12/8の読売新聞に横浜Fマリノス優勝とこども医療センターNICU改築の記事が並んで掲載に感謝感動

このブログ、地元サッカーチームの横浜Fマリノスのことも時折
書いてきました。

よく、弘明寺にはためくマリノスフラッグ

「この街には横浜Fマリノスがある」というフラッグを
夜の商店街でみながら、
「この街には横浜Fマリノスとこども医療センターがある」
と街の誇りになれるような小児病院を目指せたらと思えていました。

横浜マリノス、15年前の2連覇以降、優勝に遠ざかり、
球団経営難からみなとみらいにあったマリノスタウンが閉鎖になったり、
ゴーン社長を含めた親会社の混乱があったり、
伝統を踏まえつつ、世代交代やチーム変革を目指す中で
中村俊輔選手、斎藤選手、中澤選手、中町選手などの中心選手が
チームを去っていく近年。

想い通りにならなくても。。。:横浜Fマリノス中町公祐選手の「ひゅうごシート2018」に感謝


神奈川県内のNICU卒業生を応援してくれた中町選手とマリノスの皆様。

昨年の最終戦は、上記に書き残しているようにNICU卒業生ご家族と
観戦していましたがJ2降格を最終戦で免れての
12位での終了、正直、次のシーズン以降、マリノスは大丈夫なのかな?
という不安もありました。ちょうど、定年を数年後に控えるメンバーが3名いて、
神奈川県の財政難の中で大規模改築工事の最中で
国内留学などが途絶え、世代交代とチーム変革を
途絶え、世代交代を余儀なくされている自分には横浜Fマリノスは
気持ち重ね、心励まされる存在でした。

その横浜Fマリノス、下馬評では誰も予想していなかった今年、
後半に向けてどんどん調子をあげて昨日15年ぶりの優勝でしたね。
NICUにいた昨日、大変心励まされました。マリノスを大切に
感じながらチームを卒業した中町選手のことを思い出しながら 、
チームの優勝を讃えたい気持ちでした。

今朝(12/8 日曜日)の読売新聞の地域面はスライド1
王者マリノス復活の見出しの記事ですね。その左側に
神奈川県立こども医療センターNICUのリニューアルオープンの記事が
びっくりするくらい大きな記事で掲載されました。
<横浜>という地域が沸く朝に最高の場所で掲載してもらった
気がして読売新聞の記者さんたちの応援を感じて感謝でした。
スライド1
診療しながらの大規模改築工事を共に乗り越えてくださった
こども医療センターの多部署の皆様、支援してくださった医療関連企業、
県内の周産期医療関係者、神奈川県立病院機構、神奈川県、

スライド1
新しいNICUのコンセプトを応援してくれたご寄附をお寄せくださっている
皆様、村田さんをはじめとしたNICU卒業生ご家族、神奈川県タクシー協会、
YOKOHAMAゴムの皆様の想いの結集があってこその新しいNICU,
それぞれにお伝えしたい今朝の記事でした。


寄附への感謝の会
多くの方の応援があってスタートをきった新しいNICU。
横浜Fマリノスのように多くの方に応援したくなるようなチームを
目指していけたら、そして未来に生まれる赤ちゃんとご家族を
応援できるチームになっていけたらと頑張りたいと改めて思えました。

スライド1
多くの方にご覧いただければと思える上記の記事です。
ご周囲にお伝えいただいたり、ご感想をコメント欄にお寄せいただければ
幸いです。
かながわ県立病院小児医療基金のご案内
かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。
クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」・「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、卒業生、一緒に時間を大切に過ごすご家族たちの応援、
スタッフの人財育成のためにも自分達で使い道を特定して
活用させていただきます。新生児科指定のご寄附、引き続き
よろしくお願いいたします。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.