「病院」診療の限界 「訪問」診療の未来

NICUリニューアルオープンに合わせて

          img_1_m-15.jpeg

NICUにおける心エコー検査に基づく循環管理 (Fetal & Neonatal Medicine 2018年8月)

NICUエコーラボもリニューアルしました。




スライド02
具体的には心エコー機器はEPIC-CvXという最新型を
導入、より鮮明な画像、動画で観察できるようになると共に
Tomtec3次元エコー解析ソフトも最新型にアップグレード
しました。

スライド05
加えてTomtec社のAutoStrainという解析ソフトを導入して
心エコーの動画からの自動解析がNICUで可能かどうかを
試行錯誤しています。2次元エコーの動画から左室や
右室の断面の面積、収縮度、ストレインなどを算出できる
ソフトです。

 
という「一冊丸ごとストレイン」という特集号で
書いてあるようなことをNICUで実践できるかを試しています。

スライド03
稲垣先生、AutoStrainに触ってくれてこのソフトへの
期待度を伝えてくれました。

10年後のNICUの心エコー検査を想像しながら既存の
評価では気づけなかったこと早く気づけるようになれたらと
思えています。
NICUで合併症より少なく救命できる方法を
未来に向けて見つけていけたらと思えています。

そんなNICUに訪問してくださって心強かったのは
スライド08
こども医療センターで昔、心強く共に働いてくださり、
今はこども医療センターをでて、地域で在宅医療などで
こども達とご家族を支えてくれている医師・看護師さんがいる
の皆様がNICUまで来て下さいました。

 
こども医療センタースタッフも読んで共感した
メンバーが多い上記の本を書かれている大村先生達です。

病院診療に限界を確かに感じている自分達でもあり
訪問診療との連携の未来も感じる私たちのNICUでもあります。

大村先生の取り組みにNICUでも頑張っていこうと
勇気をもらっていたのでNICUを訪問してくださり自分達も
心支えられる気持ちでした。場所は役目は違えど同じ想いで
それぞれの場所で子供達とご家族のために頑張っている気がして
会うと元気をいただく気がします。

スライド09

胎児の頃からお話しさせていただいているこはるちゃんご家族に
昔、こども医療センターでNICU卒業生たくさん応援してくれていた
お医者さんと看護師さんで、今は地域でNICU卒業生のお子さんと
ご家族を応援してくれている人達で信頼している人達ですと
ご紹介できることに自分も心強く感じていました。

昔のNICUを知る皆様が、新しいNICUにびっくりしたと
すごく変わったと気づいてくださりそれも心強く感じました。
NICUも在宅医療も未来に向けてこれからもよくなっていくと
思うし、そうなるように連携していけたらと思える再会でした。

スライド11
ブログに出てもいいですよと伝えてくれて嬉しかったこはるちゃん。



こはるちゃんとこはるちゃん。。。


こはるちゃんとお名前を聞いた時に以前担当したこはるちゃん達を
思い出して、その名前を懐かしく素敵に感じていました。
その気持ちもお伝えしました。

ドラマ「コウノドリ」も見ていたと伝えてくださり
当時思っていたこと、ご自身もNICUにきて感じていることなどを
伝えてくださり自分達にも気づきがあります。

スライド12
そして、本日はNICUを卒業して新生児病棟にお引越ししていた
こはるちゃんとママさん。

スライド13
ママさんが描いたという1ヶ月お祝いのチューブのテープも
こはるちゃんを見守るようなお兄ちゃんも含めたご家族面会の
お写真が素敵に思えていました。

もうすぐ1ヶ月の誕生日、おめでとうと伝えられる日を
自分もたのしみにしています。

カルガモルーム、NICUの広いスペース、新生児病棟で
一歩一歩、成長して場所を変えてきたこはるちゃんとご家族を
院内外の多くの人たちと応援していられたらと改めて思えましたし、
今年のクリスマスや年末年始も素敵な時間になればと
願っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」・「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、卒業生、一緒に時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも自分達で使い道を特定して
活用させていただきますのでご指定のほど、よろしくお願いいたします。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.