いつかはよくなると信じて:(「コウノドリ」に出演した保育器の中の赤ちゃんの今)

切迫早産で母体搬送になった日に出会ったみらいくん
ご家族。

在胎23週で生まれた当日がファミリーフォトの日でしたね。

みらいくんご家族のNICU卒業までの軌跡を

以下に再掲させてもらいました。



ファミリーフォトの意義を伝えてくれた気がする
みらいくんご家族でした。



の頃にNICUにいたご家族です。


NICU卒業から3ヶ月。


小児科に再入院などありましたが
NICU卒業生のフォローアップ外来についにきてくださいました。
NICU卒業してからの様々なことをお聞きして、大変だったことも
シェアしながら外来での再会を喜んだNICU卒業生のフォローアップ外来
でした。林先生も外来に顔を出してくれて嬉しそうでしたね。



みらいくん、たくましくなった気がしてNICUで見守ったスタッフにも
伝えたい成長ぶりでした。

新生児慢性肺疾患のお子さんは2,3歳までは小児科に入院することも
あるけどずっとは入院は繰り返させない。いつかはよくなるから
その日を信じて、頑張っていきましょうと伝えたこの日でした。


やはり在宅酸素療法で退院したくるみちゃん


<オランダへようこそ>の朗読シーンで
登場していたこども医療センターNICUです。
この時、一番生まれたばかりだったくるみちゃんが
いた保育器も写っていました。上記のシーンの右側、
手前から2番目の保育器でした。


ちょうど1年前にNICU卒業。1年間、在宅酸素療法や小児科入院なども
ありましたが、


ゼーゼーすることもあるけど、ママさんとパパさん、
酸素も内服薬も一旦中止でいいかなという笑顔が優しくて力強く
感じました。


酸素なく身軽に外来で会計を待つくるみちゃんによかったねと
も思えていました。NICUで担当してくれたスタッフと共に
喜びたい酸素中止の日でした。


NICUの中で少しでもより後遺症少なく命を救いつつ、
NICU卒業生のフォローアップ外来で慢性疾患があっても
お子さんとご家族が笑顔で過ごせるように応援できる新生児科チームを
みんなで目指していけたらと願っています。

本日も皆様、それぞれにお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張って
生きていけるといいですね。

下下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 





関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.