白いドレスの微笑み。。。

スライド1
山梨に日帰り出張して
日曜日にこども医療センターに戻りました。青空が綺麗な
温かな日差しを感じながら通勤しました。

午後に母性病棟から卒業となるご家族がいて
そのお見送りをさせていただきました。

出生前診断から産科の先生と一緒に
赤ちゃんの病状説明をさせていただきました。

ご疾患の説明、ママさんのお腹の中でしっかり
大きくなっていることを讃えさせてもらい、
この子がどうなるかは誰もわからないけど、
過去に担当させていただいた近い状況のお子さん達
の診療の経過を数値とともにお伝えさせていただいた
ご家族です。

生まれた後、
スライド3
当院で母性病棟でご家族一緒に
時間を過ごされていらっしゃるのを担当医の林先生や
斎藤先生からお聞きしていました。

生まれたらこんなことしよう、あんなことしようと
ご準備したり、考えられていたことがよくわかる、日々を
大切に濃密に過ごされている気がしていました。

母性病棟の個室でのご家族の時間を聞くと、家族滞在型NICU
を作ってもお母さんのお部屋でお子さんが過ごせるよさには勝らない
気がしていたし、ママさんと時間や思いをシェアしている
母性病棟のスタッフの心強さを感じていました。

ご家族の時間をNICUから応援していました。
スライド1
ご家族で過ごしたり、お兄ちゃん達と一緒に
時間を過ごせたり、
屋上をご家族で散歩したりと
日々を大切に過ごされていました。

スライド2
本日、ママさんの退院と一緒にお子さんもご卒業に
なりました。

自分も母性病棟の個室にご訪問させていただきました。
白いドレスをきていた女の子。すごく可愛くて、そのことを
つぶやいたら助産師さん、ママさんの手作りと伝えてくれました。

手作りの真っ白でピッタリの白いドレスをきている
女の子、担当医の林先生、「笑っている」とつぶやく
のを自分も微笑んでいると思えていました。
ママさんやパパさん、お兄ちゃん達、母性病棟やNICUスタッフに
微笑んで何かを伝えようとしているように思えました。

産科やNICUのスタッフがたくさん見送ろうとしていることに
照れつつ戸惑うお兄ちゃん達。
「みんなお兄ちゃん達の妹が可愛くて大好きで
もう少し一緒にいたいんだ。」と伝えた自分でした。

お兄ちゃん達にも妹の可愛らしさや頑張ったことを
伝えたいし、こどもなりにきっと理解して兄妹として
これからも過ごしてくださればと思っていました。


こども医療センターのご家族の退院をする直前、
ママさん、みんなで写真を撮ってもらえますか?という言葉。

スライド4
自分たちにとっては言い出しづらいけど、ご家族で伝えてくれると
嬉しい言葉でした。みんなでご家族の出生前診断できて、
そして周産期センターを卒業するときを一緒に写真に残して
いただき自分たちの心にも温かさを残してくれる気がしました。

ご家族のカメラにあるお写真をいつかみせていただけたらと
思えました。

母性病棟のスタッフもNICUもスタッフも
「話したくなったらいつでもまたきてくださいね」と
伝えていました。母性病棟もNICUスタッフも
それぞれに皆が心寄せていることが伝わってきました。

スライド5
ドレスに感動した気持ち、お子さんの微笑み、
この気持ちを書き残していたい、本日会えなかった
スタッフに伝えられたらと思ってこの記事を書いています。

そして、ご家族がいつかこのブログにお気づきになられたときに
時間や喜びや悲しみを少しでもシェアしたいと思っていた気持ちを
改めて伝えられたらと思えてです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」・「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、卒業生、一緒に時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも自分達で使い道を特定して
活用させていただきますのでご指定のほど、よろしくお願いいたします。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.