前向きさや向上心を届けてくれる研修医。。。

5年前に新生児科の科長になった時の

目標を見返すことがあります。

NICU(新生児科)の科長としての挨拶講演


その中で

その中で院内の小児科研修医から新生児医療に関心を持って
くれるような教育も考えたい。全国各地から集まる新生児科
専門研修医に混じることで新生児医療に志を持つような研修医
を育成していきたいという話をしました。この時のスライドに
ジュニアレジデント時代の稲垣先生がいますが、今は診療の
中心に1人になってくれていますし、
スライド07
ジュニアレジデントの
指導をお願いしている勝又先生、
スライド09
今年の病棟の働き柱の一人の
江原先生を加えて、5年間で3名の院内の小児科研修医から
新生児医療に進んでくれた先生がいることに自分の目標を
叶えてくれて感謝を感じています。

特にこの2年間は大規模改築工事の喧騒の中で国内留学など
の希望が減る中でも診療を維持できたのは
他の小児病院のNICU研修経験がありつつ、
新生児専門研修医になってくれた西田・林・谷山先生の
3人と稲垣・勝又・江原先生の融合があってこそと感謝しています。
他のNICUを知るメンバーと神奈川こどもの他の診療科を知る
メンバーが半々になるのが一番いい研修環境かなと思える自分には
それが実現しつつあってそれぞれに感謝です。

そして、欠員が続く去年から今年、2名当直体制の維持は
崩壊スレスレでしたが、小児科後期研修医にもNICU当直に新たに
加わってもらうことを提案した自分でした。

他の小児病院は皆、小児科研修医がNICU当直に加わっている
現状を確認して、当院は伝統的にNICU当直に小児科後期研修医を
加えてこなかったこと、難しいんじゃないかという固定観念があるけど
短期研修医で他院からくる小児科後期研修医は当直に入ってもらうことを
考えると自分の病院の小児科研修医を当直に入ってもらわない現状に疑問を
感じて今年から加わってもらいました。西條先生と上原先生、サポート
してくれている勝又先生や稲垣先生、西田先生がその意義を教えてくれ
くれました。当直体制に入る中で昨年以上に新生児医療の経験は積めて
いる、10週間後の経験や知識はより多くなっていると実感します。

スライド1
リニューアルオープンして大幅増床した
状況になるとジュニアレジデントの当直は困難かもと思えていましたが
その困難かもをそうでないことを証明してくれたのが福田先生だったと思います。

スライド07
チームの一員として10週間、NICU診療に参加してくれていましたし、
自分の担当患者さんだけでなく、他の医師の担当患者さんになるかも
しれない赤ちゃん達の診療にも積極的に参加してくれていました。

新生児専門研修を受けるメンバーに小児科研修医レベルではなく、
新生児専門研修医と同等の存在になって来たと頼もしさを
感じていましたね。


スライド04
今週で研修終了で金曜日は送別会だったのですが
自分は緊急できた胎児診断のご家族へのお話を
産科医や小児循環器医と一緒に相談したり、
江原先生と勝又先生とともに新生児科としてどう
ご家族にお話しするかを相談して、お話ししているうちに
送別会に間に合わずでした。

スライド05
深夜にかかるNICUでつむぎちゃんご家族と時間を過ごせたのは
心地よい時間でしたが、リニューアルオープンをジュニアレジデント
して支えてくれた福田先生を送れなかったのは残念な夜でした。

送別の言葉で伝えようと思っていたことを
この場に残しておこうと思います。



自分にとっては昔、小児循環器研修を共にした
仲間の太田先生のもとで小児科研修したという福田先生、
そのご縁をありがたく感じました。

スライド02
患者さんのためにできることを尽くそう、研修医だからという
甘えがなく、なすべき診療をしっかりやれるようになろうという
責任感と向上心がある福田先生に思えていたことをお伝えしたかったし、

スライド2
NICUの経験が少ない小児科研修医がどんどん成長していく
姿は、NICUチーム全体に前向きさや向上心を届けてくれていた
ように思えます。

スライド04
リアルタイムに状況が変わっていくことがある新生児医療ですので、
考えながら動く、動きながら考える、先延ばしにせずできることを
していくという部分が自然と身についていることを心強く思えていました。

スライド26
NICUを離れても担当した患者さんとご家族に心寄せて
もらえたらと思います。

これからの小児科研修をNICUから応援していますし、
大変でないとは言えませんが、また、NICU研修にも来てくださればと
思えています。
スライド6
10週間の研修お疲れ様でした。

研修医や新人看護師さんはチームに初心や希望を
届けてくれる人達だと思いますし、
「先輩けなすな明日の自分、後輩けなすな昨日の自分」
医師も看護師も新メンバーを大切にできるNICUチームを
目指していけたらと改めて思えました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」・「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、卒業生、一緒に時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも自分達で使い道を特定して
活用させていただきますのでご指定のほど、よろしくお願いいたします。





関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.