小さく生まれたからこそ、命の重さを大切に。。。

2014年、5年前の

でパパさんに命を重さを感じるとカンガルーケアしてもらっていた
400gで生まれたたくみくん

お名前とかを書いたノートを笑顔でみせてくれました。
挨拶など笑顔でしっかりしてくれる姿に感動の
NICU卒業生のフォローアップ外来でした。いよいよ、来年、小学生、
就学相談に向けての相談をパパさんとママさんとした外来でした。
どこにいくというより、どう教育の環境を調整してあげることが
大切、学校の先生への伝え方などを一緒に考えさせていただきました。


たくみくんのことかを一緒に考えさせていただきましたが
パパさんとママさんの言葉に5年間、できることをし続けてきた
からこその素敵な言霊がたくさんあって感動していました。
ママさんの背中には3歳年下で400g台で生まれたまおちゃんが
この日はたくみくんの付き添いできていましたね。


二人で働きながら、3歳違いの発達段階の違う二人の400g台の
お子さん達の通院や療育、保育園などを通うことを協力して行う
ママさんとパパさん、そのことをいつも尊敬で讃えたい気持ちでした。

たくみくんやまおちゃんのNICU時代を思い出す気がする

400g台だったけんちゃん。

開放型保育器からコットにお引越し
していましたね。身軽な感じでよかったねと思えていました。
担当医の稲垣先生も日々できることをしっかりしてくれているのを
心強く感じます。

稲垣先生と谷山先生にフォローアップ
外来の様子を伝えてくれている斎藤先生


で退院しためいちゃんの

外来の様子を3人でシェアしていましたね。
自分も嬉しく感じていました。

本日、経営企画課に立ち寄ったら、寄附担当の職員の方から
患者さんご家族からご寄附と写真と手紙を預かったと伝えてもらいました。
どなただろうかと思っていたら

めいちゃんの写真と気づきました。


ファミリーフォトで家族写真を撮ってくれた
Photo letter itsumoの諏訪さんに退院して
改めてお写真撮ってもらったとのこと、
その写真を見せていただき嬉しく感じました。

写真の裏に

めいちゃんのパパさんとママさんからのメッセージ、
大変心温かくありがたく感じました。


昨年もご寄付とメッセージを上記のようにいただきましたが
再び、ご寄付とメッセージに感謝で大切に使い道を
考えていきますと思えました。めいちゃんのママさん、
パパさんありがとうございます。また、お会いする日を
たのしみにしています。


400g台であっても9割以上は救命できるようになった
こども医療センターのNICU。発達のマイナスになるような合併症は
NICUスタッフで頑張って防ぐから、発達のプラスを積み重ねられるのは
NICU入院中・退院後のご家族の力が一番と伝えている自分たちです。

小さく生まれたからこそ、命の重みを大切に、
日々をNICUで過ごしていたご家族、そしてその想いが
外来でも続いているご家族がたくさんいるこども医療センター
です。

場所は変わって集中治療の能力もさらに向上を目指しつつ、
集中治療と発達支援、ご家族の居心地のいいNICUを目指して
ご寄附を使わせていただけたらと思います。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張りましょう。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。





下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.