうちゃんが家に戻るとしばらくはママさんやパパさんは
外出が難しくなると思います。それでも、家族で一緒に過ごせる
大切さを知るご家族、面会制限せざるを得ないこども医療センターで
離れ離れにいるよりはこの時期に退院を決めた想いに
心寄せたいと思えました。

スライド13
皆が、エールを送るように見送っていましたね。

不安よりも一緒に過ごせる時間を大切にこども医療センターで
過ごしていたご家族、一貫していて、コロナという不安を越えて
家族で生活を笑顔で始める姿に優しさと心強さを感じました。

スライド14
ママさんとパパさんの素敵な笑顔に
りょうちゃんは素敵なママとパパの基に生まれてきて
よかったねと思いながら見送りました。

また、外来でお家でのお話をお聞かせいただく日を
楽しみに、私たちはこども医療センターで頑張ろうと思えました。

スライド10
籠城戦になりつつある気がするこども医療センターですが

スライド15
新生児病棟があったからこそのりょうちゃんとママさんと
パパさんのこども医療センター卒業の日を見送って、
自分たちが頑張る意味を改めて教えてもらった気がして
多くのスタッフにシェアしたいと思えました。


スライド03


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。





関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.