点でなく線で、その時だけでなく物語を大切にできるNICUを目指せたら

スライド1
NICUや新生児病棟は働き続けてくれている看護師さん達が
いてこその医療現場だと思います。いい看護師さんが
集まってくれているのがこども医療センターNICU・新生児病棟の
一番の強みに思えます。

<向上心>があるというよりは<優しさ>がある
看護師さん達が定着している気がして、病棟の雰囲気に
つながっている気がします。


新人の時からこのブログに出てくれている男性看護師さん、
仕事の合間や通勤で一緒になって言葉を交わすと一緒に働けている
ことを天に感謝を感じます。

NICUや新生児病棟で働き続けている中で感じていることを
時折話してくれもらうことは自分にも気づきがありました。
スライド2
「自分は武道と同じで、NICUを自己修練、NICU道と思って仕事している。」
働く中で自分も成長したりしていこうと思っている、自分のためにも
なっていることを感じているのかなと思えたりした言葉でした。

どんな時でも慌てず、周囲を大切にしながら、
穏やかにしっかり働けている看護師さんになってくれている
気がするけどそういう気持ちだったのかなと思えて
頼もしく感じました。

「NICUで働いていて、スポーツと違ってプロレスみたいに思えることもある」
という言葉に
「どういう意味?」と尋ねたら
「点、その時点を見ているだけでなく、線、物語があるのがNICUだと
思える。その場のことだけでなく、その前も、その先も、
物語を意識して仕事していたい」
という言葉にも、なんだか感動しました。

確かに、勝つため、負けないために試合をするようなスポーツでなく、
その過程、その先に続き物語を大切にしているのがNICUな気がしました。

こういうことを感じながらNICUや新生児病棟で働いている
人達がいることを心強く思えました。


NICUや新生児病棟に集ってくれているたくさんの医療者にも
それぞれの物語がある。家族的な集団にも思えるNICU・新生児病棟
ですが、

いい仲間に恵まれているなと天に感謝しています。

ご縁があって集まった仲間、それぞれの人生を讃えたいし、
応援していたいなと思えた看護師さんとの通勤途中の語らいでした。

スライド3
昔、中国のNICUで働いている時に、中国と日本のNICUを
知る中国の方に日本のNICUを見学した時の感想を
伝えてもらったことがあります。
「日本人のNICUは職場の<職務>を大切にする。そして、
すごくきっちりと仕事できる。でも、職場の仲間同士で
厳しい雰囲気を感じた。
中国人は<職場の仲間>を
大切にする。だから時として、職務に甘いことがある気がする。
でも、自分はそういう雰囲気でもいいのかなと思えている」
という言葉を言われた時に、府に落ちるところがありました。


AS20191203001749_comm.jpg
の挑戦は始まったばかりだし、一緒に目指してくださる
NICUや新生児病棟スタッフと一緒に
<職務>も<仲間>も大切にできるNICUや新生児病棟の
雰囲気を作っていけたらと思います。NICUや新生児病棟のスタッフの
雰囲気がいいからこそ、赤ちゃんとご家族も雰囲気よくNICUや新生児病棟
で過ごせるかもしれない。そういうNICU・新生児病棟を目指していけたらと
思えます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 でクレジッカード寄附も1000円から可能です。


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


2つの応援クリックも
よろしくお願いします。
 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→  


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.