コウノドリ(2015)の第4話、大地くんの今:出生体重400g台のお子さん達のNICUフォローアップ外来の笑顔。。。

コウノドリ(2015)の第4話は切迫早産・超低出生体重児の
誕生を描いてくれたものでした。その時に400g台で生まれた
6日目だったさくたろうくんが大地くん役で出演してました。

ドラマでは大地くんが無事に退院できたかなどを描かれず、
視聴者の想像に任せる形で終了していました。

その当時のこと、ご家族、コウノドリ(2017)の
メイキング番組で語ってくださって居ますね。以下です。

世界で一番小さな俳優デビューだったと思います。

スライド13
コウノドリ(2015)から四年、下屋先生が助けたいと
叫んだ赤ちゃんの四年後のNICU卒業生のフォローアップ外来です。

スライド12
ニコニコと笑う、多くの人達に愛されて
成長してますね。
スライド11
小学校就学に向けての相談をご家族としながら
さくたろうくんの笑顔を応援し続けて居たいと思えて居ました。

下屋先生、サクラ先生、四宮先生、今橋先生、白川先生にも
いつか伝えたいペルソナNICU卒業生の今です。

スライド01
同じ日に外来で出会ったのはたくみくんとまおちゃんの
ご家族です。二人とも400g台で生まれたご兄妹ですね。


小さく生まれたからこそ、命の重さを大切に。。。

たくみくんをNICUでカンガルーケアしながら
<命の重さ>を感じますと語って居たパパさんの笑顔、
<命の重さ>を感じつづけ、ご家族で協力しながらできることを
し続けているご家族にいつも尊敬を感じています。

400g台で生まれてもこの15年間、救命率は90%を超えている
こども医療センターです。ただ、助かって当たり前とは思えず、
NICUスタッフも必死にできることを尽くしているし、ご家族も
できることを尽くした先に400g台で生まれてもみんなで讃えあえる
日が来るのかなと思えていることを出生前訪問でお伝えしています。
そういうお話をしたご家族とNICU卒業生のフォローアップ外来で
当時を思い出しながら、その時にできることを積み重ねられたらと
話し合っています。



2013年のテレビ報道に登場していた400g台で生まれたみらちゃんご家族。

スライド05
ご家族でNICU卒業生のフォローアップ外来に来てくれていました。
ご飯をいっぱい食べる、熱を出さなくなった、大きな音が平気に
なって来た。。。ママさんやパパさんの言葉の1つ1つに昔を
思い出しながら奇跡に思えていました。

スライド02
みらちゃんが書いて来てくれた手紙。

スライド04
運動会の動画を見せてもらい嬉しい気持ちでした。

みらちゃんも、ママさん、パパさんもそれぞれに色々なことが
あった9年間だったと思うけど、思い出しながら笑い会える日を
喜びたいと思えました。

みらちゃんを自分と一緒に担当してくれたのは
研修医時代の斎藤先生です。斎藤先生にみらちゃん、9歳の
手紙をお見せしたら、
スライド10
斎藤先生、ミラちゃんのご家族から退院時に頂いた
お手紙を見せてくれましたね。

スライド09
1年5ヶ月間、こども医療センターに入院していた
みらちゃん。

スライド07
その日々が詰まっているご家族の作った
アルバムですね。

スライド08
斎藤先生が机にずっと飾っていたというみらちゃんとの写真。

スライド05
この時から9年先の未来が今です。

スライド14
今、NICUで頑張っている赤ちゃん、ご家族、スタッフも
未来に笑顔で当時を振り返られる日が来ることを信じて、
日々、お互いに頑張れたらと思えました。

今週もそれぞれにお疲れ様でした。
それぞれに良い週末が来ることを願っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」・「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、卒業生、一緒に時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも自分達で使い道を特定して
活用させていただきますのでご指定のほど、よろしくお願いいたします。







関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.