新しいNICU・新生児病棟から見える桜の景色。。。

スライド01
こども医療センターのある横浜市南区は神奈川で高齢者世代が
多い町、大岡川は桜の名所です。桜もあるからこの街に
住み続けて気持ちもあります。

先週は桜が咲き始めて
すごい人通りでした。

でも、今週末は自粛できっと桜の満開を喜びあえない今年に
なりそうですね。週末は寂しい弘明寺商店街かなと想像します。。。

毎年、このブログの桜の散り際に書いている気がしますが、
「今年も桜が見られてよかった、来年もみんなで桜が見れるといいな」
と思いながら切なくなります。今年も桜の季節がきたことを
喜びたい気持ちです。

AS20191203001749_comm.jpg
の記事でインタビューを受けた、リニューアルオープンした
NICU。NICUの中にいてもご家族が季節を感じてもらえるような
NICUにしたいと願って取り組んで来ました。旧NICUはファミリールームからしか
見えなかった重心施設の桜をNICUや新生児病棟の窓からも見れるようにしたい。
赤ちゃん・ご家族・スタッフで一緒に桜の季節を過ごしたいと思っていました。

外の景色はなかった旧NICU、季節を感じづらかった
旧NICUを変えられる機会をありがたく感じていました。

そして、桜の季節が来て、、、
スライド08
新生児病棟の桜が咲くのを
スライド07
みんなで喜び、

スライド05
今朝のNICUでは
スライド06
地上から見上げるとはまた異なる
桜を近くで感じることができました。

自分にとってはNICUリニューアルオープンの完了は
人員が少ない中で新メンバーが4月に加わるまでみんなで
乗り切ること、桜で春がきたことをNICUの中で感じられる日が
来ることを目指していたので、リニューアル工事の終了を実感する
桜の満開に思えていました。

スライド04
申し送りをしながら桜を見上げる看護師さん達。

3年近くの<大規模改修工事をしながらのNICU診療>
いつまで続くんだというストレスはみんな大きかったと思えます。
開けない夜はない、春の来ない冬はない、いつか工事が終わる日を
信じてみんなで頑張ってきたと思えます。

工事が終えて、春がきたことを感じあえることを
皆で喜べたらと思えます。

寄付応援してくださった多くの皆様、一緒に取り組んでくださった
工事関係者、病院関係者、医療関連機器企業の皆様にもシェアしていただけたらと思える
新しいNICUの春の景色です。

スライド03
国内留学最後の当直を終えて研修最終日の朝を
迎えた高橋先生と斎藤先生。

それぞれの今年の春を讃えたい気持ちでした。

コロナウィルス対策で家族面会を制限している今、
ご家族と一緒に桜を眺めづらいことが残念なことですが、
このブログでNICUから見える桜の光景を多くの方と
シェアできたらと思えます。

スライド10
桜は今年も咲いている、そのことを気づけないで終わらないと
いいなと思えます。コロナウィルスで下やスマホを見がちな
今かもしませんが、頭上に咲く、今咲く桜の木を見上げて
一緒に感じて生きていけたらと思えます。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.