3年ぶり。。。

スライド06

新生児病棟でママさんに優しく絵本を読んでもらっていて
いる表情が可愛らしかったひなちゃん。


スライド1

ママさんにハーフバスディーなんですと声を
かけていただきました。

スライド04

ママさん、新生児病棟のスタッフが飾り付けていた
お祝いに感動していました。

スライド05
胎児診断から始まり、大変な時期もあったひなちゃん、
半年の節目に感動していました。


ひなちゃんを粘りつよく、新しい試行錯誤しながら
診療してくれていた担当医の勝又先生と下風先生も
診療も讃えたいと思えていました。

毎年4月に新しいスタッフに

<NICUのポリシー>という勉強会を看護師さん達に
提案してもらって担当しています。
2017年春の勉強会の様子、以下に
残しています。

新人看護師さん達に「NICUのポリシー」勉強会(2017)

その時に泣いてくれていたのが新生児専門研修を始めたばかりの
勝又先生やこの日、NICU見学に来てくださっていた
徳島大学NICUの須賀先生でした。


須賀先生、様々なお話をした3年前でした。
3年前の自分の写真をみて元気そうだな、、、
枯れてきている自分を感じますが

スライド14
変わらず元気そうな須賀先生が3年ぶりにNICU見学に
きてくださいました。

広浜食堂のカレーを食べたいと言ってくださり
自分もご一緒させていただきました。

須賀先生のこの3年間の徳島で取り組んでいること、
取り組もうとしていることなどをお話を聞けて嬉しく感じました。
場所は違えど、お互いの場所で生まれてくる赤ちゃんたちに
その場所でできることを尽くしたいと思える想いを共有
した気がしました。

須賀先生、

3年前の病棟で写真を撮った<中谷美紀さんの柱>近くの
光景が上記に残っていますがこの場所の今が以下です。
スライド11
変貌したことに気づいてくださり、雰囲気や光や音や
空間配置などに、このばしょにたってわかる<感動>という
気持ちを伝えてくださり、自分もこの3年間の診療しながら
大規模改築をした日々を労ってもらったような気がして、
その言葉に感謝感動でした。

スライド08
個室や赤ちゃんの自律神経活動の評価法などを病棟などで
意見交換できて興味深い時間でした。

スライド09
四国にご縁がある高橋先生とも交流してくださり
ご縁の広がりを感じました。

スライド12
3年ぶりの再会の須賀先生と勝又先生。徳島で同じ疾患で
診療している赤ちゃんがいて、そのご疾患の担当が勝又先生であり、
そのお子さんの今をみて、徳島のお子さんと同じ時期の検査など
を振り返り、
「これは奇跡に思える、感動」と薬や呼吸循環管理の効果に
感動してくれていた須賀先生でした。

大変なところを乗り越えた工夫などを
須賀先生に質問されて経験や治療の経過をシェアしていましたね。

須賀先生、勝又先生の細かく患者さんを診ているのがわかる
言葉にすごくヒントを感じたようで
徳島に戻ってすぐにでも試したいと感謝を勝又先生に伝えていました。
この3年間で一番多くの担当医をしてくれていた勝又先生。勝又先生の
3年間の新生児科医としての経験の積み重ねが他県の赤ちゃんと
ご家族をよりよく救うきっかけの1つになるのなら素晴らしいねと
須賀先生と勝又先生の会話に感じていました。

スライド13
下風先生が取り組んでくれいるアクティウォッチという赤ちゃんの
活動性を評価する機器、学会報告で興味を抱いたとのことで
この情報交換もしてくださっていました。

5月、徳島にご招待いただき、講演させていただく予定です。
須賀先生のご周囲の皆様ともお会いできるのを楽しみに須賀先生の
ご訪問を感謝の今週でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


2つの応援クリックも
よろしくお願いします。
 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→  


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 1

There are no comments yet.
エンリ   

なおさんへ、

後で、メッセージ読んで、いただけないでしょうか、。エンリ、

        2020,2,09, 



  • 2020/02/09 (Sun) 13:00
  • REPLY