「オランダへようこそ」を下関で。。。:下関旅日記(その1)


週末は本州の最西端、関門海峡にいました。
日本海を身近に感じて過ごしました。


山口県の下関市で

の講演をさせていただきました。

昨年、新潟で講演させていただいた

https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">
NICUで命が助かるその先へ。。。
市民公開講座に参加してくださった下関の金原先生をはじめとした
保育に関わる皆様が下関で同じ内容を是非と誘ってくださり
実現した市民公開講座でした。


200人の参加者があり、日曜日に関わらず
お集まりくださった皆様に大変有り難く感じました。


多職種だけでなく、多世代、多状況の多様性のある
皆様のご参加があったのを感じますし、
うなづいてくださる方々、涙してくださる方々、
心寄せて聞いてくださる方々が多い会場に、
山口県の心温かさを実感した講演会でした。


驚いたのは手話通訳のかたがついてくださり、初体験の手話通訳
していだきながらの講演となりました。

<共生>の街なんだと思える山口での市民公開講座でした。



チャルドライン受けて養成の研修会のキックオフ講演会
ということでした。

自分は

山口県とのご縁をお伝えしながら、

「コウノドリ」や当院の取材報道の動画などを交えながら
新生児医療やフォローアップ外来で感じていることや取り組んで
きたことをお話しさせていただきました。


星野先生に借りたスライドや

NICU卒業生のフォローアップ外来で子供達やご家族と交わした
言葉などを中心にお話しさせていただきました。

「コウノドリ」の監修に込めた想いを伝えたり、


<オランダへようこそ>の動画に涙する方々が多く、
山口こそオランダのような素敵な人たちが多い、子供達に優しい場所なんじゃないかと
も思えていました。



コウノドリを現実にしたいし、その先を目指していけたらという
気持ちをお話しさせていただきました。


チャルドラインの皆様、多職種でかつ、街の中で子供達を
応援しようとする皆様の心温かさ。


山口県で生まれる赤ちゃんたちに向きあっている
NICU看護師さんたち
 

明日から神奈川こどもNICUで研修してくれる藤本先生を送り出して
くださった木村先生、松隈先生、兼安先生の山口大学新生児科グループの
皆様と時間を共にできて心地よい時間でした。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
ご意見ご感想などお寄せくだされば嬉しく感じます。

山口旅日記、明日、改めて書かせていただきます。


下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">




https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">



https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
ピカチュウ  
No title

今日は下関での公演に参加させていただきました。
NIUC の抱える諸問題、小さないのちとの闘いを考えさせられました。
助かるいのち、助けられないいのち、どちらも重いものだと
以前、産科勤務をしている時に出産直前に水無脳症の診断でお産された方の事を
もう30年も昔のことでなにも添えられなかった事を思い出していました。
今は、緩和に携わっています、少しでも寄り添えればと考えて帰って来ました。
貴重な公演を本当にありがとうございました。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> ピカチュウさん、感想をいただけることは何よりの講演の甲斐です。少しでもこれからの支えになれたのなら本望です。ありがとうございました。