週刊モーニング「コウノドリ」:「新しいNICU編」第3話

blog_import_5d49fe32c13e5.jpeg
コウノドリの鈴ノ木ユウ先生のNICU訪問(夢を叶えても、初心や感謝を見失わない人の素敵さ)
の鈴ノ木先生や

blog_import_5d49faad224e8.jpeg
コウノドリ講談社漫画賞受賞記念パーティーに参加 (チームコウノドリの同窓会)
原作漫画を作る皆様とのご縁や交流、
心励まされてきました。原作漫画があったからこその
ドラマでのご縁など人生の恩人に思えている
鈴ノ木先生です。

190828301.jpg
講談社から昨日、郵送いただいた
本日発売の週刊モーニング
今週は

190828302.jpg

コウノドリ:今橋先生と新井先生の
再会編の第3話、サブタイトルが
「新しいNICU編」の第3話になっている
事に改めて気づきました。

タイトルに込められた鈴ノ木先生の
想いに気づき、出会いに改めて感謝・感動
でした。

そして、
今週号の最後、自分も大きな衝撃を受けました。
物語の行方を多くの方と見守っていけたらと思います。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 3

There are no comments yet.
NICUサポートプロジェクト  

> 内緒でメッセージくださった方、メッセージに感動しました。メッセージの中のご家族に内容を転送しましたが、上記のメッセージに共感したり心救われたり、共に生きようとする人達、現在・未来にいる気がして、もしよかったら支障のない範囲で内緒にせず、再送してくださればとも思えました。素敵なメッセージありがとうございました。
(2019/8/29(木) 午後 7:23)

  • 2019/08/30 (Fri) 09:55
  • REPLY
mac*t*0318  

熊本の仁くんファンです。
以前、仁くんのご両親から私のブログの感想が心の支えになっているとお聞きしてうれしく、どう返事を書こうかと思いながら書けずにいました。
いつも仁くんを見ていて思うのは「一生懸命に生きていて、小さな体のどこにこんなバイタリティがあるのかしら?」ということです。心臓のご疾患がありながらもQOLの充実を第一に(仁くんファーストで)ご両親が選んだ毎日を仁くんなりに生きている姿には感銘を受け続けています。
少し自分の話になることをお許しください。私は数年前に乳がんの診断を受け、手術・化学療法を段階を踏んでホルモン受容体の吸収を阻害する投薬治療をしていました。ただ、その過程で日常生活に若干の不具合があり、休薬をしています。QOLを優先していても再発や転移のリスクも考えざるを得ません。それでも選んだ道だと思い、過ごしてきました。
そんなときに「コウノドリ」で仁くんを知り、先生のブログでかわいらしく元気に成長している姿を拝見し、思わず自分と重ねてしまいました(共通項は”QOLを優先して生活する”でしょうか)仁くんも様々なリスクもありながら、自分らしく生きられる道を探してきた。
不安もありつつ健気な姿で周囲を温かい気持ちにしてくれる仁くん。
毎月見ることができる様子に勝手に親近感を覚え、自分も励ますつもりで仁くんへのエールを送っております。
ご両親が身に余るような言葉を下さってありがたく感じると同時に、ただただ「仁くんがかわいい」としか綴ってこなかった気がしています。
鈴ノ木先生の「コウノドリ」のご縁でブログにたどり着き、日々、励みになったり心を温めていただいたりしています。今月以降のことは考えたくありませんが、最後の投稿になるかもしれないと思いかかせていただきました。
願わくば、別の場所で先生のブログ(あるいは別の形でも)にお目にかかれますように♪
(2019/8/29(木) 午後 7:41)

  • 2019/08/30 (Fri) 09:57
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト  
To mac*t*0318さん

>熊本の仁くんファンさん、メッセージありがとうございます。苦難と思えることに向き合う姿は誰かの<希望>になるということを実感しました。これまで素敵なメッセージをくださる熊本の仁くんファンさんはどういうかたなんだろうと仁君ご家族とずっと気になっていました。想いを伝えてくださりありがとうございます。<別の場所>で仁君ご家族のお返事を掲載させていただきますので、今後とも共に生きてくだされば心強いです。ありがとうございました。
(2019/8/31(土) 午前 11:03)

  • 2019/08/31 (Sat) 11:59
  • REPLY