子供達と医療スタッフを感染から守るための物資を病院に。。。

の記事に心寄せてくださり、
今週も多くの様々な方からのご寄付が郵送でいただきました。

スライド04
連日、たくさんのサージカルマスクなどがNICUに届きました。

スライド4
NICU卒業生のフォローアップ外来にきた先輩家族の
皆様からも
スライド3
星野先生が
「頑張って」と書いてくださった消毒液を
もらったと笑顔で伝えてくださいました。

スライド5
中国の方々からのマスクの寄付もNICUに届きました。
スライド6
中国語がわかる林先生が訳してくれて
みんなで日中友好を改めて感じました。

赤ちゃんの命を大切に思う気持ちに国境はない
と実感します。

スライド1
今週も5日間で49件のマスクやアルコール手指消毒液をご寄付いただきました。
経営企画課の担当者と新生児科のメディカルクラークさん達が手分けして
寄付を記録して、寄付の贈呈を箱に明記して使えるように準備してくれていました。

こども医療センターの通常時の1ヶ月のサージカルマスク使用量の
5分の1にあたるくらいの数をご寄付いただけたと思います。

スライド06
病院全体のマスクを必死に集めようとしてくれた感染対策チーム(ICT)
や経営企画課の皆様にもNICUのマスク不足問題が解決に向かい、
安堵してもらってよかったと安堵しあえた今週でした。

ICTチームに先週
ミネベアミツミ株式会社が寄贈してくださったN95のマスク
の使い道を託させていただきました。

さらに
スライド01
昨年度は小児科ハイケア病棟とNICUで頑張ってくれて
4月に新たな職場、フローレンスに転職した看護師さんから連絡を受けました。

医療的ケア児の病児保育などで有名な
の皆様が関わる医療的ケア児のコロナウィルス感染症予防の支援
サージカルマスクなどを届けるプロジェクトで、
こども医療センター卒業生の在宅医療の患者家族の皆様
自分達のところはまだあるから、後輩家族を見ているこども医療センターの
NICUに自分達の分を寄付を希望してくださる人達がいるということを
看護師さんが伝えてくださり、
フローレンスの担当の方とつないでくれました。

こども医療センターを離れてもこども医療センターのことを
気にかけてくれる看護師さん達の心遣いに感謝しつつ、
フローレンスの皆様との連携させていただく機会でした。

スライド1
今週末には
今週、たくさんのサージカルマスクがNICUに届きました。


スライド03
フローレンス、
空飛ぶ捜索医療団、村上財団、そして、在宅医療をしている
医療的ケア児のご家族で自分達よりNICUへと言ってくださった
皆様に感謝を伝えたくて、早速、NICUスタッフに届けました。

フローレンス・空飛ぶ捜索医療団、村上財団や
3月まで一緒に働いた看護師さんに向けて感謝を込めて
写真をゆめちゃんとママさん、看護師さん、医師で撮影しました。

村上財団の方に感謝が届いたようで伝えることが出来てよかったです。


スライド02
大切に使わせていただきます。

フローレンスの皆様と相談して全国各地のNICUにも
マスク寄付支援のプロジェクトの告知をさせていもらった
今週末です。

全国各地のNICUにいるこども達を守る
医療者にもマスクを届けられたらと思えて協力させてもらった
今週でした。

医療的ケア児のご家族からのサージカルマスクであり、
NICUの先を診てくれている医療者にもその寄付をシェアしたいと
思えました。

スライド06
寄付のことを伝えながらNICU・新生児病棟とともに赤ちゃんの
集中治療をしているPICUやハイケアユニットともマスクをシェア
しました。

スライド2
NICUに集まるご寄付のマスクや消毒液をNICUの先を
担当してくださる医療者ともシェアしながらしっかり
医療をしていこうと思います。

スライド08

そして、医療的ケア児のお子さん達が具合が悪くなった時に
最初に対応してくれる救急外来や子供達と接触が多い採血室などにも
マスクを届けました。

新生児医療はNICUや新生児病棟だけで行なっているわけでないし、
備蓄することは寄付してくださった方々の励まされる想いを
届けられない気がして、この1ヶ月、自分達で洗いながらマスクを
再利用していたスタッフにも届けようと思いました。

スライド07
その中で印象的だった看護師さん達の異口同音の言葉、
皆マスクに涙を浮かべながら喜んでくださり、この2ヶ月の
気持ちを伝えてくださいました。

「たくさんのお子さん達と日々合う中で、
自分がもし、コロナウィルスだったら
移してしまうと思えて、
マスクを洗って再利用して清潔を保ってきた。

機能が落ちてしまっていないか心配で自分で休みの日にマスクを探して
そのマスクを使って勤務していた。

これで自分がこども達にうつしてしまう
かもという心配が減って、すごく嬉しい」
という想いを
これまで寄付してくださった49件の皆様に伝えたいと思えました。

感染症は心身の疲労度が高ければ高いほど
罹患しやすいし重症化します。寄付のマスク、マスクに込められた
想いは医療者に精神的な支えにもなってくださっていると
マスクを手渡した時の表情や言葉に実感していました。

これからもNICUだけでなく、こども医療センター全体、
そして、こども医療センターが充足してきたら、県立病院機構の他の病院
などのために、
今、こんな気持ちで医療現場で患者さんに向き合っている医療者に
向けてしっかり届ける役目を自分は担おうとその看護師さん達の
言葉で思えていました。

NICU、こども医療センター全体で
スライド1
クラスターにならないように気をつけながら、様々な重症な
状況にある赤ちゃん達の命をいつも通りに守っていけたらと思えます。

スライド1
入院中のご家族と一緒に赤ちゃん達の未来を守っていけたらと
思います。


病院事務方や県立病院機構の皆様が<買えるマスク>
必死で探してくれてきましたが、医療の流通ルートで
買えるマスクは少ないんだと思えています。

<既に買われたマスク>で今は備蓄されていて、
使わないかもしれないマスクや他業種の流通で買えるマスク
を個人や組織から病院にいただければと
思えます。

布マスクでなく、サージカルマスク、未開封、箱単位
ご無理のない範囲でご寄付いただければ幸いです。
(高額な転売のご提案は事務方と共に悔しい気持ちになるので
ご遠慮ください。)

病院が崩壊したら、
マスクはあっても皆様の命も救われません。
未来のための備蓄だけでなく、今に投入する
必要があると思えます。

今、病院でマスクなどを洗いながら使っている、
汚染しているかもと心配しながら
マスクをつけて仕事している医療者にマスクや清潔物品を是非、
提供してくださればと思います。

神奈川県内の皆様には引き続き、
サージカルマスクの未開封のものがあれば
箱単位でいただければ幸いです。

コロナウィルスや疑いの方に使えるN95のマスクは
まだまだ必要です。こちらも手元で
ここまではいらないかなと思える量がある場合、一袋、一箱で
いいので、ご寄付いただければと思います。
こども医療センターや県立病院機構の先生方と使い道を
真剣に考えてしっかり活用させていただきます。

引き続き宜しくお願いいたします。

神奈川以外の方には是非、地元でコロナウィルスと
戦っている病院やNICUのある病院に
郵送していただければと思えています。
是非、地元にもコロナウィルスやNICUで頑張る
地元の医療者にも心寄せてくださる皆様が増えていけばと思います。

マスクすらないところに、
それ以上の医療物資が
集まるとも思えない自分です。。。

それぞれの場所で医療崩壊を防げたらと
思えます。

上記を踏まえて、下記を新たに書きました。
広報・拡散もよろしくお願いいたします。
スライド02


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など
応援したい診療科や部署に指定の上、
ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 4

There are no comments yet.
ゆめパパ  

ゆめの父です。
 こども医療センターをはじめ、各地の医療機関に寄付をしてくださった、皆様に御礼申し上げます。
 寄付をしてくださった皆様、こども医療センターの皆様のおかげで今日も娘の笑顔を見ることができます。
 皆様も、自身のお身体を大事になさってください。

  • 2020/04/19 (Sun) 13:31
  • REPLY
きょうちゃん  

豊島先生、こんばんは(*^^*)

フローレンスさんを通じてマスクが届いたのですね。他にも、同じような想いで依頼されたご家族がいて、皆の思いが通じたんですね。本当に良かったです。そして、動いて下さった皆様に感謝です。ありがとうございました。

個人からの消毒液等の寄付等も、素晴らしいですね。こんな状況だからこその、善意の連鎖にとても感動しました。引き続き、何か出来ることがないか、自分なりに考えていきます。

赤ちゃんたち、医療スタッフのみなさん、皆の健康が守られますように。

  • 2020/04/19 (Sun) 22:18
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To ゆめパパさん

To ゆめパパさん、一緒に寄付のお礼を伝えてくださりありがとうございます。週2枚でスタッフが我慢して働くことなく、院内感染を起こさず、自分達がクラスターにならず、いつも通りNICUの赤ちゃんとご家族を応援するためにマスクは大切な時期であると実感しています。寄付してくださった皆様に感謝ですね。
 メッセージ心強く感じました。ありがとうございました。

  • 2020/04/20 (Mon) 13:38
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To きょうちゃんさん

To きょうちゃんさん、フローレンスからの寄付マスク、週末に大きな励ましでした。フローレンスに自分たちはいいからNICUへと伝えてくださった患者家族の皆様の想いもスタッフに伝えました。ありがとうございます。自分、緊急時に心がけていることは、「批判を恐れてしないよりは、批判されてもしよう」「やらぬ善よりは、やる偽善」「やらない理由を探すのが秀才、なんとかする方法を見つけるが天才」「知行一致:わかっていても行動に移せないのはわかっていないのと同じ」と思って日々、生きようと思えています。批判や批評されやすい世の中ですが、できることをみんなで考えていきたいですね。メッセージ欄にコメント寄せられることはきっと支援が集まるさらなるきっかけになると思えるのできょうちゃんさんにはいつも通りで感謝です。ありがとうございました。

  • 2020/04/20 (Mon) 13:50
  • REPLY