「理想に向かって続ける意思がある限り、できないことはない」

小児科学会出発を1日遅らせたので横浜にいる時間を
有効に使えたらと思いました。

を開設してくれたのは野口先生と作地さんでした。
野口先生、産休・育休を経てこの日から週1回で復帰。
心強く感じました。

野口先生には
NICU卒業生の小学校入学後の悩み事や支援についての研究
を引き続き担当してもらう予定です。


周産期センターとしてNICU卒業後の成育科:育児や発達を応援する
部門を充実していきたいと思います。野口先生の復帰は心強い限りです。

スマートフォンを使った未熟児電子退院手帳のことを報告しました。

このプロジェクトに研究協力をしてくださったご家族には
スマートフォンにお子さんの入院データを移行するお約束だったの
ですが、自分たちのデータ移行の仕方に誤りがあったのことに
昨晩気づきました。システムの不具合というよりは
転送方法に誤解がありました。
何家族かのデータ移行を
昨日改めてやりなおしましたがまだうまくいっていない
ご家族いると思います。申しわけありません。
連休明けに対応しますのでお時間いただければ幸いです。

作地さんは新生児科のICT活用係になってくれています。
自分が「インターネットでこういうことできますか?」
と質問すると
「インターネットにできないことなんてないのです。
なんでもできるんです。

ただ、それができるまでに時間がかかることがある。
時間さえかけていけば、いつかはなんでもできます、、、」
と答えてくれることに感動しました。

柴崎先生と二人で感動したジョジョの奇妙な冒険~黄金の風 ~のアバッキオの最後の言葉。

「成果を求めると近道したくなる。近道すると理想ややる気を見失う。遠回りでも理想に向かい続ける意思を持ち続ける限り、理想に近づいていける。自分が途中で消えても、後に残る人達が<理想に向かう意思>を感じてくれたらいつかは実現される」という
言葉に通じる作地さん達の言葉。

<ビジョンをみなで共有して、地道に続けていけば必ず、ICT活用を含めNICU卒業生の応援体制はよりよくできる>と思えてきました。

ICT企業に依頼すると納期とお金の問題が絡んで実現できない
こともあるけど、作地さんや盛一先生、そして収益を超えて
協力してくださっているICTエンジニアの皆様に感謝です。


7月19日の金曜日、金沢行けずに横浜にいましたが
本当はNICUにいるほうが落ち着く気持ちがあります。


さくらちゃんのNICUベッド。


表情がすごく可愛らしかったですね。


小児科学会で金沢出張メンバーがいるので留守を守ってくれる
メンバーを応援しつつ、夕方、横浜を出ました、


2日目の土曜日に予定が多かったので初日の夜に
つき、遅すぎてセブン弁当になったのですが会期中に
1度はお寿司を食べたいと思いつつ入眠。


土曜日・日曜日は金沢駅周辺で

日本小児科学会に参加してきました。
留守を守ってくれたメンバーに感謝をこめて
小児科学会の報告記を後ほど書かせていただきます。


ご意見ご感想などお寄せくださればと
本望です。


下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  
 






関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.