赤ちゃんが泣かずに座れる椅子とポケトーク:「我が子と過ごせる集中治療室」への寄付応援やウィッシュリストに感謝。。。

AS20191203001749_comm.jpg
でリニューアルオープンして半年間が立ちました。
コロナで家族面会などできない状況に陥りましたが、
10年前に戻されてしまったようなこの期間をみんなで感じながら、
コロナ騒動が終わったら上記のビジョンを目指していけたらと
思えます。
半年前のリニューアルオープンの日の動画にお姉ちゃんと
共に登場しているゆめちゃん、強く泣いてしまうと具合が悪くなることが
あるゆめちゃん。

面会制限は心配なことですが、ママさん、パパさん、NICUスタッフ、
で育児ゆめちゃんを泣きすぎないように見守っていますね。

190824101_20190911182847848s-1.jpg
ご寄付を活用させて購入させてもらった


スライド08

赤ちゃん達が快適にお座りできるように。。。:NICU寄附への感謝と使途報告
に書き残しているシュクレNにお座りすると機嫌がよくなるのを皆が実感。

シュクレNを購入するご寄付応援してくださった皆様にも
感謝をお伝えしたいゆめちゃんの可愛らしい表情でした。


さらに
スライド10
お洋服などもママさんと看護士さん達で工夫している日々ですね。

あまりの可愛らしさに
スライド09
人だかりになっていましたね。

スライド07
ママさんやNICUスタッフがピリピリしすぎると赤ちゃん達も
緊張や不安が伝わり、ゆめちゃんも泣いてしまう。。。
自分たちもどんなときでもこども達の可愛らしさに
気づける気持ち、笑顔を忘れずにいたいと思えます。


スライド01
1月にNICUメディカルクラークさん達が
喜んでくれていて、使用のための準備をしてくれていたのは
ポケトークですね。

スライド02
神奈川県は全国で一番外国籍の人たちが
多い都道府県です。少子高齢化をあんまり感じないのは
外国籍の赤ちゃん達もた具さん入院してくる横浜だからかも
しれません。


のようにMICかながわさんに11ヶ国語の通訳を頼ってきましたが、
MICの皆様が不在のときに
診療の中で自分たちも直接、コミニケーションする努力もしようと
して
ウィッシュリストに願って叶えていただいたポケトークです。
スライド03
中国語が堪能な林先生、英語が堪能な勝又先生がいますが
様々な言語を訳せるかを試用してくれていた様子。

スライド04
その確かさぶりに盛り上がっていましたね。
スライド06
外国籍のご家族を応援するために
NICU・新生児病棟の医師・看護師さんで
しっかり活用させてもらっています。

医療用マスクも、清潔エプロンも自分たちのところに
届く気配も感じられないのですが、孤独や孤立を感じつ、
寄附応援やウィッシュリストで応援してくださった皆様の
想いに励まされながら、みんなで頑張っていきます。

スライド1
2月も上記から<新生児科>や<NICU>に指定ご寄付くださった皆様に
感謝です。使い道をしっかり考えていきます。

今月は幾つかの集中治療の新しい医療機器も届く予定です。
効果を確かめて、全国のNICUの診療の未来にもつながるような
新しい治療法や管理法をみんなで探していきます。
赤ちゃん達の診療に生かさせていただきます。

今後ともご寄付の活用法はこのブログで報告していきますので
見守ってくだされば幸いです。

ご意見ご感想、下記への応援などよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。
 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.