10年前の想い。。。

10年前のNICU不足が社会問題化した頃の
記事が以下に残っています。多くの方に当時を
追体験する意味でお読み頂ければ心強く感じる
以下の記事です。




当時2年5ヶ月入院してかいちゃん。
NICU患者家族として取材を受けて患者家族としての
想いや願いを伝えてくれました。


後2ヶ月で完成の新しいNICUの玄関付近にご寄附などのご好意で
設置できたプロジェクションマッピングを見にかいちゃんや
ママさん、祖母様がきてくれていましたね。

このブログに心寄せてくれているのがわかるかいちゃんご家族、
NICU卒業後もNICUを心配してくれているのを心温かく感じました。


プロジェクションマッピングを目で興味深く追って楽しんでくれている
気がしたかいちゃん。NICUで共に過ごした2年半を思い出しつつ、
その10年先の未来の時間を共に過ごした気がします。

かいちゃんとママさんと祖母様に、体調を気遣ってもらえて
励まされた気持ちでした。




に登場してくれた神奈川県NICU短期研修医を活用してくれた
千葉からきてくれた川戸先生。10年間で35名の短期研修医の
はじまりでした。上記の記事なども読んでいただければ
今と違う何かが感じていただけると思えます。



10年経って1周回ったように川戸先生が当時在籍していた
千葉の旭中央病院から1週間研修に来てくれました。
この10年間で千葉から研修にきてくださった川戸先生、西先生、
遠藤先生、山浦先生、富田先生、近藤先生
などとのご縁が飯島先生につながっている気がして
嬉しい1週間の交流でした。


1週間、研修に送り出してくれた松本先生や旭中央病院の
スタッフにすごく感謝しながら、1日1日を大切に1週間、
NICUにずっといた感じでしたね。


その吸収力・向上心・姿勢に感動しました。


ちょうど、昨年、亀田総合病院から短期研修にきてくれていた、
研修終了後も、研究を手伝いによく顔をだしてくれる富田先生が
里帰りしている時に

飯島先生と遭遇、千葉から育ちつつある若手の先生方の
前向きさに短期研修制度などを提案して続けてきたことの
意義を気づかせてもらった気がします。

飯島先生の研修終了日、新しいNICUの工事現場をみたいと
いってくれて

共に見学してきました。川戸・遠藤・山浦・富田先生が研修してくれた
跡地が生まれ変わりつつあります。


構想を伝えると驚いてくれていた
飯島先生。

出来上がったら是非、また、見にきたいと
伝えてくれた飯島先生でした。

自分は1週間、新生児医療のことを語り合えて
すごく楽しかった飯島先生、また、いつでも1週間研修にきてくれていいし、
千葉でできる研修を終えたら是非、今度はもっと長く研修にきてくれたら
東京の周囲で似た状況を感じる千葉と神奈川で連携しながら
新生児医療をお互いによくできたらという想いを
伝えて1週間の研修の終了をねぎらいました。

かいちゃんや10年ぶりの旭中央病院からの研修医の飯島先生
との語らいはあっという間に過ぎた気がする10年だけど、
10年前とは時は流れていて、未来に向かってだんだんよくなっている
と思える時間でした。

ありがとうございます。
本日も皆様、それぞれにお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張って
生きていけるといいですね。





引き続き、ご寄附のご支援なども大歓迎です。
これまでご寄付くださったみなさまも含めて、是非、新しい
NICUの完成を共に8月に喜んでいただけたらと願っています。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 





関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.