NICU引っ越し前日:それぞれの人生を応援していたい。。。

190827222.jpg
引越しの日:広くて大変になるけど、 みんなで成長すればより良い医療が出来るはず

190827201.jpg
引っ越し前日に戻ります。

190828201.jpg
仮設NICUから最後の退院ご家族の笑顔です。母様、
祖母様たちの笑顔が皆、素敵に思えました。

祖母様のお一人、
22年前に母様としてこのNICUで時間を過ごした時に担当させて
いただきました。

母としてNICUで長い時間過ごした22年先の未来に
お孫さんとご両親を支える祖母様としてNICUにきてくださった
ご縁を感じます。同じ場所で働き続けてきたからこそのこういう
時間を幸せに感じました。

ご家族のそれぞれの人生を応援していたいと
思えました。ありがとうございます。

190828202.jpg
NICU卒業を自分も立ち会えてうれしく感じました。

190828203.jpg
そして、

190828204.jpg
翌日の患者さんの移動の打ち合わせの風景です。

190828205.jpg
その横で

190828206.jpg
こども医療センター職員にお声掛けした内覧会を開催でした。
多くの部署の方が稼働直前のNICUを見にきてくださり
心強く思えました。

院内内覧会を終えた後は

190828207.jpg
土曜日の
<寄付してくださった皆様への内覧会>

190826101.jpg
日曜日の
<県の医療・行政・立法の関係者への内覧会>
での自分の講演を

190814201.jpg
として再演させていただきました。
希望していただいた
全国7箇所のNICUを遠隔配信しながらの
講演会でした。

190828208.jpg
26年間可動してきたNICU病棟でしたが、
10年先、20年先の周産期医療や新生児医療も意識して
設計から完成まで5年間かかりました。

190828209.jpg

190828210.jpg

190828211.jpg

190828212.jpg

190828213.jpg
院内外の多くの方の応援があってここまで
きたことを感謝を込めてお話しさせていただきました。

190828214.jpg

190828215.jpg

190828216.jpg

改築のビジョン、多くの皆様の応援や支援をご報告しつつ、
どんな建物ができてどんな医療を目指したいかという
部分を講演させていただきました。

様々な部署、様々な職種の皆さまが講演を聞きに来てくださり
心強く思えました。

190828217.jpg
院外、遠隔配信で聞いてくださつた皆様にも
改築に込めた想いが伝わればと思いながらお話ししていました。

190828218.jpg
自分の指導医である川滝先生がこれまでの様々なことを
思い出しつつ、想いや願いが詰まったような新しい病棟に
感動の気持ちを伝えてくださったり、

190828219.jpg
途中、様々な障壁もあったり、大変な時期もあった
<居ながら改築工事>を支援してくださった森内副院長の
こども医療センター職員全体を讃えてくださる言葉に感動しました。

改築はゴールでなく、スタート。
不安は大きいけれど、これまでの課題を乗り越えられる機会かもしれない。
いいところを探しながら、課題は皆で乗り越える方法を探しながら
新しいNICUを作っていけたらと思えていることを
院内外の応援の皆様に感謝を込めてご挨拶させていただきました。

190828220.jpg

講演会の後はチーム遠隔の皆様と反省会と
次回に向けてのテストです。遠隔講演会から
遠隔医療も目指していきたい自分であり、チーム
遠隔の皆様の存在に感謝しつつ、よりよい方法を
相談しました。

引っ越し前日ですが3日連続の内覧会と講演に
かってない疲労困憊感はありますが、明日、
たどり着けないかもしれないと思うこともあった
新NICUヘの引っ越し、夜があけて朝が来るをの
信じたい気持ちで終えた夜でした。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.