「我が子と過ごせる集中治療室」への寄付応援に感謝。。。

スライド1
12月は11名、1月も5名と大変多くのかたから
こども医療センターの経営企画課に直接や
を通じて、新生児科指定や
NICU・新生児病棟指定のご寄付があったと事務系職員から
ご報告がありました。

寄付とともにメッセージなども逐一
伝えてくれるこども医療センター経営企画課の職員の皆様の
お気持ち、それは心のこもった寄付をに医療スタッフも
事務系職員も感動し、心励まされているからと思えます。

繰り返しご寄付くださったり、
クラウドファンディングしたり、ご周囲にお声掛けくださったり、
所属する企業で寄付を募ったりしてくださるご家族の行動、
そして、こんなことに使ってもらえたらというそれぞれの
メッセージに自分たちが目指すべきことを気づかせてもらえている
と思えています。

ご寄付くださった皆様、ありがとうございます。
大切に使い道を考えながら、この場所で報告し続けていこうと思いました。

朝日新聞社の週間AERA

で紹介してもらっている決意を込めて
リニューアルオープンしたNICU・新生児病棟です。

スライド8
この病棟の付加的な設備、患者家族のアメニティーや
未来に向けての研究開発機器は
朝日新聞社の週間AERAの以下の記事でもご紹介いただきましたが

190824101_20190911182847848s-1.jpg
のようにNICU卒業生ご家族や応援してくださる方々の
ご寄付で必要と思えるものをお金を理由に諦めることなく
購入することができました。

他のNICU卒業生ご家族からのご寄付もあり、自分たちが
取り組もうとしていることは医療者が思っている以上に
大切に思ってくれるNICU卒業生のご家族は多いのだと
改めて感じています。
その重要性を伝えられるNICUや
新生児病棟を頓挫せず、くじけず、みんなで目指せたらと
思えています。

このブログで日々を綴っているのもその様子をご寄付の
皆様に報告したくてです。

NICU・新生児病棟リニューアルオープン後も
ご寄付が続き大変感謝です。
スライド1
ご寄付はかけがえのない時間を
リニューアルオープンしたNICU・新生児病棟で過ごす
患者アメニティーの維持と整備、
スライド07
後遺症少なく救命するための新しい医療機器の購入
や偏食外来のリーフレット作りなどのNICUフォローアップ外来の整備、
遠隔配信システムを使っての全国の新生児医療の情報交換や合同
勉強会の開催、医療スタッフの人材育成や就労環境の向上などに
引き続き活用させていただきます。

スライド1
のNICUアンバサダーさんやレフレール守也さんと相談して、
今後も夏の終わりに、新生児科指定やNICU指定でご寄付
してくださった方に1周年、2周年の寄附への報告と感謝の会を
開催したいと思えています。

で1000円から寄付可能です。引き続き多くの方からの
ご寄付の応援をお願いできればと考えております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


2つの応援クリックも
よろしくお願いします。
 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→  


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.