コロナの不安もあるけど、新メンバーの笑顔に新年度の<希望>を実感。。。

スライド01
弘明寺駅脇の弘明寺観音の桜、雪に負けずに散らずにいた
桜に感動しながら通勤しました。

AS20191203001749_comm.jpg
秋にリニューアルオープンと増床して、少なめの
人員で冬を乗り越えて迎えた
スライド02
新しいNICUで迎える初めての新年度でした。

スライド13
窓の外の桜を見ながら心機一転頑張っていけたらと思いました。


にも書きましたが、マスクは週二枚を洗って使う、
清潔エプロンも補充がこない、手指消毒液も不足していくから
節約してください。。。という病院全体の見通しの中で
朝のカンファレンス。
スライド14

NICU・新生児病棟スタッフ・患者家族の皆様・行政・報道・応援してくださる皆様へのコロナウィルス対策へのお願い。。。

に書いたような話を柴崎先生と一緒に伝えた朝でしたが、
話している時に今年も残ってくれたNIUや新生児病棟のスタッフの
表情を見ていると若手も昨年加入してくれたメンバーも皆、
希望を失わずというか前向きな雰囲気を感じて、年度始めは不安も
大きいのですが、今年度は工事を超えて頼もしい仲間が増えている気がして
自分が心励まされました。来年の3月31日に向けて、1年間、
個々も、チームもみんなで成長していけたらと思えました。

スライド05
そして、新メンバーの3名の着任です。
産業医大の渡辺先生、奈良から青木先生、
そして、防衛医大、自衛官としての義務年限を終えて
こども医療センターNICUに復帰してくれた野口先生の
3名が春に合流です。

青木先生は3年くらい前に一度見学に来てくれて
いつか研修したいと言ってくれて以来のおつきあいです。
スライド11
思えていましたが、ついに一緒に働ける日が来たことを嬉しく感じます。

スライド4
渡辺先生も昨年、見学に来てくださり国内留学を希望してくださり
実現となり嬉しく感じます。

青子先生、渡辺先生ともに送り出してださった
地元の先生方に感謝しながらしっかりお預かりしたいと思えます。
このブログで横浜での日々を報告していけたらと思います。

野口先生は自衛官時代に10ヶ月間の委託研修をしてくれました。
に研修の最後の日が上記に残っていますが
「もっとこの場所にいたかった。一緒に働きたかった」
という言葉をよく覚えています。

9年間、自衛隊の医師として
働くという任務を終了して、自衛官を退役しての自由の身になって
こども医療センターに復帰してくれました。当直助っ人に来てくれて
いましたが、晴れて日々、新生児医療を語り合えることを自分が
嬉しく感じます。

スライド12
3人の笑顔、この日のやる気を応援し続けていきたいと思います。

3人を加えて、今年の新生児科チームの船出です。
スライド06
個性的で、頼もしい後輩世代の先生方が
増えて来ている気がして、涙が出そうな光景でした。

4人欠員の中で頑張ってくれたメンバーにもだんだん
欠員が埋まっていく予定の今年度。

今年、1年、このメンバーと途中で加入してくれるメンバーとともに
未来の新生児医療を考えていけたらと思うスタートの日でした。

スライド09
NICUの医療機器の使い方を確認したり、

スライド11
今、NICUにいるお子さんたちのことを知ろうとしてくれている
様子、伝えてくれている稲垣先生。その雰囲気に希望を感じました。

スライド12
新メンバーの加入、その姿にみんなで初心を思い出せてもらいながら
一緒に変わっていけたらと思えます。

スライド08
自分は夕方は生理検査室の技師さんたちと合流。
今年は念願の
img_1_m-15.jpeg

NICUにおける心エコー検査に基づく循環管理 (Fetal & Neonatal Medicine 2018年8月)

エコーラボの検査機器などを使って、生理検査室の技師さん、循環器科、
新生児科で3Dエコー勉強会を毎月1回開催する企画、日程を決めていました。
コロナウィルスは心配だけど、毎月1回、部活動のように心エコーの新しい
技術を語り合う勉強会を開催することにしました。

後輩世代の先生たちと一緒に学ぶ機会を作れたらと思えてです。

この日、こども医療センターで行き会う多くの人達に
「今年度もよろしく」と伝えていた自分ですが、お正月のような
挨拶の仕方だと指摘してくれた方がいたのですがその通りの気持ち
だなと思えていました。

この2年間、工事しながらの診療・研究などで
耐えることも多かった日々、終わったと思ったらコロナに
耐える日々になっていますが、今年度は<逆襲><反攻>
の1年にしたいと思えています。

スライド10
ここからリ・スタートと思っていけたらと思えました。

誰かや何か、政府を批判していても何も始まらない。
個人でできること、チームでできること、各職種でできること、
各場所でできることをお互いに尽くしていけば、
きっと日本は乗り越えられる。草莽崛起 の気持ちで
みんなで頑張っていけたらと思う4月1日でした。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
理保父  
マスク

花粉症のため以前箱で買ったマスクがあります。数枚使ったので開封済みですが、そんなものでもお役にたちますでしょうか?

  • 2020/04/03 (Fri) 22:38
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 理保父さん

To 理保父さん、お気遣いに感謝です。「マスクは週二枚だけど常時マスクをつける」という状況は医療スタッフにとってジレンマを感じる状況です。清潔操作などにサージカルマスクは残し、通勤や通常のエチケット的なマスクは通常のものとする使い分けでもいいと思えているのでいただけると感謝歓迎です。ただ、これから花粉症の季節ですし、ご無理は不要で、花粉症の季節が過ぎた後、私たちのところにまだマスクがなければその時にでもいいです。お気持ちに感謝です。

  • 2020/04/04 (Sat) 12:24
  • REPLY