3月31日の気持ち。そして、始まりの始まりへ。。。

スライド08

入館受付をしていたら出会ったのはNICU卒業生のあつむくんとママさん。
チョコマカと歩き回る姿、ママさんが追いかけている姿を
心温かく感じました。

NICU改築工事の中の
診療で見守らせていただいたNICU卒業生のご家族に
会えて、工事の中で無事に守れてよかったと改めて思えました。




ふりだしに戻った気持ち。。。(2018年4月)

に2年前の今頃のことが残っています。NICUの人員が一番少なくなった
頃、稲垣先生、研修終了を伸ばしてくれた浦木先生、研修終了後だけど
当直の助っ人に来てくれた野口先生、大車輪の活躍をしてくれた稲垣先生
のスリーショットが懐かしく思えます。


大規模改築工事の中での診療がきつかった頃です。
そのブログの言葉ですが、
上記の動画の10年くらい前から、
神奈川こどもNICUの<ヒト>を増やすことを頑張って
きたつもりで9年間で80名近い短期・長期の国内留学あったけど、
去年、今年と雇用枠が空いている状況、過重な勤務に再度
逆戻りな状況。診療や研究の体制を整備してきたつもりが
大切なメンバーの離脱でそれも頓挫しそうなことも多数ある
気がしている、さらに神奈川県・神奈川県立病院機構と
自分たちの働く司令塔ともいえる上層部も揺らいでいる。。。

自分は
「ふりだしに戻った気がする。。。」
という気持ちをつぶやいた自分に

酒が入っていたのか?
「どこがふりだしですか?」と反論してくれた斎藤先生と野口先生の
気持ちに感動しました。

この頃、目指していたのは2年後の春までに
リニューアル工事が終了していれば。。。という目標の
未来がちょうど今なんだと思えます。無事に工事が終わっているか?
医療チームが心身ともに崩壊していないか? 不安しかなかった
自分でした。


そして、4月から西田・林先生・谷山先生が来てくれた
日の希望、なんとか乗り越えていこうという想いもよく覚えています。

経験の少な目だった林先生・谷山先生、新生児科志望の
江原先生などの後輩世代の研修がチーム全体の浮沈を握る
存在に思えていたこの2年です。

スライド1
下風先生や斎藤先生の指導の基で2年前の不安を超えて、
この2年間は非常に合併症など少なく、救命率が高いNICUの
診療成績になり、下風先生から黄金世代と呼ばれる
後輩世代のメンバーです。

この2年間に長期・短期で
一緒に働いてくれたメンバーは第7世代と命名した自分です。


に特集していただきましたが、自分のビジョンを
具現化してくれる気がした第7世代の面々です。

予定より早く
工事が終了して嬉しい反面、医師は4人欠員のまま、
増床を4月まで見ることに違う危機感を思っていました。

新メンバーを新たらしいNICU・新生児病棟に迎えられる4月1日を無事に
迎えられることを祈り続けるようなこの半年でした。


スライド1
自分の中では3月31日が長かった工事の終了と
目指して来た日が昨日でした。

スライド03
季節が感じられるNICUにしたいという目標を
スライド01
改築工事の中心になってくれた斎藤先生と見ることができた
ことに斎藤先生に感謝したり、

スライド22
2年前を想い出すと、二人とも優しくて頼もしい新生児科医に
なってくれた林先生と谷山先生の専門研修の最後を讃えたかったし、

スライド23
年度最後の当直は勝又先生と谷山先生。
2年前の年度はじめに気管挿管の経験など少ない状況で
二人に当直してもらった日に少し心配で夜見守らせてもらった
晩を思い出すと二人がこの2年間で頼もしく成長されている
ことを心強く思えました。


確かにふりだしに戻ったわけでなかった。。。
そして、この2年間で新しいNICUができただけでなく、
少ない人数で改築工事や診療をみんなで考える中で
力強く育ってくれた中堅・若手が揃った2年間なんだと思えます。

ikyokusmall_20200401202427eaa.jpg
30歳代の医師が多く、40,50,60歳台と経験や
技術が異なるNICUチームができた、継承と世代交代が
進みつつある2年、誰一人抜けてもうまくいかなかった、
短期研修・ジュニアレジデントも合わせてこの2年間を
乗り切れたことを応援してくれた皆様ともに喜びたいと
思えた、感謝を伝えたかった3月31日でした。

スライド16
工事が本当に終わったんだという喜びの気持ちを感じながら
弘明寺駅への道を歩いた夜でした。

スライド17
2年前、不安な気持ちで見た気がする桜が、
今は新しい仲間に加わってもらいながら
リニューアルオープンしたからこその新たなNICU、
次のステップにみんなで進む1年の始まりの始まり
していきたいと思える3月末でした。

コロナウィルス対応でジレンマを感じる今ですが、
落ち着いた先には第7世代・新たに加わってくれる第8世代の
面々と次のステップを考えていけたらと願う気持ちです。

2019年度もそれぞれにお疲れ様でした。。。
そして、それぞれにありがとうございました。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
あつむばあば  

あつむばあばです。このごろは、自己主張も強くなってきて、わんぱくぶりを発揮してますが、新しい保育園にも早く慣れて、元気に大きくなってほしいです。
先生方、コロナの影響でいろいろ大変かと思いますが、お体お大切になさってください。

  • 2020/04/03 (Fri) 19:50
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To あつむばあばさん

To あつむばあばさん、メッセージ嬉しく感じました。あつむくんはご家族に愛されながら日々成長されているのをいつも感じます。あつむくんのご成長をこれからも共に見守らせていただけたらと思えます。いつも気遣いありがとうございます。

  • 2020/04/04 (Sat) 12:21
  • REPLY