そっと見守り、そっと寄り添うありがたさ。。。

こども医療センターには病院ボランティア:オレンジクラブ
の皆様がいます。
190812118.jpg
NICU・新生児病棟を含め、病院各所に季節を届けてくださったり

blog_import_5d4a86adc101f_20200312185556f2b.jpeg
患者さんご家族と共に心支えらた想い出がたくさんある
屋上の花壇なども心を込めていつも整えてくださっているのを
感じ、心励まされてきました。

ボランティアコーディネーターの
加藤さんはこども医療センターの看護師長さんを
終えた後、ボランティアコーディネーターに就任されていました。


患者家族と医療者の近さとフラットさが強み:寄付金勉強会報告後編(2018年5月)

NICUリニューアルオープンに向けてのご寄附を募った時、
NICUクリスマスウィッシュリストなどをNICU卒業生ご家族の
アンバサダーやNICUのメディカルクラークさんの相談にたくさん乗ってくださいました。


スライド09

「駅ピアノ」でなく「Nピアノ」の文化を創りたい

:レ・フレールの斎藤守也さんの新生児病棟クリスマスコンサート(2019年12月)

NICUでのボラティアの演奏などができるようになったのも

加藤さんなどにサポートしてもらってきたからです。

その加藤さんやオレンジクラブの皆様の想いを感じた
ボランティアニュースを拝見しました。以前、この場所に掲示しても
いいと言ってくれたので下記に掲示します。

コロナ感染対応の中でオレンジクラブの皆様も活動を自粛している
今ですが、「さりげなく子供達やご家族に寄り添ってくださる」
オレンジクラブの皆様がこども医療センターに今いないことは
<花>や<優しさ>が減っているような雰囲気に思えています。
オレンジクラブの皆様もいてこそのこども医療センターと
改めてこれまでに感謝でした。

加藤さんをはじめとしたオレンジクラブの皆様の下記の文章を
読み、また、オレンジクラブの皆様と笑顔で話せる日を楽しみに
今を乗り越えられたらと思えました。
スライド1スライド2スライド3
スライド4

ご意見ご感想、下記への応援などよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。
 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.