10年前からの願いを叶えるNICUに出来たら。。。:「NICU寄附へのお礼の会」を8月24日(土)に開催:寄附の使途をご報告したい。。。

190818101.jpg
NICUリニューアルオープンへの
多くの皆様の御寄附があって設置できた
プロジェクションマッピングを
みにきてくれていたNICUに
2年5ヶ月入院していたかいちゃん。

190818102.jpg
プロジェクションマッピングの動画を喜んでくれる笑顔に
再会できて心温かく感じました。

NICU看護師さんたちとも再会で
懐かしさと成長を讃えられていましたね。

かいちゃんのママさん
190814203.jpg
「NICU寄附へのお礼の会」を8月24日(土)に開催決定。。。

も楽しみにしているとおつたえくださり、ご寄附のお礼を
直接お伝えさせていただきました。ご寄附の活用法を
新しいNICUに入ってもらいながら直接ご報告したいので
24日、来てくださることを楽しみにしている気持ちをお伝え
しました。


空っぽの会にも

190818103.jpg
空っぽの会の時は小学校の卒業式終えて参加してくれていましたが
NICUで長く時間を過ごしたかいちゃんご家族にも
生まれ変わるNICUをシェアしていただけることを
心強く感じています。

NICUの慢性的な満床状態、ベッド不足が社会問題化
した頃、NICUに駐機入院していたかいちゃんご家族と
一緒に受けた取材の記事が以下です。

190818104.jpg

わたし」たちはどこまで命を救う― 特集「新生児医療“声なき声”の実態」番外編・下 (キャリアブレイン2009年3月4日)

この記事が反響大きく、
190818105.jpg
救児の人々 ~ 医療にどこまで求めますか (ロハスメディカル叢書 1)
の出版につながりました。

出版の時の刊行の言葉は
以下です。この本を新生児集中治療室と重心障害者施設で
一緒にインタビューを受けたことは自分にとっても様々な
気づきをもらった機会でした。

190818106.jpg
img_7.jpg

上記の本で
伝えきれなかったことを伝えようと思ったのが
img_8.jpg
がんばれ!!小さき生命たちよ
の本でした。この出版にあわせて
村田さんが解説してくれたのがこのブログです。

この2冊の本の10年後の未来が今です。

img_9.jpg
こういう積み重ねの先にある
リニューアルオープンのNICUのスタートを
多くの方とシェアできることを楽しみにしています。

NICU卒業生のご家族でもある
レフレールの斎藤守也さんも新しいNICUの中で
ピアノ演奏してくださる予定です。

NICUや新生児科指定のご寄付をしてくださった皆様に
準備ご案内状を送っていますが、届いていないようでしたら
ktoyoshima@kcmc.jpまでご連絡いただければ幸いです。
ご確認させていただきます。

24日までのクレジットカードなどで
新生児科指定のご寄付いただければ、会のご案内を急ぎご連絡
いたしますので、どなたでもご寄付歓迎です。

こども医療センター全体にご寄付してくださっている方
昨年12月にウィッシュリストでアマゾンからプレゼントを
お送りくださった方

上記の会にご参加をご希望してくださる皆様にも
ktoyoshima@kcmc.jp
ご連絡
いただければ、ご確認の上、
ご案内状をお送りさせていただきますので
こちらもご参加歓迎です。



本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張って
生きていきましょう。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.