コウノドリ(2015)で保育器の<ゆうたくん>の4年先の未来。。。

スライド3
NICU卒業生のフォローアップ外来にきてくれていたの
みなとくんです。


コウノドリ(2015)の第9話のNICUで
blog_import_5d4adbe32395f-1.jpeg
白川先生が無念そうに転院をお願いしていた


保育器の中の<ゆうたくん>役を演じていた
みなとくんでした。


コウノドリ(2017)の第3話でも


その2年先の未来が今です。ドラマ「コウノドリ」の
続きに思えることがたくさんある
たくさんあるこども医療センターだと思えます。

スライド2
こども医療センターNICUであり、ペルソナ医療センターNICU卒業生
でもあるみなとくんとご家族のNICUの卒業生のみなとくんの今です。

みなとくんの二人のお兄ちゃんも担当していました。
パパさんとママさんとフォローアップ外来で会うたびに
様々な想いが去来します・

最初の出会いは


10代でNICUにきて、辛い想いなどとともに
NICUを去っていく姿を見送った時に<悲しみ>
に負けずにこれからも二人で生きっていて欲しいと
想いながら見送りました。

そして、

お誕生,お誕生日にあふれるNICU(2013年)

にはるくんの弟くんのひろとくんの誕生、笑顔だけの
卒業を見送れた日の喜びも覚えています。

そして、胎児診断で厳しい話をせざるを得なかった中、
母性病棟で頑張り誕生したみなとくん。


はるくんが一生を生きた場所で頑張るみなとくん、
兄弟面会できたひろとくん、



お兄ちゃんの
はるくんがモデルに思えるコウノドリ2015の
ようすけくんにベットを譲るゆうたくんを演じていた
運命を感じるような状況に、ドラマよりドラマティックな
気がしていました。

スライド1
フォローアップ外来を担当しながら、天で見守ってくれている
気がするはるくんに、自分は心の中で、君の誕生と天に還る悲しみに
向き合ったママさんとパパさん、すごく素敵なママさんとパパさんに
なって、君を含めた4人兄妹と今も生きているよ。君の一生が
きっと弟くんや妹くんを大切に生きる気持ちにつながっている
と思うよと心で会話していた自分でした。

周産期センターは妊娠・出産という人生の節目で
繰り返し訪れる場所。。。自分が同じ場所で働き続けてきた
意味や甲斐を伝えてくださるご家族でもあると出会いとご縁に
感謝でした。

「コウノドリ」の物語の続きは自分たちの中にもあると
改めて思えたフォローアップ外来での再会でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 でクレジッカード寄附も1000円から可能です。


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍です。

2つの応援クリックも
よろしくお願いします。
 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→  



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.