命と幸せの天秤。。。:週刊モーニング「コウノドリ 〜新しいNICU編 〜」第14話掲載中 (コウノドリ(2017)第8話に登場していたNICU卒業生の今)


コウノドリの19巻の物語がドラマ化されたのが

上記に感想を残している
コウノドリ(2017)の第8話でした。NICU編です。


この第8話の物語の中心のかおるちゃん
を演じてくれていたはづきちゃんです。

この撮影から一年後の昨年の今頃、

あれからさらに一年。
スライド09
外来フロアで斎藤先生の外来の順番が来るのを待つ
はづきちゃんとご家族と再会して嬉しい気持ちでした。

気管切開しているはづきちゃん、
スライド10
表情豊かにママさんと斎藤先生と会話をしていますね。

スライド11
会話は言葉だけでない、
スライド1
それを感じるはづきちゃんを囲んで
お家の生活を語り合う斎藤先生のフォローアップ外来の語らいの様子に
心温かく感じました。

コウノドリの物語の
続きを見ているような気持ちでした。

スライド02
医師・看護師さんの休憩室には1冊ずつ置いておりますが、
現在、発売中の週刊モーニングには

コウノドリ第19巻の
続編とも言えるNICU編で今橋・白川・新井先生たちが
再登場しています。

スライド01
「新しいNICU編」第14話が掲載です。

今週も気管切開をめぐるお話でした。ペルソナ医療センターのNICU
の医師や看護師さんが医療者としてすべきことを伝えるだけでなく、
同じ経験をした人間として心寄せる言葉を送るシーンがありますね。

こども医療センターNICUの医療スタッフや職員には
NICU入院していた赤ちゃんのご家族や入院していた子供達自身が
NICUに職員として戻ってきています。時として、先輩当事者や先輩家族として
今、入院してくるご家族に言葉を伝えることがあります。
こういうことの大切さを感じることがあります。

スライド03
医師休憩室で変わる変わる読んでいる
新生児科医のスタッフでした。

スライド04
お互いに感想を交換したりする時間です。

スライド05
斎藤先生、ご飯食べながら、読んでいて、今週号の最後の
新井先生の言葉に涙を流していましたね。

ペルソナ医療センターNICUと一緒に自分たちも
変わっていけたらと思える「新しいNICU編」です。

「コウノドリ」連載開始以降、最長シリーズに突入中の
今回のNICU編、
来週号でいよいよこのシリーズ完結です。物語の
行方を多くの方と見守りながら感想の交換などできればと
願っています。



コメント欄にご感想やご経験などもお寄せくだされば鈴ノ木先生たちにも
読んでもらえると思うでありがたく感じます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」・「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、卒業生、一緒に時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも自分達で使い道を特定して
活用させていただきますのでご指定のほど、よろしくお願いいたします。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.