グリーフシェアとは「心の寄り添い」:第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会の参加報告(その2)

スライド6

緩和ケアは<あきらめの医療>ではない:NICUのグリーフシェア:第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会の参加報告(その1)
の続き、(その2)です。

今晩は自分の後に講演されたえいき君ご家族から頂いた講演スライドを
この場所に掲載させていただきます。

時間ギリギリで新潟入りしたのですが、はじめてお会いしたえいきくん
ご家族でしたが、ツィッターやブログを見守ってくださっているということで
「新しいNICU」のことなども感想を伝えてくださり嬉しく感じました。

講演のスライドを事前に送ってくださっていたので、
自分が心強く感じる新生児科医の皆様が写っていて嬉しかったし、
自分が学生時代を過ごした大学病院や海がスライドにあってえいきくん
が過ごした時間が胸に響いたことをお伝えしました。

スライド13
講演はえいきくんのことをパパさんとママさんとえいきくんで一緒に
語っていました。

スライド15
会場の多くの方が心寄せているのを感じる講演でした。

講演スライドの一部をご了解の基で掲載させていただきます。斎藤朋子先生も
スライドに登場しています。

スライド01
スライド03
スライド04
スライド05
スライド06
スライド07
スライド08
スライド09
スライド10
スライド11
スライド12
スライド13
スライド14
スライド15
スライド16
スライド17
スライド18
スライド19
スライド20
スライド21
スライド22
スライド23
スライド24
スライド25
スライド26
スライド27
スライド28
スライド29
スライド30
スライド31
スライド32
スライド33



スライド23
大きな拍手で終えた講演でした。

講演の後はフロアでたくさんお話しさせていただきました。
臼田先生や小嶋先生、和田先生、自分と共通の知り合いである新生児科医の
先生方への感謝もシェアさせていただき、自分も心温かく感じ
ました。

スライド24
えいきくんの可愛らしさを讃えたいし、ご家族のこれまでに心寄せたいと
思えました。えいきくんのご家族の講演と自分の講演、ご家族、医療者と
立場は違えど、すごく相通じることを話していることをお互いに感じあえた
気がしていました。

家族も24時間一緒に 新たなNICU運用開始 神奈川(NHKニュース9月2日)
リニューアルオープンしたNICUの上記のニュース動画をみての期待を伝えてくださり
それも心強く、ありがたく思えました。

えいきくんのママさんとパパさん、はじめてお会いしたのですが
なんとなく、ご縁を感じました。
スライド25
えいきくんがくれたご縁なんだと
思えました。

スライド26
新潟まできてよかったと思える出会いに感じました。

摂食嚥下リハビリテーション学会の報告(その3)を後日書き残したいと
思います。

こども医療センターで赤ちゃんの死を見届けたご家族の想いを
たくさん掲載してくださった

の本や
赤ちゃんの死は「負け」じゃない。NICUや死産の現場に流れる濃密な時間(BuzzFeed News 2018年10月16日)
の記事もありますが、「新しいNICU」でこの先を多くの方と考えていけたらとも
思います。

明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張って生きていきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。

img_0_m-82.jpeg
ご寄附による応援のお願い:こども医療センターNICU

かながわ県立病院小児医療基金のご案内

かながわ県立病院小児医療基金クレジットカード寄付フォーム
が追加されました。

クレジットカードでこども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附としてくださればNICUに入院する赤ちゃん達、一緒に過ごす時間を大切に過ごすご家族たちの応援、スタッフの人財育成のためにも活用させていただきますのでよろしくお願いいたします。







関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 4

There are no comments yet.
a.fukamachi  
はい、素晴らしい時間でした!

豊島先生
お忙しい中、お疲れ様でした。
先生のご講演はもちろんのこと、ご家族のご講演も本当に勉強になりました。
ご家族の想いや辛さはスタッフがどれだけ考えたところで到達できないことだと思うのですが、今回のようにお話いただけると・・・より想いを馳せることができるように思いました。
これだけの大きな学会で同じように思った医療スタッフと想いをシェアできたらいいと思いますし、いろいろな場面で話し合っていきたいと思いました。
スライドもとてもわかりやすく、読み返すことができ、素敵な写真を再び見ることができたので・・・とてもありがたいです。
えいきくんたち・・・空のお友達からわたし達は難しい宿題をもらっているように思います。
オトナもがんばります!

  • 2019/09/08 (Sun) 20:27
  • REPLY
えいき母  

豊島先生
先日はお世話になりました。えいき母です。
このような形でブログに登場させていただき、えいきもきっと喜んでいるはずです。
一生懸命生きた時間をこうして振り返ると、えいきをより愛おしく感じ、えいきの軌跡を沢山の方々に伝えることができて、最高の息子自慢をさせていただいたと感じております。
また、この会を通じて、お世話になった先生方を通じて、豊島先生と繋がれたことは本当に嬉しく思います。
このご縁を大切に、私達家族にできることを少しずつでも実践できたらと思います。
またどこかでお会いできたら嬉しいです。
NICUでがんばる子どもたちやご家族、沢山のスタッフの方々を心から応援しています。

  • 2019/09/09 (Mon) 14:58
  • REPLY
豊島  
To a.fukamachiさん

メッセージありがとうございます。大きな会場でNICUのことやNICUで感じて来たことを誤解を怖れずに率直にお話ししたつもりですが、摂食リハビリテーション学会にお集まりの皆様がどう感じたかは気になるところでした。講演の後、fukamachiさんにお声かけいただき、心支えられる想いでした。新しいNICUでより良い新生児医療を目指していきたいと思っています。摂食は<生きる>ことに直結していることだと学会に参加して改めて気づかされました。今後とも地域でご連携のほど、よろしくおねがいいたします。このブログにもメッセージお寄せくだされば心強いです。

  • 2019/09/10 (Tue) 10:26
  • REPLY
豊島  
To えいき母さん

メッセージ嬉しく感じます。えいきくんのくれたご縁に感謝です。神奈川こどもの仲間もえいきくんご家族のスライドに共感の感想を伝えてくださいました。
えいき母さんとお話しして、ブログとかツィツターとかで会ったことのないNICU卒業生ご家族に少しでも支えになっていることもあるのだと教えていただいた気がします。ありがとうございます。
 えいきくんの命は意味は続いていると思えています。それはえいきくんを知る人達がその先をどう生きていくかでも変わっていくのだと思います。えいきくんを知った人間の一人として自分もえいきくんと共に生きていけたらと思います。また、いつかお会いできる機会を楽しみにしています。今後ともメッセージお寄せくだされば心強いです。

  • 2019/09/10 (Tue) 10:33
  • REPLY