ペルソナNICUをオマージュして:インカムをNICUでデモ中。。。

NICU・新生児病棟が広くなりましたし、個室も作りました。

元々、病床でなかった旧機材倉庫なども
新しく病床にしたこと、患者さん家族のプライベート空間も作るために、NICU
スタッフには視界が見えづらい場所ができているし、広くて、お互いに働く距離
が以前よりできて居ます。狭くて悩んでいた昨年までですが、「広くて大変」
「見えづらくて大変」いう悩みが生まれました。何かを目指して新しいことを
すれば新たな課題が生まれます、それに対応できるようになることで
医療はよくなっていくと信じています。

自分の部屋を考えると「狭い」よりは「広い」こと「個室がある」は悪いことではないので
「広い」「個室がある」で生まれるデメリットをぼやいて過ごすことより、
「広い」中での働き方を考えていけたらと思えています。

忙しい時ほど、試されている気がする。。。

で書いたようにめげず、ぼやかず、次を考えていけたらと思います。

blog_import_5d4a9244a8749_2019102510515150f.jpeg
当院の看護師さん達が指導したり、出演していた
ドラマ「コウノドリ」のペルソナ医療センターNICUで撮影している時に
制作スタッフがイベントホール、ホテルや結婚式場などで使われているような
インカムマイクを使って、別室のモニター室の監督さんやプロデューサーの
の指示をNICUでのアシスタントディレクターさん達がインカムで聞いて
ペルソナのスタッフに指示を伝えたり、
img_6_m-4.jpeg
ペルソナのスタッフの状況を質問を
聞いて、モニター室の監督さん達にアドバイスを求めるような光景が効率的、
かつ意思疎通が速やかに思えていました。ドラマの現場で学んだことです。


ペルソナパーカーに続いてインカムもオマージュできたらと
考えています。

老人医療施設などで<個室>が増えると若手看護師さん達が一人で看護することに
不安を感じる、インカムを使って先輩や別室の看護師さんに助言やサポートを頼むよう
にしてからストレスが減った、患者さんやご家族により適切な返事をできたり、医療
安全にもつながったといういくつかの新聞記事も読んで、この技術をご寄附のお金を活用
して導入できないかとデモをしています。

スライド1
昨晩からデモ機があります。NICUで1週間、新生児病棟で
1週間のデモする予定です。

スライド3
マイクの形が耳に入れ続けないで済むもの、手で触らないで済む
タイプ、ヘッドホン型などに変更して
いったほうがいいかなと自分も使ってみて感じています。

スライド2
一方で、見えない場所にいる谷山先生と勝又先生、斎藤先生
とPHSよりも簡単に意思疎通
できること、

スライド4
医師だけでなく、1対1でない複数で会話しながら診療できるなど
忙しい時の診療や指導で使える場面はあるように思えています。

スライド6
夜勤帯の医療チーム連携などに使えないかと思ってのデモ中です。
使い方を覚えた上で、少し工夫した上で導入すれば使い道があるかを
多くのスタッフに考えてもらえたらと思えています。

心エコー検査・分析や育児応援アプリなどの機器で感じていますが、
医療機器も人財と同じで足らないところばかり指摘しても成長できない。

技術は要望を出していけば必ず進化していく、いいところを見つけられず、
使えないと決め付けると何事も変わっていかないと思う自分です。

新しいことの使い道を前向きに考えることの中に
楽しさやイノベーションもをあるように思えています。

使ってみて、どうしたら<使えるチーム連携ツール>になるかを多くの
スタッフに考えてもらえたらと思えてのデモです。今回導入しなくても
いい技術になれば導入できたらと思えています。ご寄付のお金を活用する
のにいい案件の1つに思えています。

スライド26
忙しいからこそ、忙しさを緩和する技術開発をしていける
<新しいNICU>目指していけたらと思うので、
現状でなくてもいいと思わず、
ペルソナを越えていくことを目指して、
未来に向けての使い道を
共に考えてくれたら嬉しいです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、一緒に過ごす時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも活用させていただきますのでよろしくお願いいたします。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.