ご家族の笑顔を応援していたい。。。


せなくんご家族から頂いた




を共にご家族を支えてくれた小児科病棟に

みてもらおうとお貸ししていた時、そのアルバムを

みて感動して涙が止まらなかったと伝えにきてくれた

のはNICU研修する前の小児科研修医時代の勝又先生でした。


そして、勝又先生、今、NICUで心強い新生児科スタッフに

なってくれています。



その勝又先生にいただいた写真です。

スライド1

あおいちゃんのお誕生の当時の写真ですね。改築工事終了後、

2年間ままならなかった動脈管の基礎研究を再開させてもらって

横浜を不在になる日が自分です。


その日の、ご家族の水入らずの写真です。




胎児診断の頃は

自分がご家族に産科の先生たちと一緒に生まれた後のことを

説明させていただきました。パパさんとママさんの戸惑い

や困惑の表情を覚えています。

スライド2

勝又先生にこの写真をみせてもらって

あおいちゃんの誕生がご家族に届けた笑顔を

追体験させてもらって嬉しく感じました。

スライド3

この後、パパさんと廊下で会った時に、

胎児診断の話でショックを受けたけど、生まれた後の

話、他のご家族のお話などを聞けて<希望>がある気がした

と感謝を伝えてくださった素敵な表情を覚えています。


自分、どんな状況の中でも<誕生の喜び>や<未来への希望>はある、

それをご家族に伝えられたらと思いながら胎児診断でも生まれた後でも

病状を説明させてもらっています。パパさんの言葉は自分も

ありがたく感じる言葉でした。



母性病棟やカルガモルームであおいちゃんと家族で過ごして

ママさんご退院の後は

こども医療センターから遠方のご自宅からご面会に通い

続けていたことを讃えたい気持ちでした。


スライド15

「駅ピアノ」でなく「Nピアノ」の文化を創りたい:レ・フレールの斎藤守也さんの新生児病棟クリスマスコンサート

では

スライド21

守也さんの一番近くでピアノを気持ちよさそうに聞いていたあおいちゃんでしたね。



そして、勝又先生や看護師さんたちと

あおいちゃんの日々を一緒に過ごされながら、

スライド26

クリスマスのファミリーフォトのお写真に
感動していた自分です。年末年始はお家で家族水入らずで
過ごすと在宅医療を決意されてNICU卒業の日。

年末年始前の喧騒のNICU・新生児病棟からご退院になりましたね。

スライド01
ご家族と共に悩み、喜ぶ姿勢を感じる勝又先生ですが
NICU卒業を心から喜んでいましたね。

スライド02
カメラ目線のあおいちゃん白いドレスがすごく似合っていて
この日、見送れなかったNICU・新生児病棟のスタッフに
伝えたいと思えた可愛らしさでした。

スライド03
自分も記念撮影にお誘いいただき、あおいちゃんとご家族の
物語の1頁に加えていただけたことを嬉しく感じました。

スライド05
改めましてNICU/新生児病棟のご卒業おめでとうございます。

スライド04
「あおいちゃん、早くお家に帰ろう」と声かけていた
お兄ちゃん。嬉しそうでしたね。

家族4人の年末年始、NICUから応援しています。
また、勝又先生のフォローアップ外来でお会いするのを
自分も楽しみにしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

190824101_20190911182847848s-1.jpg

小児医療の現場で寄付の呼び掛け増加 (AERA 2019)



 でクレジッカード寄附も1000円から可能です。


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.