4/10(金)夜9時からコウノドリ傑作選スタート(コウノドリ(2015)に出演していた赤ちゃん達の5年後)

スライド4
コウノドリ(2015)の第4話で400gで生まれた
超低出生体重児で生まれた

大地くん役を保育器の中で演じていたさくたろうくん。
400gで生まれて1週間の頃でした。
スライド02
5年経った今です。

スライド01
サクラ先生を演じた綾野剛さんは、
コウノドリは現実をドラマだからこそ伝えられることが
あるとおっしゃっていたのを思い出します。

そして、ドラマの続きは現実の中にたくさんある
こども医療センターです。

スライド22
同じく、コウノドリ(2015)のペルソナ医療センターNICUに
入院していた赤ちゃんを演じていたりりちゃん。

スライド23
コウノドリ(2015)の物語の5年先の未来が今なんだと思えます。

コロナウィルス対策でドラマ撮影が難しい中の
さくたろうくんやりりちゃんが登場していた
ドラマ「コウノドリ」が

上記のYoutubeの予告編のように4月10日(金)から
コウノドリ傑作選としてスタートです。

シーズン1、シーズン2と同じく、金曜日夜9時から再びの放送です。

当時、NICUやフォローアップ外来に集っていた
お子さん、ご家族、医療者で手伝ってきたドラマです。

 自分達はこのドラマを監修や撮影協力する中で、
たくさんの気づきをもらいました。

当時を知らない方にも追体験のようにご覧頂ければ幸いです。

第1回は4月10日夜10時から、
シーズン1の第5話 #14歳の母 が放送予定です。



誰もが命を考える時期だからこそ、みんなで改めて見たい。
今だからこそ、気づくことがきっとたくさんあるように思えています。

NICUに集う赤ちゃんのご家族も医療スタッフもNICUの卒業の先を応援してくださる皆様にも、

多くの方に心寄せていただければと思います。感想などを交換しあえたらと思えています。


コウノドリで周産期医療を知った皆様や

NICUの加入してくれた新メンバーの皆様には

コウノドリスタッフも皆、参考にしてくれた以下の動画も

ご覧頂ければと思います。新生児医療の役目を感じてもらえたらと

思って作った動画です。


旧NICUを追体験してもらいつつ、
5年後の未来の今のNICUを下記の動画で感じてもらえたら幸いです。


今のNICUでみんなで目指していきたい医療を共有できたらと思えます。
コロナウィルスが収束した後に皆で目指したいことをシェアできたらとも思えます。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.