同じ想いや願いを感じて。。。 :韓日NICUケアフォーラム2019参加報告(その1)


北海道で講演していた翌朝、再度の羽田空港から

NICU看護師さんたちとともに

ソウルに向かいました。


海外にいくときは飛行機の中で必ず読んでいる

をまた読みながら、続編が出ていたのを知り

を読み続けていました。これも大変いい本ですね。

飛行機で1時間40分、韓国に到着でした。
韓国に来た理由は

にご招待されたためです。



このセミナーの主催は恩師の一人に思える孫教授です。
日本人の誰よりも日本の様々な新生児医療の研究会に毎年参加している
孫先生、そして、日本全国のNICUを訪問している孫先生が韓国に
人たちに伝えたいと思えた講義で構成されるレクチャーです。
1年目は呼吸、2年目は循環、3年目の今年は内分泌・栄養
というテーマでのシンポジウムでした。

今年のセミナーのトップバッターは
京都大学に戻られた友滝先生でした。人生初の海外招待講演
ということでその晴れ姿の写真を撮りたくて朝一番の飛行機で
韓国に向かいました。



友滝先生は神奈川こどもで取り組んでくれた
「新生児の糖代謝と持続血糖モニタリング」についての講演を
少し緊張しながらもしっかりと講演していました。

きっと未来に世界的に活躍するであろう友滝先生の
初舞台に立ち会えたことを感動しました。

この研究会はお互いに母国語で講演しますが、日本語の講演は
ハングル語に、ハングルの講演は日本語に翻訳されたスライドや
テキストがあります。

当院に短期留学してくださった


日本育ちの韓国新生児科医の
ヨム先生が通訳してくれます。


時折、お互いに英語を使いますが
なるべく母国語のニュアンスを損なわずに伝えあおうとする
シンポジウムです。


韓国のNICUで働くスタッフの皆様に向けての
アジアデビューの友滝先生でした。


韓国で持続血糖モニタリングに取り組んでいる新生児科医の先生と
意見交換しながら会場の質疑応答もしっかり答えていて
その晴れ姿に感動していました。


初日は東海大学に赴任された内山教授が
甲状腺機能に関する講演


京都大学の河井教授が未熟児くる病と呼ばれる
骨代謝のレクチャー


川口市立病院から倉敷中央病院に異動された原先生
が内分泌臓器の画像診断と
新生児内分泌研究会 in 韓国
という感じの豪華でわかりやすい講義が続きました。


韓国の先生と交互に講演して質疑応答することで
同じところ、違うところなどを知り、診療のポイントや課題を
両国の違いの中から気づかせてもらっている気がしました。
日本の若手医師にはきっと気づきがあるセミナーにも
思えました。


自分が大変勉強になりました。


韓国のマススクリーニング検査の歴史や現状を知り、
大変興味ふかい講義が続きました。





のときにお会いしてNICUを案内してくださり
韓国NICU医療を実感させていただいたKim教授も

仁川まできてくださり、再会を嬉しく思えました。
フロアでNICU卒業生のフォローアップ体制についてのお話を
できて心通う時間でした。


NICU看護師さんたちもレクチャーを学びつつ
韓国のNICU医療機器の展示などを楽しんでいましたね。


夜は懇親会。


韓国の豚肉焼肉料理でした。


韓国・日本のNICU医療に関わる多くの人たちで
交流会でした。小鉢に小分けの日本料理と異なる
大皿をみんなでシェアする感じ、

大変明るく労い合う時間でした。




韓国も日本も大変な部類に入る過重労働気味の
NICU医療ですが、それでも赤ちゃんやご家族のために
なりたいという想いがあるからこそ働き続けているわけで
その想いは日本の他のNICUでも、韓国でも
皆、同じなんだ、大変でも頑張っていこうという
想いを確認し合うような時間に思えました。



大阪母子や東京女子医大東医療センターの看護師さんたちと
交流していたこども医療センターの看護師さんたちですね。
他の施設の看護師さんたちとの交流の大切さをその様子で感じていて
来年も是非、みんなで来たいなと思えていました。


お土産をたくさん配る必要があるのがNICU、韓国のスーパーに行って
みんなで選んでいましたね、大量の韓国海苔を購入していましたね。

自分は翌日、講演があるのですがその準備、どうやったら
韓国で伝えられるかを悩みながら準備した夜でした。

2日目の報告はまた改めて書かせていただきます。

本日も皆様、それぞれにお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張って
生きていけるといいですね。





引き続き、ご寄附のご支援なども大歓迎です。
これまでご寄付くださったみなさまも含めて、是非、新しい
NICUの完成を共に8月に喜んでいただけたらと願っています。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 






関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.