台風の日、すき家とNICU。。。

スライド01

台風迫るこども医療センターのある横浜市南区。

スライド02

弘明寺商店街のシンボル、弘明寺観音も普段の休日と
異なり、

スライド03

閑散としていますね。

スライド04
休日は賑わう弘明寺観音も臨時休業のお店がほとんどです。
そんな中、店内満員、お土産待ちも多数だったのは
スライド05
すき家です。店内2人の店員さんが頑張って仕事しているのが
見えました。空いてて心強い灯りに思えました。

5年前に書いた以下のブログ記事を再掲します。

「すき家,深夜1人勤務や24時間連続勤務の解消を」と『NICU、深夜1人当直解消と24時間連続勤務の解消を(2014年)


NICUを2名医師当直制のできる新生児科医の増員を要望していた頃です。
今のメンバーには当時の
様子とともにこういう要望があっての今ということをシェアしてもらえたら
と思えて上記の記事の再掲です。

すき家とNICUは似ている
すき家が夜間2名勤務の要望が出ていると同じようにNICUも医師2名体制
にしたいということを各所で伝え続けていました。
こども医療センターは院内外からの当直体での入院が半数以上で
1名当直体制では入院対応に追われると皆が残りがちになるので
2名当直体制できる人員確保が継続可能な勤務体制につながると
思えていました。すき家のニュースを例に様々な人たちに要望していた
この頃です。本日のすき家を見てその当時を思い出しました。

院内外の理解を得て、

リニューアルオープン・増床につき、
5名の新生児科医の増員となり
人探ししていましたが、今は3名欠員で働いてくれる人を常に探して
いましたが、来年以降はなんとかフルメンバーになれそうでこの時の
要望が実現しつつあるのを感じます。

そして、台風迫る
スライド06
本日のこども医療センターです。
スライド07
普段は600名の外来患者さんが
毎日あるフロアも休日なので元々休みで閑散としてます。

スライド10
休日も休みにはできないNICU・新生児病棟は休日当番の医師や看護師さんが
普段通り、NICUに立てこもるように働いています。

スライド12
台風迫る中、保育器のそばで優しくお子さんを見つめる
パパさんの背中が素敵だなと思えました。

スライド11
治療が必要で病院に居ざるを得ない赤ちゃん達の治療をしながら、
台風で面会が難しいであろうご家族の代わり看護師ながら育児
もしてくれています。

スライド3
面会に来れないご家族にも安心してもらえたらと思える
看護師さんたちが穏やかに子供達の育児の代わりもしてくれている
と思います。

お家で赤ちゃんたちの心配をしているご家族にお伝えできたら、
安心してもらえたらと思えます。

スライド2
昼で運休になる電車やバスのために夜勤スタッフが昼に皆
出勤して時間まで院内で休んでいると聞き、それぞれを讃えたい
と思えました。

スライド1
日勤スタッフも帰宅困難確実になります。
こういう勤務を笑顔で取り組んでくれているスタッフを讃えたい
気持ちでした。

それぞれを理解して応援してくれているスタッフそれぞれの
家族や周囲も伝えたい働いたい様子でした。
でもお話ししましたが、170件を超えるご寄附の中に、
にスタッフの職場環境の向上や休息に使ってくださいという
指定寄附も多かったことは、こういうNICUスタッフの頑張り
に気づいてくれている人たちも多いし、応援してくれている
人たちがいるのだと思えています。スタッフの働きやすさや
休養環境を作るのに活用を目指しています。(看護師さんたち
はすぐに自分たちのことより、赤ちゃんとご家族のために使い
たいという看護師さんが多いのがこども医療センターだとも
思えている最近です)
まだまだ、ご寄付の使い道、適宜報告していきます。

スライド13
「コウノドリ」新しいNICU編がモーニングで掲載されていて
読みたいけど、モーニングを買うのが少し躊躇われて単行本に
なるのを待っていると話してくれた看護師さんがいたので講談社
の皆様に送ってもらっている医師医局のモーニングを看護師さん
たちの休憩室に移動した本日でした。勤務の前、後に読んでもらえたら
と思いました。

スライド09
病院で働く人がいる限り、休日は作らないとポリシーの
こども医療センター広浜食堂、本日も空いていました。当直の
勝又先生、広浜食堂が開けてくれていることに心励まされたと
伝えてくれました。

スライド08
こども医療センター事務系職員の皆様も休日出勤と宿泊して
くれているメンバーがいることを知りました。不測の事態に
備えているということでした。

財政難の叫ばれる神奈川県、神奈川県立病院機構の中、
声高に待遇の向上などを主張もせず、子供達とご家族のために
働いている職員がたくさんいるのを感じるこども医療センターを
改めて感じました。

スライド1
台風の中でこども医療センターが入院して頑張っている
赤ちゃんや職員のことを多くの方に心寄せてもらえたらと思える
台風迫るNICU・新生児病棟です。

そして、台風の被害が少なく済むことをNICUから願って居ます。
台風の中で役目を果たしている皆様、それぞれにお互いに頑張りましょうという
気持ちです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。

税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、一緒に過ごす時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも活用させていただきますのでよろしくお願いいたします。









関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.