<赤ちゃんの死>を初めて悲しんでから25年後の喜び。。。


先月、NICUを訪ねてくれた医学生さん。


こども医療センターに集う、小児科や新生児科医になった
先輩達の言葉に耳を傾けていましたね。少子化の中、小児科や
新生児科に進んだそれぞれの動機や決断を自分も一緒に聴きながら
興味深く感じました。

この医学生さん、このブログにこれまでも
何度なくとうじょうしてくれています。

25年前に
自分が小児科研修医の一年目でNICUにまわったときに
指導医の星野先生と一緒に担当した赤ちゃん、初めて
<赤ちゃんの死>の悲しさを実感させてもらった


しょうたろうくんという赤ちゃんの妹さんです。
妹さんの分娩立会いした日のことも今を覚えているので
誕生を立ち会わせてもらった女の子が医学生になってくれています。

妹さんが医学生を目指したいと高校生の時に
NICUにきてくれたとき、医学生になったときなどの
こと、このブログにも残っています。以下です。





昨年は秋田に講演に招待された時に
医学生として参加してくれていました。


赤ちゃんの死を共に見届けたご家族に、その話を聞きながら
育った妹さんや弟さんが医療者を目指していることもあると話すことが
ありますが、そういうときにいつも思い出している女の子です。

医学生としてこども医療センターに見学に来てくれたこの日を
大変嬉しく感じました。


秋田で小児科研修した時に自分も仲間に思える先生方に面倒をみて
もらったという話を聞き、心温かく思えました。


広浜食堂で食事を二人でしていると途中から加わってくれた
川滝先生、川滝先生の卒業の秋田からの医学生と紹介しつつ、
お兄ちゃんの名前を出すと、川滝先生、お兄ちゃんのフルネームを
すぐにいい、星野先生が担当だったと当時の診療の記憶を正確かつ
詳細に妹さんに伝えてくれ居ましたね。
担当医ではなかつた川滝先生がしっかりお兄ちゃんのことを
記憶してくれていることに
「驚いたけど、嬉しい」という大木さんの表情が
<死しても生き続けている>
<医療者の中でも生き続けている>
ことを感じてもらえた気がします。

午後はこども医療センターのスクラブを借りて
直用。いよいよ、しょうたろうくんが診療を受けた場所に
妹さんが医学生として降り立っていることに感動しました。



月1回で研修に来てくれている細川先生や江原先生が
案内してくれていましたね。


医学生として小児科研修医の人たちの言葉を聞いてくれたらと
思いました。


こども医療センターでしんみりするのではなく、笑顔で
時間を過ごしてくれているのが嬉しく、そして、未来を託したい
気持ちになって居ました。


完成間近のNICUも見学、広さや明るさを共に喜んでくれて
嬉しく感じました。ここで働いてくれたら嬉しいだろうなと
思いつつ、
この周産期センターで生まれた女の子がこの周産期センターの
リニューアルオープンを医学生として喜んでくれることはこの場所で
働き続けて来た甲斐を感じる時間でした。

ご両親にもお伝えしたいしっかりした
見学と学ぶ姿勢に思えて嬉しかったです。

しょうちゃんの命が残してくれた
ご縁に改めて感謝の1日でした。

医学生として、進路を考えはじめる時期だけど自分は
小児科医になってくれたら、新生児科医になってくれたら、
こども医療センターにきてくれたら親御さんや自分は嬉しい
だろうね。周産期医療の当事者だった親御さんに育てられ、
お兄ちゃんと共に生きて来た経験や思いはきっと
未来の周産期医療にくるご家族の支えによりなれる
と思うよ。

でも、
人生は誰のもでもないし、自分のもの。

お兄ちゃんのことがあったからといって
それはきっかけであったとしても縛られる必要もない。

医学生になって辞めてしまう人もいるし、
親元離れて地方大学
にいることで孤独を感じてしまう医学生もいるのを知る
自分には、
親元離れても知らない街でも
医学生を続けていることもよかったと思うし、
誰かのために生きようと医師になることだけでも
お兄ちゃんも喜んでくれるだろうし、
どこで医師をしても、何を選考しようともいいんだよ。
とも伝えたこの日でした。

こども医療センターの案内をしてくれた
新生児科の若手やジュニアレジデントの面々にも
感謝でした。

ご本人からの感謝のメールの抜粋です。
すごくしっかりしていて、患者家族だったからこその
志にも思えて心強く感じました。
案内してくれた面々とシェアできたらと思いました。

「今回初めて医学生として神奈川こども医療センターを訪問し、
以前とは違った視点で見て、
数えきれないほどたくさんの気づきと学びを得ることができました。

また、難病の子供たちもたくさんいる場所なのに、
なぜこの病院はこんなにも活気にあふれていているのだろう、と。
久しぶりに神奈川こどもを訪問し、
高校生の頃進路に迷っていた時にこの場所で先生方やスタッフの
みなさんが生き生きと楽しそうにお仕事をされている様子を見て、
医師の道を進むことを決心できたときのことを思い出しました。
先生方とお話し、特に進路についてたくさんご相談に乗って頂いて、
自分の将来へのイメージが広がりました。
ジュニアレジデントの先生方からも貴重なお話をたくさん聞けて、
今までこのような機会がなかなかなかったので本当にありがたかったです。
現場を見ることは何よりもの勉強になり、
今回訪問できて心からよかったと思いました。」

しっかりした医学生に成長している
と思える感想を嬉しく感じました。


本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張って
生きていきましょう。

NICUへの
ご寄付は下記のクレジットカード寄附フォームから,
1000円以上でどなたでもできます
引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。


追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 1

There are no comments yet.
しょうたろうの父  
No title

しょうたろうの父と母です。ご無沙汰しています。しょうたろうの時には本当に多くの先生や看護婦さんにお世話になりました。星野先生、川滝先生、大山先生、多くの先生方、相談員の先生、多くの看護婦さんの皆さん。本当によくして頂きました。もちろん白衣をまとった豊島先生にもたくさんの思いのこもった治療をして頂きました。しょうたろうのことを覚えていてくださる方々たくさんのいることに驚いていますが、親である私たち夫婦もきっと皆さんを困らせてたんだろうなと思っています。しょうたろうとの家族三人を支え続けて下さったこと、今でも本当に感謝しています。そして今、娘がこうしてお世話になっていることもとても不思議な気持ちです。将来、どのような方向に進むかわかりませんが、自由に自分の道を選んでいってほしいと願っています。NICUが小さな命とそのご家族のために益々用いられるようにと願っています。