ICTの有効活用と手作りの温かさを兼ね備えるNICUへ。。。


連休のこども医療センター、つるし雛続いて、この季節は
つるし鯉のぼりがありますね。

外来診療はお休みなのですが

たくさんの人達がいる外来フロアです。
この連休中を使って

電子カルテの入れ替え、リニューアル作業が続いています。
病院関係者、様々な企業の皆様、
皆、休日返上で連休中に作業を終えようとたくさんの人達が
いるこども医療センターの外来フロアです。


NICUは休日でも関係なく、診療中ですが
この診療の中で電子カルテが3日間使用できない。手書きのカルテや様々な
指示出しになっています。


電子カルテがなかった頃の紙カルテの用紙や赤指示・緑指示など
指示書を復活させて診療している3日間です。電子カルテが導入
された2012年より前に働いていたメンバーには懐かしい紙カルテ。

下記の動画は
紙カルテの最後の頃が残っています。

2012年以降には入職したメンバーにはとまどいの紙カルテの指示書です。
電子カルテの便利さを気づいたという稲垣先生達の言葉に
病院はだんだん進化していることを実感する機会になんだと思えました。

病院のICT活用は勤務者の負担軽減に大切なことなんだと
改めて感じる3日間です。企業の皆様の尽力に感謝です。


紙カルテだとやはり記録などの時間はかかったりします。
この手書き期間に勤務のメンバーに感謝でした。

自分は、災害などで電子カルテが使えなくなった時の
対応練習と思って、3日間耐えてねと伝えていたこの数日でした。


病棟保育士さんが作ってくれたというカードに
笑顔でもりあがるのはけんちゃんの保育器です。

産休・育休から復帰してくれた看護師さんが多いNICU。
昔は産休・育休後に退職する看護師さんが多かったのですが
この数年は多くのメンバーが復職してくれて心強い限りです。


手書き・手作りだからこその温かさもあって
いいのがNICUかなと思えていました。


自分はこの連休中なにをしているかというと


という取材記事の中で、NICUの改築とともに、
NICUエコーラボを拡大する予定です。


電子カルテの更新とあわせて心エコーのデータが
エコーの機器から直接電子カルテに飛ぶようにするのを
企業の皆様と目指しています。システム移行にむけて
これまでのエコーデータの整理を続けています。
その中でエコー環境の進化を改めて感じています。

電子カルテ入る前はエコーとったらその写真をプリンターで
出して、ハサミできりとりながらカルテに糊で貼る、エコーの
データを手書きでカルテで書くという時間に膨大な時間を
使っていました。エコーの機器から電子カルテに
画像・検査値が直接連携することは20年前を考えると
驚きの未来に思えます。

こんな風になったら
エコーの診療や教育や研究がよりよくなるはずという
自分たちの願いを一緒に開発・実現しようとしてくれている
皆様の存在に感謝しています。


3次元エコーの解析装置のアップグレードも合わせてする予定で
エコーやモニタリング、電子カルテの企業の皆様の力を借りつつ、
診療・教育・研究のためのNICUエコーラボを整備するつもりで
これまでのデータ分析などをし続けています。

自分にとっては3月の新GCUリニューアル、
8月の新NICUリニューアルの間で
この5月のNICUエコーラボのリニューアルオープンを
目指して準備中です。

本日も皆様、それぞれにお疲れさまでした。
ありがとうございました。


下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 









https://s.yimg.jp/images/blog/rte/loupe16x16.png);visibility:hidden;background-position:8px 8px;background-repeat:no-repeat no-repeat;" target="_blank">



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.