ブログの感想を伝えてもらうこと。。。

19080801.jpg
窓からの太陽の光が入るようになった
新しい新生児病棟。NICUという閉鎖空間で生き続けてきた
ような自分にはこういう開放感が必要に思えていました。

19080802.jpg
工事期間は国内留学は少なく、2人当直体制などの維持も難しく
当直表組むのに1日がかりになる最近ですが、山口から急遽、
国内留学してくれた藤本先生の存在に改めて感謝です。
真剣にエコーしている姿を頼もしく思えました。

19080803.jpg
明るさと前向きさの相似形の江原先生と藤本先生が並んでいる
構図を見つけると思わず嬉しくなります。
19080804.jpg
なぜ、同じポーズ?と思える写真。
相棒感がありますね。

このブログ、9年間続いてきました。
自分なりに覚悟をもって続けてきたのですが
個人情報保護が厳しい現代に
こういうことをやっていいのか?というご批判や
苦言を病院関係者から受けてきました。

豊島先生が患者さんご家族が断りづらい状況で
患者さん家族は迷惑ではないかというNICU以外の
医療者もいました。
だから、
ブログの感想を伝えてくれた人にブログに出ませんか?
と誘うようにして、
こちらからはお誘いしていませんと言い続けてきました。

そして、NICUの患者さんで出てもいいと
言ってくれる人たちがいなくなったら
ご指摘通り、迷惑なことかもしれないから
やめますと公言してきました。

先週、ファミリーフォト以外で普段から、ブログの感想を
つたえてくれたり、でてもいいですよ
といってくれるのはたくちゃんだけの今だし、
たくちゃんの卒業も近いから、Yahoo!ブログ閉鎖とあわせて
ブログは終了でもいいかなと呟いたこのブログでしたが、

そのつぶやきの翌日から
blog_import_5d4ae4550ed0b.jpeg
巨大仙尾部奇形種・早産で生まれた赤ちゃんとご家族の未来。。。
のなつめさんご家族がブログを続けて欲しい、
すごく心支えられていた、だから
ブログ出ますと伝えてくれて嬉しく感じました。

誰が、ブログ読んでいるのかはわからない、
誰にどう届いているかもわかりづらい
のがブログであり
感想を伝えてくださることはやはりありがたいですし、
ブログを読んでいたと伝えてくださるだけでも
登場を誘ってもいいかもと思える機会になります。

さらに、
19080805.jpg
2ヶ月の月誕生日をむかえているゆめちゃんのパパさんが
「このブログ、ずっと読んでいた。励まされていた。
だから、ブログに登場したいし、ブログを続けてくだされば」

と伝えてくれました。

ゆめちゃんのパパさんの言葉を嬉しく
19080806.jpg
お写真を撮らせていただきました。
blog_import_5d4adf53a6f90.jpeg
先月のファミリーフォト
の写真が素敵だなと思えていて、ママさんやお姉ちゃんと
ゆめさんとの日常的な写真も撮影して仕事中のパパさんに
伝えられたらとも思えました。

なつめさん、ゆめさんのご家族の皆様、
このブログを大切に思ってくださりありがとうございました。
今後とも登場してくだされば幸いです。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張って
生きていきましょう。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 9

There are no comments yet.
mar*****  
No title

豊島先生こんにちは。先日は突然の訪問にも快くお話を聞いてくださってありがとうございました。
色んな意見があるブログかもしれないけど、入院中も今もこのブログを見て元気をもらっています。私達家族も入院している時はNICUが治療の場であり育児の場であったと実感してます。普段は仕事で面会時間がなかなか取れないパパもブログを見て、子供の姿が見れたり喜んでいました。私達がNICUに通っていたのは8年前ですが、今もその時一緒だった家族やブログを通じて知り合いになれた家族との交流がとても支えになっています。
私は難しい論文の内容はわからないですが、このブログを見て一緒に頑張ってきた子供達の成長や会ったことはないけれども同じような境遇の中頑張っている子供やその家族の笑顔にとても励ましをもらっています^_^

  • 2019/08/14 (Wed) 16:24
  • REPLY
ゆめぱぱ  

さっそく出させていただいてありがとうございます。ゆめが生まれて、色々思い悩んで落ち込んだり、涙していた時にこのブログを読み始めて、本当に救われました。先生や看護師さんが昼も夜もなくこども達のために頑張ってくれているのに、親である自分がしっかりしなくてどうするんだ、と。毎日更新を楽しみにしています。今後も続けていただけたら嬉しいです。

  • 2019/08/14 (Wed) 16:27
  • REPLY
ひかり母  

ご無沙汰しております。
ブログを書き続けるのが難しいこと、なんとなく想像します。わたしなら、諦めると思います。でも、豊島先生には続けてほしいです。豊島先生はリスクを考えてそれでもタフに行動してくださる先生だと思っているので。。。
ひかりも時々ブログに出させていただいて、個人情報などあらゆることにご配慮いただいた書き方をしてくださっていることを感じています。本人にも、家族にも励みです。
でも時々、親の判断だけで出していただいてもいいのかな、と考えることもあります(ひかりはもう自分である程度判断できる年齢ですが、小さな赤ちゃんの場合。。。)。ですが、NICUというある種閉ざされた空間の中で頑張っている小さな命(つまり病院以外で人に接することのない命)について発信されることは、その家族にとってどれほど大きな意味を持つことかと思います。
正解はないと思いますが、ブログを励みに、生きている方は多いかと思います。学校などでも、個人情報への配慮を重ねすぎて、お互いを理解しにくくなっている気がします(その良い面もありますが)。イマドキの感覚も大切ですが、生きる場所としてのブログ、続けてほしいです。長女が医者を目指しながら、ブログで発信される豊島先生の言葉にとても影響を受けています。豊島先生のブログを長女と読みながら、医者は理系が得意な人の仕事な気がするけど、医師になるには人の気持ちを理解して寄り添うことや、幅広い教養やバランスのとれた考え方が大切なんだね、などと会話ができるのはとてもありがたいです(豊島先生が食堂に行かれるときいつも本を持っていることを子供たちは知っています(^^)。そのおかげで高校選びも、偏差値や医学部合格者数ではなく、より幅広い教養や考えを身につけられる高校を、という視点で考えるようになりました。
ひかりも、早産児としての様々な苦手分野を感じつつ、それを受け入れるだけでなく客観的な情報として知りたいという年齢に来ています。中学では理科部に所属し、4か月お腹にいなかった時間はどういうことが起こっていたのか?を、部活の研究で調べてみたい興味もあるようです。そのきっかけはやはりブログかと思います。中学生レベルで入手できる情報は整理されすぎている中で、豊島先生のリアルタイムな情報はとても深みを感じるようです。
文字数制限にて。暑いですがご自愛下さい!

  • 2019/08/14 (Wed) 16:28
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト  

> mar*****さん、「普段は仕事で面会時間がなかなか取れないパパもブログを見て、子供の姿が見れたり喜んでいました。私達がNICUに通っていたのは8年前ですが、今もその時一緒だった家族やブログを通じて知り合いになれた家族との交流がとても支え」という言葉にそう思ってくれる人たちがいる限り、続けてきてよかったのかなと思えます。ありがとうございます。パパさん達の面会が増えたこと、学会などでは言いづらいのですがこのブログの効果あったと思います。<NICUの見える化>は大切かなとパパさん達に言葉に気づかされました。CD-ROMみました。心配しなくていいのかなと思いました。

  • 2019/08/14 (Wed) 16:29
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト  

> ゆめぱぱさん、メッセージ嬉しく感じました。ゆめちゃんとご家族の笑顔、NICUの風景の1つになりつつあると思います。その笑顔の支えに少しでもなれていたとしたらこのブログも嬉しいと思います。伝えてくださりありがとうございます。また、お写真載せさせていただきますね。

  • 2019/08/14 (Wed) 16:30
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト  

> ひかり母さん、素敵なメッセージありがとうございます。世の中、メーリングリスト、ブログからツィッター、facebook、インスタグラム、とどんどん文章で想いや考えを伝えることが減っていきますね。これからは動画なんでしょう。社会の中で廃れていくSNSなどは目に触れなくなるので、SNSの活用法なども時代とともに変わっていくしかないのかなと思えています。ただ、一言で言えないこと、一見ではわからないことを伝えるブログとか、本の役割はあるのかなと思えています。どう使っていくかは考えていますが、まずはこのブログは皆様のコメントあってのブログだと思うのでそれを残せないかどうかが大切かなと思えています。素敵なメッセージありがとうございました。お姉ちゃんやひかりちゃんの言葉も伝えてくださり嬉しかったです。

  • 2019/08/14 (Wed) 16:30
  • REPLY
ひかり母  

お返事ありがとうございます。
ひかりは今、学校の宿題で「自分史」を作っています。それで入院中の育児ノートや、このブログに載せていただいたことをプリントアウトして振り返っています。自分の経験はあまり大きな経験とは思っていないようなので、自分に起こったことの中で自分に影響を与えてくれた人との出会いを中心にまとめるのもよいかもね、なんて話しています。
言葉で伝える機会が減っている、、、それは確かかもしれません。でも我が家は本派です。リアルタイムな経験はブログ。手っ取り早く最新の情報を得たい時はネットです。文章や言葉は大きな力があることを常に子供達に伝えていきたいです。ひかりは豊島先生の文章にとても魅力を感じているようです。
お盆でNICUも賑やかなのではないでしょうか。赤ちゃん達もママパパも、ご家族の時間がよいときとなりますように!

  • 2019/08/14 (Wed) 16:31
  • REPLY
mar*****  

> NICUサポートプロジェクトさん
CD-ROM見ていただいてありがとうございました!心配で突然訪問してしまいすみませんでした。成長するにつれて新たな悩みや心配事も出てきますが、こうやって成長を一緒に見守ってくださる先生がいてくださって安心できます。本当にありがとうございました。

  • 2019/08/14 (Wed) 16:31
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト  

> よこはまおぐままさん、素敵なメッセージありがとうございます。内緒にクリックすると管理人しか見えずに残念なのでもし良かったら内緒にクリックせず投稿してくださるとさらに感謝です。
(2019/8/16(金) 午前 10:48)

  • 2019/08/27 (Tue) 13:51
  • REPLY