NICUにも夏はくる。。。

本日から6月ですね。



土曜日の朝、病院の外来フロアは神奈川県立こども医療センター病院ボランティアのオレンジクラブの皆様が鯉のぼりなどの4-5月の装いから模様替えをしてくれていました。

七夕にむけての院内の飾り付けですね。



今年も七夕の願いがたくさんになるこども医療センター
の夏が近づいてきています。


NICUの新しい入り口付近にご寄附を活用して設置した
プロジェクションマッピングを一緒に喜んでくださって
この場所に設置したかった自分の気持ちに共感してくださる
オレンジクラブの皆様でした。



NICUの入院入り口になる場所は長期入院のお子さんの
外気浴をする場所であり、この場所をご寄付いただいたお金を
使ってリニューアルしたいという気持ちを伝えたら一緒に考えて
くださるといってくださいました。

こども医療センターで過ごす子供達やご家族にさりげなく
よりそってくれているオレンジクラブの皆様の素敵さを
改めて感じました。


NICUに立てこもるように働いていた頃は1年中、
同じ質問、景色のNICU
昼夜もよくわからなくなるような日々が
辛く感じることがありました。

NICUを出た時の

こども医療センターの季節の飾り付けで季節を
感じさせてもらえていたと心支えてもらっていたと
感謝しています。

 
 91日をリニューアルオープンの日にすることを
予定して工事の最終局面に入っています。
土日も工事関係者の皆様は多数です。工事の音の中で勤務するのも
2ヶ月ちょっとなんだと思います。終わりが見えてきている気がします。


そんな中でも土曜日ですが、
新生児科も小児外科も小児循環器科も交代で休みながらも
顔を出してくれているメンバーがいるNICUです。


 


 3月一足先にオープンしたGCUを仮設NICUにしての診療中ですが、
世界で初めてハイレゾ音響空間の集中治療室としました。


静けさの中でモニターアラームなどが鳴り響くこと
がトラウマになりがちなNICUです。


ノイズキャンセラー効果と静けさのストレスを緩和することと
ハイレゾ音響空間で日内変動や季節の移り変わりを体感することを目指しています。

ご寄付のお金で検証研究研究をして全国のNICUに広がるような
効果を証明できればと思えています。



自然界の音でハイレゾ音響空間を作っているのですが、
夜勤の看護師さんや当直だった高梨先生に聞くと
確かに0時から今までと違う音になっていると教えてくれました。

 鳥のさえずり、川の音などNICUの意識すると聞こえる音(意識しないと聞こえない程度の音)が夏の到来になっています。ハイレゾ音響空間のNICUの今日までの違いを入院ご家族にも、NICUスタッフ、一緒に診療してくださっているたくさんの部署の皆様にも感じてもらえたら、一緒に夏を乗り越えていけたらと思います。
 
 
閉塞感を感じて、窓を開けたい、
季節を感じられるNICUにしたいという願いを
具現化してくださったJVCケンウッドやセントラウユニ、
ビクターの企業の皆様に感謝の61日です。
 
 午後から山口に出張です。


山口の皆様と再会できるのを楽しみに、
横浜は留守を守ってくださるメンバーに託していきます。24時間、


山口県の子供達やご家族のためにできることを尽くしてこようと思います。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。



下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.