NICU兄姉面会と先天性横隔膜ヘルニアの術前管理:週刊モーニング「コウノドリ 〜新しいNICU編 〜」第9話

スライド2
現在、発売中の週刊モーニングの「コウノドリ」は
「新しいNICU編」第9話が掲載です。明日まで読めます。

スライド1
先天性横隔膜ヘルニアの術前診療と
NICUの兄姉面会の是非が描かれている物語です。

どちらもNICUでスタッフが話し合っている様子を
リアルに描いてくれている物語だと思います。

にお礼を伝えたい気持ちです。



の動画やブログ記事に
スライド04

明るさを届けてくれるNICU兄姉面会。。。

のように兄姉面会の様子を書き残していますが
兄姉面会は全国のNICUの5%前後でしか実現していないことです。

ペルソナ医療センターのNICUスタッフの議論は
どこのNICUでもあることなんだと思えています。自分達の
昔を見るようでもありました。

集中治療や感染対策が重要視されるNICUで当たり前ではないことで
是非がスタッフ内でも話し合われるなんとかしたいけど医療者も
不安のある兄姉面会だと思います。

医療者だけで実現できることでなく
患者家族の相互理解があってこそ実現できることなのかなと思えて
います。

スライド05
いおりくんのお姉ちゃん、NICUで弟君と一緒に
頑張っていましたが、先週は見かけないかなと思えていたら
スライド11
パパさん、風邪気味だから、いおりくんにもNICUで
頑張っている他のお子さんにうつしたら申し訳ないから
ママさんとお家で留守番とのことでしたね。

スライド12
人工呼吸器管理しながらのカンガルーケアでしたが、
パパさんだけで面会に来て長い時間、カンガルーケアしている
ことに驚きつつ、
スライド13
いおりくんによかったねえと思えていました。

スライド09
週末にお姉ちゃんが家族コーナーにいるのを見かけて、元気になった?
と聞いたら、ピースサイン、これから面会に入るといっていたお姉ちゃん、
パパさんは微妙な表情だなと思えていたら。。。

スライド08
NICUでいおりくんに面会中のママさん、まだ、風邪気味だから
兄姉面会はやめておきますという言葉。

二人のお子さんの体調を考えて兄姉面会などをしていく
ご家族の判断を信じている自分達の兄姉面会の解禁のこの5年でした。


先天性横隔膜ヘルニアの診療ですが
当院は日本の中でも先天性横隔膜ヘルニアのお子さん達の診療が
多い周産期センターの1つだと思います。2019年は9月までに
7名の赤ちゃんの診療をしていて、今年も10名を超えると思います。

スライド02
今年は7名中の3名は胸腔鏡手術で手術しています。

スライド03
重症でない赤ちゃんには長期的な合併症の軽減を目指しての
胸腔鏡手術をしていますが10名を超えたのでそのふりかえりを
先週の週末は産科・新生児科・小児外科の有志で集合して開催でした。

産婦人科・小児科・小児外科・麻酔科に関わる様々な職種の
チーム医療が必要な先天性横隔膜ヘルニアの診療です。

スライド01
患者さんの診療を振り返りつつ、
胸腔鏡手術の手術をより多くの患者さんに広げて
いこうとその手術適応をみんなで意見交換しました。

先天性横隔膜ヘルニアは最重症の赤ちゃんは救命が難しいのも
現実ですが、重症度に幅はあるのでより合併症の少ない救命の
仕方も合わせて考えていこうと思います。

自分のフォローアップ外来、超低出生体重児の次に
多いのは先天性横隔膜ヘルニアのお子さん達です。
スライド04
げんちゃんご家族。

フォローアップ外来で手術の先のことを外科の先生達と
一緒に見守らせてもらっています。

スライド06
たけるくんご家族。それぞれの術後の経過や
成長や発達、就園や就学を応援しています。

どんな術前術後管理がいいのか
どんなタイミングで手術をしたらいいのか、
どんな手術法がいいのかを長期的なお子さんの生活の様子からも
外科の先生方と一緒に考え続けています。



そんな先天性横隔膜ヘルニアの初期診療の様子を丹念に
描いてくれているコウノドリ「新しいNICU編」、
鈴ノ木先生や講談社の皆様に感謝しながら
多くの方にご覧頂ければ嬉しく感じます。

ご感想などお寄せくだされば心強いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9月リニューアルオープンしたNICUの動画(2分)、下記です。




引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、一緒に過ごす時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも活用させていただきますのでよろしくお願いいたします。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.