緊急事態宣言のNICUの新人さん達を応援したい。。。

今週は今年度の新メンバーの皆様の
教育プログラム、教育担当の看護師さんに誘ってもらい
自分が新生児医療のポリシーというテーマで毎年話しています。


希望に満ちて入職した新人看護師さん達、早く業務ができるようになる
ために看護ケアや電子カルテの使い方、薬剤や母乳の管理、吸引などの
医療行為など覚えることがたくさんあるNICU、その覚えることがたくさん
で頑張って覚えようとする中で、
何のために働き、その頑張りがどんな未来に繋がるかを
新人さん達に自分なりに毎年お話しできたらと準備しています。

昨年の勉強会の様子は以下です。


母性病棟・NICU・新生児病棟の看護師さん合同でやっていました。
この数年はNICU志望の看護師さんが非常に多く、このNICUで働くのが
夢でこども医療センターに来たと言ってくれる看護師さんが多いので
すごく熱気のある講義になっていました。
「働くのが夢だと、働いた途端、夢が叶う、終わる。
働いたからこその是非、次の夢を見つけてくだされば」
と話した昨年でした。

昨年の1年目さんはみんな頑張り、2年目になって
頑張ってくれているのを改めて讃えたい気持ちです。

スライド2
今年はコロナウィルス対策もあるので開催するかを新人教育担当の
看護師さん達と相談したのですが、新人さんの応援は大切なミッション、
NICU・新生児病棟と母性病棟を分けて同じ話を2回やるから
広い会議室借りて、窓あけてマスクして開催することにしました。


スライド1
今年のNICU・新生児病棟の新人さんが集まる会議室。
今年はN志望していた人達が少ない。。。ということを
聞き、NICUをよく知らないメンバーの配属もあるようなので
昨年とは違ってNICUを一から伝えられたらというつもりで
お話ししました。

コウノドリの動画なども交えながら

当院の取材報道をつなぎ合わせて、新生児医療の紹介動画を
作った上記の動画の一部を流しました。

スライド4
このブログやフェイスブックページに
事前に見てねと伝えた動画でしたが、ブログやフェイスブックページ知らなかった
看護師さん達もいたので、その看護師さん達には上記のフル動画を19分
程度ですので見てくださればと思います。

講義の中で流した他の動画は



旧NICUの最後の日の報道、


新NICUの最初の日まで、27年間のNICUの歴史、変遷を感じてもらえたらと
思いました。

AS20191203001749_comm.jpg
上記の朝日新聞の記事に昨年掲載されたような
新しいNICUで初めて迎える新人さん達。
「過去を知らないからこそ、新しいNICUが最初から当たり前な
新人さん達だからこそ、皆様、それぞれがこれまで働いて来た
スタッフの想いや願いを受け継ぎ、新しいNICUでその先の
未来を実現してほしい」

スライド1

NICUから10つの提案(案);職場をクラスター(感染者集団)にしないために。。。

そして、緊急事態宣言の中のNICUでの
医療者の人生をスタートするのは例年以上に
緊張や不安はあるだろうと思うけど、15年くらい前のNICUを追体験
する期間な気がする。家族面会などを制限したり、ベッド不足で大変な
日々などを新人さんにも追体験してもらいながら、だからこそ
新しいNICUを作ったということを体感して、コロナ収束後は
コウノドリの先をゆくようなNICUを目指しましょうと
お話ししました。

スライド3
「辛いことも、大変なこともあるけど、続けている
といいこともたくさんあるのがNICU、それぞれに頑張ってください、
一緒に頑張りましょう」と話して終わった講義でした。

講義の後の<希望>を感じる新人さん達のマスク越しだけど
わかる気がした笑顔や目の輝きに今年も素敵な仲間がたくさん
加わってくれたのを感じて心強く思えました。



ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.