Baby, God Bless Youを現実に。。。:コウノドリ傑作選2「奇跡が起こる日」の後日談


昨日のコウノドリ傑作選2はシーズン1の最終回でした。
久し振りに全編をみました。

スライド03
自分達が担当しているなおとくん役のじんくんの赤ちゃん
の頃を動画でたくさん拝見できて感慨深く、心温かくなりました。

下記の記事にも残る当時のドラマに託した想いをたくさん
思い出しました。
放送時は1時間15分の拡大版だったので1時間の放送の中で

NICUファミリールームで
なおとくんをご家族とNICU看護師さんで生まれて初めて沐浴する
シーンはカットされていましたね。

視聴された方も、見逃された方も含めて
4月20日12時まで民放公式ポータルサイトのTVer
ノーカット版が無料視聴できます。


また、最終回から1話前の新井先生がNICUを去るNICU編も
無料視聴できます。


この最後の2話は企画のところから参加させて
いただいた話です。第9話から小栗旬さんや仁君も登場していて
第9話から見ると最終回につながる部分もより深く伝わると思えます。
多くの方に改めて視聴いただき、感想を改めて交換できたらと思えます。

昨日の放送を見ていて、ラストのサクラ先生が病院のフロアで
Baby, God Bless You をクリスマスに弾くシーンに今回も涙が流れました。

5年前はこのシーンに視て、こども医療センターの子供達やご家族、スタッフにも
こういう時間があればいいなと思って、ドラマのご縁で知り合えた清塚信也さんに
無茶振りなお願いをしたところ、


自分の想いを受け止めてくださり、TBSのドラマスタッフの皆様と
共にこども医療センターで最終回から1ヶ月後の頃、
チャリティーコンサートを開催してくださいました。

以下のブログに残しています。





こども医療センターに集う子供達、ご家族、スタッフの穏やかな笑顔に、
医学や医療では届けられない<音楽の力>を感じました。



コウノドリのメインテーマの
「Baby, God Bless You」

をこども医療センターの外来フロアで聞きながら、
自分達が目指したい小児病院のビジョンを伝えてくださった気がした
清塚さんのコンサートでした。

コウノドリ傑作選2を見ながらこの日のコンサートのことまで
思い出していた昨晩。



スライド09
本日、こども医療センターに当院して、
入館制限、面会制限、タリーズなどの休店、オレンジクラブの皆様なども活動休止
と静まり返った外来フロアを見て切なくなりました。。。

今のこども医療センターは治療を受ける赤ちゃんがご家族と会えない
<医療だけの場所>になりつつある、医療だけで人は救えない、
医療と共に生きる子供達をご家族とスタッフ、そして、様々な
街の人達と一緒に応援していくようなこども医療センターに戻りたい。。。

コロナウィルスを収束させて、また、この場所で音楽をみんなで
聞けるような日が来たら。。。と祈るような気持ちでNICUに向かいました。

そして、本日のNICU
スライド1
NICUはコロナウィルスが心配であろうと、日々、生まれてくる
赤ちゃん、NICUを必要とする赤ちゃんのために平常通り、みんなで
守っています。

来週のコウノドリ傑作選3 はシーズン2の第1話、
2歳になったなおとくんが今橋先生のフォローアップ外来に
くるところからスタートの物語です。予告編は以下です。


来週の放送を楽しみにまた、1週間頑張っていけたらと思えます。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.