「心研の言葉」の受け継ぎたい。。。

スライド32

「今日をつなぐ新生児医療」

:医学生・初期研修医のための第2回がっつり新生児セミナー in 神奈川のご報告 

で心エコーのレクチャーを2つ担当しました。

スライド03
忙しい中、休日に
セミナーを手伝ってくれた
林先生が撮ってくれた写真です。
林先生の気遣いを優しく感じました。

スライド04
医学生や初期研修医の人達に赤ちゃんのエコー検査に
関心を持ってもらえたらと思ってお話しました。


スライド22
3次元エコーの動画を見せたら
スライド02
感嘆の声と笑顔の
先生がいたことを嬉しく思えていました。

スライド01
がっつりセミナーのグループワークの間、村瀬先生の
会場の昭和大学横浜市北部病院のNICUの赤ちゃん達の
エコー検査のご依頼を受けました。グループワークの
前半の間、北部病院のNICUに往診させていただきました。

セミナーの運営とNICUで入院が沢山きていて
臨床を両立しようとしている先生方の心意気を感じるNICUでした。

スライド06
小児循環器や新生児の心機能に関心があるという氏家先生と
石井先生に案内してもらいながら、そういう志望になる
先生方が多い昭和大の文化を素敵に思えました。

スライド07
昭和大学横浜市北部病院で小児循環器のリーダーだった
先生は自分が小児循環器学の臨床をしていた東京女子医大
循環器小児科(心研)の先輩であり、先輩の後輩達と一緒に心エコー
できることをディスカッションができてすごく興味深く
感じる時間でした。

ディスカッションしながら、しっかり心エコーして指標などを
とるから疑問や矛盾にぶち当たりどうしてこうなるんだろうと
いうことを質問してくれる昭和大学横浜市北部病院の先生達と
話し合える時間、自分も気づきのある時間でした。

スライド05
新生児や小児循環器、心機能に興味が
あるという氏家先生達のような若者が沢山いることを心強く
思えました。

また、こんな風に意見交換できる日が来ればと
思える皆様との時間でした。

スライド09
がっつりせみなー2次会で3次元エコーなどに感嘆してくれていた
研修医の先生とお話したら、小児循環器医志望ということ
学生時代に出会った小児循環器医に憧れてということです。

スライド08
その尊敬する先生の写真を見せてもらったら
自分が一緒に研修した石井先生でした。

当時は深夜までエコーしたり、カテデータの整理を
したり修行と思える日々を一緒に送った先生が医学生さん
が憧れて小児循環器医を志すきっかけになっているという
ことに感動でした。


というブログ記事に小児循環器の研修をした頃
先輩や仲間、後輩と交わして胸に残っている言葉を
列挙したことがあります。今だとパワハラと言われる
言葉集かもしれませんが当時の研修の雰囲気を
感じてもらえたらと思います。

当時の先輩や仲間のその後輩の方々と
出会える喜び、それぞれの薫陶を受けた後輩が
各地に育とうとしていることを実感して懐かしく心温かく
感じました。

というNICUエコーラボを作りたい
という自分の願いを書いた総説がありますが、
以前、当院に短期研修してくれた三重の神谷先生と名古屋の
五十里先生が3次元エコーの研修医での精度管理についての
論文を書いてくれて、今月、新生児成育医学会に受理された
という報告を受けて嬉しい今月です。

自分のNICUエコーラボを作りたい、そこで新しい
診療を開発していきたいという願いを叶えてくれた
神谷・五十里先生の短期研修医コンビに感謝です。

稲垣先生、西田先生、林先生といった当院にも
新生児の循環管理に精通したいという志を持って
集まってくれたメンバーが今もいます。


スライド10
日々の診療の中で新しい技術の習得や開発ができるような
NICUエコーラボ、
スライド12
新生児や小児循環器の心機能などが究めていきたいという
後輩世代の先生方がさらに集うような場所にしていけたらと改めて
思ったがっつりセミナーの1日でした。

本日もそれぞれにお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張っていきていきましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9月リニューアルオープンしたNICUの動画(2分)、下記です。



引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、一緒に過ごす時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも活用させていただきますのでよろしくお願いいたします。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.