引越しの日:広くて大変になるけど、みんなで成長すればより良い医療が出来るはず

190827201.jpg
5ヶ月間過ごした仮設NICUにしていた新新生児病棟に
掲示していた引っ越しまでのカウントダウン。

190827202.jpg
本日が引っ越し当日でした。

190827222.jpg
本日、新NICUに引っ越しました。9月1日までは他病棟に散っている
メンバーが復帰するまでは病床数は変わりませんが、新しい場所での
診療を開始、9月1日にフルメンバーに揃ってリニューアルオープンです。
引っ越し前の記念撮影でした。

190827203.jpg
交代勤務なのでメンバーを変えながら
9月1日のフルオープンの日まで
こういう写真を残していけたらと
思います。

190827204.jpg
仮設NICUにしていた新生児病棟(GCU)での
診療最後の日、狭かった分の働きやすさもあったかもしれません。
この場所から

190827205.jpg
午前中かけて1名1名順番に新しいNICU病棟に
移動。

190827206.jpg
フルオープンではないので病棟内各所に散る感じですが
新しい場所での診療のスタートです。

新しい場所で前向きな笑顔で取り組んでくれる
看護師さんたちに感謝でした。

190827207.jpg
この日をみんなで迎えられたことに安堵と喜びでした。

190827208.jpg
この2年間、共に工事を乗り越えてくれたメンバーに感謝しつつ、
工事の最後を無事に終わらせたい、喜びと緊張がある1日で
疲れた気がします。

190827209.jpg
以前、自分が座っていた場所から見える景色も変わりました。
この場所で、これまでできなかった医療をみんなで目指せたらと
思えます。

190827210.jpg
旧機材庫だった場所の新しいNICUです。

190827211.jpg
家族滞在型NICU:カルガモルームの半分だけ稼働開始です。
アメニティーなどはご寄附でできたお部屋な気がするので
写真でてもいいというご家族が入室してくださった暁には
その様子や感想をいつかご報告できたらと思えています。

190827212.jpg
各病床をこれまでの1.5倍から2倍近くに広げたし、
6床増床したし、広さを実感する朝でした。

190827213.jpg
各保育器に設置したカンガルーケアチェアの座り心地を
確かめる江原先生。面会のたびに椅子をご家族が運ぶのではなく
いつきても椅子がある、いつきてもいいし、いつまでいてもいいですよ
という想いを込めた椅子です。

広さは診療のしづらさはきっとあると思います。
医療者の働きやすさを改善したというよりは、新たな挑戦で
ご家族の居場所を作る、それでも成績を下げずに診療できる
チームになりたいという自分たちが新たな成長を信じての
今回の改築です。

190827214.jpg
カンガルーチェアに座るゆめちゃんのパパさん

190827215.jpg
お母さん、

190827216.jpg
内覧会の時に椅子に座るまでNICUに入院しているお子さんたち
が多いのかと勘違いされた幼児用の椅子に座って嬉しそうな
おねえちゃんとゆめちゃんの姿をみて集中治療の場所だけではない
家族も赤ちゃんと共に過ごせるNICUを改めて目指したいと思えました。

190827217.jpg
夜のNICU、稲垣先生と江原先生
の二人が最初の夜の当直ですね。この場所が
二人の医師生活の活躍の場になれば、その最初の
夜になればと応援したいと思いました。

190827218.jpg
夜は窓からの夜の風景とベース照明をなしにして、
必要な場所だけに
スポットライトで照らします。今までは
処置などがあると周辺が明るくなっていたのを
無くしたいと思います。

そのスポットライトの
の稼働をチェックしてくれている江原先生です。

190827219.jpg
引っ越しの最中にオペ出し手術、
手術後管理の夜でしたが、
皆で手術も成功を祝いつつ、
エコーなどの検査もしやすくなったことを
実感しました。

190827220.jpg
慣れない病棟で初の夜勤看護師さんたち。

190827221.jpg
慣れるまで、そしてよりよい活用法が共通認識になる
まで大変だろうけど、新しくなっていいところをお互いに
気づきながらいけたらと思えました。

万歩計つけてきたらよかったという笑顔の看護師さんや

の動画をみて、頑張ろうと思ったと伝えてくれる新加入の看護師さんたちの
笑顔に仲間を癒しをいただいた新しいNICUの引越しの夜でした。

190827223.jpg
新しいことは大変なこともあるけど、
みんなで大変だからこその新たな発見を
見つけていけたら、前よりよりよい医療を
実現していけたらと思える夜です。

皆様、それぞれにお疲れさまでした。
明日もみんなで頑張っていきましょう。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
ひかり母  

豊島先生
今日のブログ読ませていただいて感動してしまいました。こんな歴史的な瞬間に立ち会わせていただいて、恐れ多い気持ちです。
新NICUを見せていただいたとき、家族にとってなんて素晴らしいんだろう、新しい命を困難な中で授かった新しいパパやママが少しでも前向きになれるために考えられたんだな、と思ったんです。10年以上の時の流れを感じました。
でも同時に広くなって、今までは振り返ればとなりのベッドだったのに、スタッフの方はたくさん歩いて赤ちゃんを見なくてはいけなくて大変だな、、、と思ったんです。でも先生方やスタッフの方々には、大変になるであろうことも想定した上での改築だったのですね。
今までのNICUでもとても素晴らしくて我が子がそこにいられたこと大変誇りですが、今日のブログ拝読して、「もしかしたら歴史が大きく変わるときってこんなふうに一歩踏み出そうとする方々の勇気と英知によるのかもしれないね。医療の世界の歴史も人の歴史もそうなのかもね。」と、娘と話しました。感謝、感動です。お忙しいと思いますがどうかスタッフの皆様また新しい世界を見せてくださいませ。
(2019/8/28(水) 午後 7:05 )

  • 2019/08/29 (Thu) 15:06
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト  
To ひかり母さん

> ひかり母さん、新しいNICUの広さに自分も含めて皆、足がパンパンになる気もしていると思います。医療者の働きやすさを高めるのではなく、ご家族とともに赤ちゃんを見守る場所にしたかったのがコンセプトです。「もしかしたら歴史が大きく変わるときってこんなふうに一歩踏み出そうとする方々の勇気と英知によるのかもしれないね。医療の世界の歴史も人の歴史もそうなのかもね。」という言葉、今、広さの中に慣れようとしてくれているNICUスタッフみんなでシェアできたらと思えました。励ましありがとうございます。
(2019/8/30(金) 午後 7:15)

  • 2019/08/31 (Sat) 00:10
  • REPLY