第1回マリンクロットファーマWEBセミナー「胎児診断から始まる周産期・小児チーム医療」の報告1

外来フロアを通りかかったら

スライド01

あおいちゃんとママさんにばったり会いました。
様々な診療科のスタッフがあおいちゃんを応援してくれている
のを心強く感じ、ママさんの笑顔によかったですねと思えて
いました。


2019122620065995a_20200115134126c11.jpeg

ご家族の笑顔を応援していたい。。。

から1ヶ月の未来が今なんだと思えます。


スライド02

夜、元気に泣いていて大変という言葉と裏腹のママさんの笑顔に
あおいちゃんよかったねと思えていました。

スライド03

勤務時間内の勉強会を目指したい自分たち、
NICU内で勉強会を開催しています。


スライド04

毎週、準備してくださる松井さんに感謝でした。


スライド05

自分は夕方、早めに上がらせていただき、

スライド07

横浜駅の西口にきました。

スライド06

イルミネーション綺麗でした。

スライド10

の講師の御依頼を受けたからでした。

小児循環器医をやめたつもりの自分には
小児循環器学に関する講演依頼は避けがちだったのですが、
昨年、同志と思える増谷先生に提案してもらった
の講演会。自分の視点だから話せることがあることに
気づかせていただきました。この講演を聞いてくださっていた
アイノフローのマリンクロットファーマの皆様の
WEB講演会を提案してくださり、実現した本日でした。

スライド09

スライドしか映らないと思って普段着でいったら、自分も
WEB配信されるということ、80箇所近い場所から講演希望
があったということを聴かせていただき、驚きました。
スライド03
会議室でカメラに向かって55分間講演させていただきました。

スライド55
先天性心疾患・先天性横隔膜ヘルニア・18トリソミーなどの
お子さんたちの胎児診断からどんなチーム医療をしているかを
お話ししてきました。

スライド60
講演会だと聞いてくださる方の表情や反応をみながら話せるのですが
それがないWEB講演会の難しさを改めて感じながらお話ししていました。

質問をチャットで募集したのですが1件のみで
講演、伝わらなかったかなと少し残念に思いつつ終了だったのですが
終了した後、たくさんの質問が時間差で掲示板にお寄せいただき、
一旦終了した回線を再度あけて講演会の延長戦になりました。
たくさんのご感想、ご質問ありがとうございました。

延長戦になった質疑応答のことは、参加できた方は一部に
思えるので明日、どんな質問があってどう答えたかを改めて
このブログに書かせていただこうと思います。

80箇所で講演をお聞きくださった皆様、
ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 でクレジッカード寄附も1000円から可能です。


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍です。

2つの応援クリックも
よろしくお願いします。
 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→  






関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.