2018年の振り返り、心寄せて。。。


斎藤朋子先生のフォローアップ外来のお写真です。
めいちゃん、

たくまくん、昨年生まれた超低出生体重児のお子さんたちの成長と
ご家族の笑顔を素敵に思えました。

斎藤先生の外来の明るさやまろやかさが
でているお写真に思えていました。

4月のはじめ、

斎藤先生、岸上先生が残してくれたシステムを活用して
自発的に2018年のNICU入院の振り返りの会を開催してくれました。


こういう会を準備してくれる斎藤先生と岸上先生に
感謝でした。

改築工事しながらの診療でしたが入院数は340名を超えている
ことを考えると予想よりもたくさんの診療をしていた昨年度だと
思えます。


どんな患者さんが入院していたかをみんなで振り返りました。


4月にしたのは4月に新たに加入してくれた江原先生と西條先生
に昨年度をシェアしてもらうためなんだと思えました。


3人マイナスの人員かつ若手も多かった1年で
春先は不安もあった2018年でしたが

超低出生体重児の診療成績は初学者も多かった1年でしたが
初学者や人員不足の影響は感じられない治療成績に思え、安堵しつつ、
昨年度のメンバーそれぞれを讃えたい気持ちでした。

その上で、今年のチームの診療や研究などの
目標設定を提案した自分でした。

斎藤先生、死亡退院となった25名の
様々なご疾患のお子さん達の振り返りもしてくれました。

担当医が一人一人、赤ちゃんとご家族への
感じていたことを伝え合う会となりました。


涙ぐみながら当時の診療を振り返る後輩世代のメンバーの言葉に
それぞれが死を見届けたお子さんとご家族の時間に心寄せ、胸に刻み
たくさんのことを学ぼうとしてくれていることを感じました。

それぞれに心優しさを感じ、いいメンバーが集ってくれている
ことを感じ、一緒に働けていることにそれぞれに感謝でした。


それぞれの亡くなった患者さんの担当医だったメンバーに
振り返る時間を持ってもらってそれをチームでシェアすることの
大切さを知る斎藤先生に思えて準備・会の開催に感謝でした。


昨年は

https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;">


という本で<赤ちゃんの死>に向き合う
こども医療センターの母性病棟やNICUスタッフの
ことが本で伝えてもらいましたし、



ではないという記事でも取材報道がありました。




救命とともに有終も、生と死に向き合いながら

頑張ってくれた、こども医療センターNICUの文化を

受け継いでくれようとしている気がする

今の新生児科メンバーの存在を改めて

心強く思えた振り返りの会でした。




本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
ありがとうございました。


下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 








関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 4

There are no comments yet.
匿名希望  
No title

コウノドリをきっかけに読ませて頂いています。
失礼かとは思いますが、書かせていただきたいと思います。
書かれている文章に時々誤字があります。
こちらでいえば、「超低出生体重児」が「町低出生体重児」となっています。
お忙しい中書かれていると思いますが、ご確認の上で載せてくださると有難いです。
宜しくお願い致します。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> 匿名希望さん、読んでくださり、ご指摘ありがとうございました。修正させていただきました。

k_h**_1_2_*  
No title

海聖の母です。
日々目の前のことだけでもお忙しいにも関わらず、過去のことや海聖のように天使になってしまった子達のことに心寄せてくださること有り難いと思っています。
月日が経ち、周りで身内以外では海聖のことを知って思い出しながら話してくれる人が少なくなってきているなと感じるこの頃ですが、こども医療センターのnicuに行くと皆さん変わらず笑顔で海ちゃんのパパママ!と声をかけて海聖のことを思い出しながらお話してくださること嬉しく感じながら、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

NICUサポートプロジェクト  
No title

> 海聖の母さん、メッセージ心温かく感じました。ありがとうございます。かいせいくんをはじめ、NICUでご家族と大切な時間を過ごして天に先に還ったお子さん達は関わったスタッフの中でその後も共に生き続けている、その時間を胸に後輩のお子さんやご家族に向き合っていると思えます。からっぽの会きてくださりありがとうございます。また、NICU完成したら、是非、おこしくださればと思えます。メッセージに心励まされました。ありがとうございます。